超久しぶりに訪れたトマムリゾート 3

この3日間は晴天で、スキーを滑るには最高のコンディションでした。(私はやりませんが)
ザ・タワーの35階から右側にリゾナーレが見えます。少し遠いですが、ホテル内の通路を使ってリゾナーレまで約15分ウォーキングして「SORA-天空-」で朝食です。

絶景朝食を楽しむ

トマム最終日。友人は13時半に札幌で検査を受けるとのことで、レストランの予約を8時半にしました。

昨日の肉ブッフェの会場を通ってリゾナーレへ行きました。行きは緩い坂が続き、その後の階段がハードですが、雪の上を歩くわけではないので、いつもより速く歩く私にはじめさんが驚いていました。

全てスイートルームのリゾナーレ

1フロアにわずか4部屋という贅沢なレイアウト。広さ100㎡以上と大変ゆとりのある空間だそうです。しかも、ジェットバスとプライベートサウナ完備だというので、一回泊ってみたい。

全体にゆったりとした造りで高級感がありました。はじめさんは「家にもこんな暖炉が欲しい」といっていました。

8時過ぎに到着しましたが、前のお客さんが食べ終えて席が空いているとこと。31階にある「SORA-天空-」はチェックインした日の午後5時以降でないと予約できないといわれました。

個室なので、ゆったりとした席で良かったです。窓側ではないので絶景は見れませんでしたが、ザ・タワーのお部屋は35階なので絶景でした。

まずメイン料理を「お刺身の盛り合わせ」「サーモンいくら丼」「蟹玉丼」「十勝豚丼」の4種類から選ばなければなりません。はじめさんは私が「サーモンいくら丼」にするだろうから「蟹玉丼」と決めていたいうです。友人も「蟹玉丼」を選んだのは意外でした。

個性が出るものです。上は友人。はじめさんは左側で少な目ですが、しっかりとお替りしていました。

「いくら」が大好きです。小さめに見えても、けっこうな量だったのでご飯は半分にしました。毎日、ゆで卵を2個食べますが、こちらは「温泉たまご」で、サラダに乗っけて食べました。サラダがたっぷり食べられるのが嬉しいです。どのお料理も美味しかった。

面白かったのは「タピオカは炊飯器の中にあります」と説明を受けたこと。開けてみましたが、真っ黒でびっくり。でも、2粒食べてみましたが、コシが強く大きくて美味しかった。吸い込むときに咽喉を詰まらせないように注意が必要です。

食前・食後に15分のウォーキング

バスで移動することもできますが、私たちが気に入ったのは、この通路を使って歩いて移動できることでした。通路は肌寒いですが、早歩きすると身体が温かくなります。

友人が早めにチェックアウトをしてくれたので、私たちは11時までホテルを楽しむことにしました。でも、早めにチェックアウトしないと、エレベーターが激混みで焦っていた人が大勢だったと、はじめさん。キャパに対して、遅いエレベータが3基しかないのが、「ザ・タワー」の問題だと思いました。

最後にラウンジで読書

11時のチェックアウトだと、ゆったり出来るなぁと思いました。荷物をまとめておいてラウンジに来ました。チェックアウトは友人が済ませてくれたので、ルームキーを返すだけです。

窓側の席に座って、ゆったり読書をしました。窓が大きくて明るく、スイスイ読めました。クラシック・ピアノが静かに流れているのも素敵です。

天気に恵まれた旅行が多い

天気予報を調べて予約しているわけではありませんが、わりと天気に恵まれることが多いです。しかし、家のボイラーが停まっているのには驚きました。帰宅して故障でないことがわかってホッとしましたが、仏間の花が綺麗なままだったので、母がボイラーを停めたのではないかと、はじめさん。

・・・・えっ!?

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 旅行 travel, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

超久しぶりに訪れたトマムリゾート 2

東京で暮らしていたときは、車で何時間もかけてスキーに出掛けていた はじめさんですが、せっかく北海道に来たのに、今迄に滑った回数はとても少ない。それは私がスキーをやらないからです。

30年以上ぶりに滑ったスキー

3月24日(日)
今回は友人に誘われてトマムに来ました。なんと、友人もはじめさんもスキーは30年以上びぶりというので不安もあったようです。昨日は友人が独りで滑りました。もう1本滑っただけでヘトヘトになったと連絡がありましたが、その後にランチを摂って全部で7本滑ったそうです。

スキーはレンタル。ウエアは自前の除雪用のですが、けっこう派手。友人の会社の福利厚生で35階スイートに連泊し、スキーも格安になってご機嫌。来年も絶対に来ると約束をしていました。

滑るまでは怪我しないか不安もあったようですが、やっぱりスキーは楽しいとのこと。朝から10本も滑ったようです。

トマムには10回以上も来ている友人。でも、スキーは30年以上ぶり。格安になる上に、なんと朝食券(2,600円)も付くのでお得感満載。しかし、今日は予約が取れず明日の月曜日にリゾナーレの31階にある「SORA天空」を予約しました。楽しみです。

ランチは竹蔵の「特製 徳川味噌」

ラーメンも血糖値が上がるので、私はなかなか食べる機会がありませんが、はじめさんはラーメン大好きな友人と思い切り食べられて良かったです。

はじめさんが昨日から食べると決めていた竹蔵の「特製 徳川味噌(1,500円)」。お買い得になるチケットが使えます。

ミナミナビーチに移動してサウナを満喫

昨日はフリードでミナミナビーチに来ましたが、今日はお部屋でblogを書いたり、本を読んでから11時半頃、35階からロビーに降りてバスに乗ろうと思ったら、すぐにバスがやって来ました。混んでいてミナミナビーチまで立って乗りました。

サウナはTVや音楽なしで、集中して入れるので気に入りました。6回入って空腹になったので、お部屋に戻ろうとしたら、すぐにバスがやって来ました。ラッキー。

お部屋に戻る前に咽喉が乾いたので、ラウンジでスパークリングワインを飲みたいと思いました。とても混んでいましたが、窓の席が1席空いていて、なんともラッキー続き。ヒエヒエのスパークリングワインはサウナの後に飲むと最高で2杯飲みました。

スカイウォークを利用してウォーキング

夕食は肉バイキングに決めていました。混むかもしれないので17時オープンの前に到着するようにスカイウィークを10分ほど歩きました。行きは坂で、けっこうなトレーニングになります。

目移りするほどのバイキングにお腹がいっぱい

施設内で一番広い会場。はじめさんが東京に暮らしていた頃、出来たばかりのトマムに来て、此処で食事したそうです。

肉バイキングのイメージが強かったですが、野菜が豊富でお肉に目が行かなかった。一旦、席にお料理を運んでからお肉の所へ行きました。それにしても、バイキングって、ちょっとずつ取ったつもりでも、お腹がいっぱいになってしまいますね。

吉田珈琲が美味しくてお替りしました。そして、はじめさんがソフトクリームを容器に入れすぎたのを少し食べてみたら、これがメチャクチャ美味しい。お腹がキツイのにアイスは別腹なんですね。帰りも歩くので、5口くらい食べてしまいました。

夜になるとライトアップされるので、幻想的な雰囲気に包まれて素敵です。昨日、行かなかった「水の教会」に今宵は絶対に行くので、私たちは食事にアルコールは付けませんでした。

帰りのスカイウォークが綺麗で、とても楽しいウォーキングになりました。トマムは1983年に出来たので、もうかれこれ40年も経っているのですね。2005年から「アルファ・リゾートトマム」から「星野リゾート トマム」の所有となったそうです。

私も若い頃に、はじめさんの会社の福利厚生で一度来たことがあります。それ以来で2回目。はじめさんは今回で3度目です。

今年の発表会から教室の写真を友人に担当して頂くことになりました。やはり、写真屋さんの血が騒ぐようで、写真撮りまくりのNさん。

一旦、お部屋に戻ってフィギュアスケート女子世界選手権を皆で観ていました。午後8時半から「水の教会」が観れるので、8時15分に出掛けようと予定しました。ショートプログラム4位の坂本選手が大逆転で優勝したとNさんから連絡がありました。こちらの通路は、かなり寒かったです。でも、思っていたよりも近かった。

ようやく「水の教会」に来ることができた

日本を代表する建築家「安藤忠雄」さんの作品。作品には水の教会をはじめ、教会三部作といわれている「光の教会(大阪)」・「風の教会(兵庫)」があります。そして、昨年は教会ではありませんが、真駒内霊園で「頭大仏」を観ることができました。

今日は「水の教会」というより「雪の教会」でした。また季節が変わったら景色も変わってくるのでしょうね。心が穏やかになる「聖なる空間」でした。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ウォーキング Walking, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

小林愛実ピアノ・リサイタル

昨年9月に予定されていた小林愛実さんのリサイタル。体調不良で延期になったのでチケットを大切に保管していました。

愛情に満ちた温かい音色に癒される

2024年3月22日(土)7:00pm開演
札幌コンサートホール kitara 大ホール
ピアノ:小林愛実

program

● F.シューベルト:即興曲集D935 op.142
第1曲:Allegro moderato
第2曲:Allgretto
第3曲:Andante
第4曲:Allegretto scherzando

intermission        

● W.A.モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397

● R.シューマン: 子供の情景 op.15
「見知らぬ国」
「不思議なお話」
「鬼ごっこ」
「ねだる子供」
「満足」
「重大な出来事」
「トロイメライ」
「炉端で」
「木馬の騎士」
「むきになって」
「こわがらせ」
「眠っている子供」
「詩人のお話」

● F.ショパン: アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22

encore

● F.ショパン: 24の前奏曲より第17番

● F.ショパン: 幻想即興曲

天使のようなドレスで登場

先日、母が亡くなったばかりで心にぽっかりと穴が開いたような寂しさを味わっています。まるで天使のような白いドレスで登場した小林愛実さん。シューベルトの即興曲の4曲は、どれも深い愛情に満ちていていました。

先日、聴いたアンヌ・ケフレックさんのリサイタルでもシューベルトを取り上げていましたが、31歳という若さで亡くなったシューベルト晩年の作品です。私はシューベルトが少し苦手で作品90の即興曲の方は4曲、勉強しましたが、142の方は少し譜読みする程度を繰り返しています。それにしても4曲、集まると、まるでピアノソナタを聴いているような聴き応えです。

モーツァルト&シューマン

後半の最初はモーツァルトの幻想曲ニ短調から。この作品を発表会で弾いたことを思い出したはじめさんは、聴くまで忘れていたようでした。ニッカウヰスキー余市蒸留所の特別見学会のときに、リタさんのピアノでこの作品の冒頭だけを弾いて参加者から「素敵!」といわれましたが、アカデミックで私も大好きな作品です。

シューマンというと、指を痛めてピアニストを断念したことで知られますが、女流ピアニストのクララとの結婚をクララの父親ヴィークから大反対されたことでも有名です。シューマンはヴィークに師事していました。シューマンとクララの間には8人の子供がいて、子煩悩だったようです。そんなシューマンがクララへの手紙に「きっと君も気に入る作品」と書いたので自信作だったのでしょう。どの曲も短いけれど、ファンタジーに富んだ素敵な作品です。

お母さんとなった小林愛実さんの優しく美しい音色に癒され、ずっと聴いていたい気分でした。

〆は、やはりショパン!

プログラムの最後を飾ったのは「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」でした。ピアノ独奏版での演奏でしたが、何度聴いても素晴らしい曲です。小柄な小林愛実さんですが、全身全霊での演奏はとても迫力があり凄まじさも感じました。だから最後の音がまだ鳴っているのに拍手が早かった。拍手はピアニストが立ち上がってからと何度も書いていますが、まぁ演奏が素晴らしかったということの表れなので、まぁいいか。

熱烈な拍手に応えて、ショパンコンクールのセミファイナルで圧巻の演奏をされた「24のプレリュード」からAs Duの第17番でした。以前、変イ長調のこの第17番が好きですと語られたことを思い出しました。鳴りやまない拍手に応えて2曲目は「幻想即興曲」。最後の一音まで丁寧で美しい演奏でした。来場したお客さんが「綺麗だった。来て良かった」といっていました。私も来ることができて本当に良かったです。ありがとうございました。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music | コメントする

超久しぶりに訪れたトマムリゾート

昨夜は小林愛実さんのコンサートが終わってから恵庭まで走りサウナに入りました。深夜12時まででしたが、けっこう利用している人が多くてびっくりでした。

タワー35階スイートに宿泊

友人にスキーに誘われた はじめさん。どちらも30年ぶりということで不安と興奮でいっぱい。11時過ぎに到着しましたが、けっこう塩対応の連続にアタフタしました。

チェックインしたものの、まずは15時にならないとお部屋に入れないので、友人はすぐにスキー開始、我々はサウナに入ってからプールという段取りでした。しかし、サウナから出たら14時を過ぎていて、お腹が空きました。それでも、はじめさんはサウナに長居して更にプールに行ったようで、私はさっさとフリードに戻り遅い昼食を摂って、結局プールは断念。

転んでいる人も見える

ものすごい荷物をバゲージカートに詰めて、私がエレベーターに乗りました。乗り合わせた人は数人。上手くバゲージカートを操縦できず苦労していると、車椅子と同じで持ち手を下げながらでないと動かないと、ちょっと呆れ気味に教えてくれました。そして、そのあとに何階?と聞かれたので35階と答えた途端に空気が一変しました。そう、35階はスイートで、36階はスーパースイートなのです。

スキーとは縁がないので、こんな高い場所からゲレンデを見たのは初めてです。友人からは、まず1本滑っただけで「しんどい」とメッセージが届きました。しかし、その後に昼食を摂ってから6本滑ったのだと聞いてスゴイと思いました。滑りながらの動画を観せてもらいましたが、かなり迫力があり、明日はじめさんは大丈夫だろうかと心配になりました。

人気の「水の教会」は20時半から1時間だけ

プールを諦めて「水の教会」を見学しようと思ったら、なんと20時半から1時間しか見学できないと分かりました。後で来ようと思いましたが、フリードリンクのスパークリングワインを18時から呑み始めたので今日は断念。明日は私だけでも絶対に行こうと思います。

明日を有意義に過ごすには

明日の朝食のレストランの予約は混んでいて出来ませんでした。月曜日は平日なので、なんとか取れました。さて、明日ですが、友人とはじめさんは朝から滑ると意気込んでいます。私は独りでサウナ&プールと読書かな。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

美しいピアノの音色に癒された日

今月はアンヌ・ケフレックさんと延期になった小林愛実さんのコンサートに出掛けた。そして、その間に母が亡くなったのだ。病院に入っていたら安心だと思っていたのだが、そうではなかったことにショックを受けた。

朝から、すこぶる晴天

3月22日(金)

今日は延期になった小林愛実さんのリサイタルに出掛けるのでレッスン休みにした。11時に特養でお世話になった方が母の参拝に来られた。

グループホームからお向いの特養に移って1年少しだったけれど、年金受給額の範囲で暮らせたので母の貯金を維持できた。母が気に入っていたグループホームで暮らしていたときは、貯金がどんどん減っていったのでギリギリの選択だった。

母は最強の晴女だった。昨日は凍っていたが、今日は一気に融けてシャリシャリのシャーベット状の雪だった。次に来るのは火曜日になると思うが、雪が残ってるか微妙なところだ。

春の日差しは力強い

この時期、レッスン室から入る日差しが力強くて、カーテンを閉めることが多くなります。毎日、楽しみに観ている朝ドラ「ブギウギ」も来週で終わりになるのですね。力強い、スズ子の歌に励まされました。

我が家の近くに出来た高速道路に乗ると、あっという間に札幌に到着します。

時間が無いのでサイン会を諦めた

最近のコンサートでは、記念にCD を購入することが多いですが、今日はこの後に更にイベントがあるので、長蛇になるであろうサイン会を断念しました。

お母さんになった小林愛実さんのピアノの音色は終始、優しくて美しかったです。昨年の9月から延期になったコンサートでしたが、たくさんの来場で「来て良かった」と多くのお客が思った素敵なコンサートでした。コンサートノートは後日。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, サウナ, ピアノ piano, 音楽 music, コンサート concert, ウォーキング Walking, 旅行 travel | コメントする

凍った雪の上をバリバリと歩く

午前と夕方からのレッスン。ランチの後、外へでると風がものすごく冷たい。運動公園に何故か自転車が放置されていて、自転車が寒さで凍っていた。

明日は久しぶりの夜のコンサート

明日はレッスン休みにした。昨日、特養の担当の方からお電話があり、明日、お参りをしたいとのことでした。仏間の前のマッサージチェアを少し前へ動かして、小さい椅子を置いて座れるようにしました。北欧風の線香立ても、なかなかスタイリッシュでステキです。

寒さで雪が凍って歩くとバリバリと音をたてる

強烈な寒さの中をバリバリと音を立てながらスノーシューしました。

明日の札幌はどうだろうか?夜のコンサートで駐車場が心配なので、やはり早めに到着するように出掛けようと思う。

リサラーソンのお皿がいっぱい!

お洒落なリサラーソンのお皿が届いた。先日の件で、はじめさんが注文したようだ。セルビアの先生に、これでコロサレナイですむねと、いわれたらしい。こちらは、ワンサイズ大き目で色々と活躍しそう。

忽然と姿を消した白いライオンのお皿も届いた。こちらはメルカリで500円で購入したとのこと。そういう手があったのか。しかし、あれはオマケで付いてきたお皿だった。

ショートボブにカットしてもらった

夕方のレッスンの前に髪を少しだけカットしてもらった。ほんの少しカットしただけでも整うのは気持ちが良い。くせっ毛なので、パーマをかけなくてもウェーブがかかっています。母は、もっと天然のカールがかかっていて、一度もパーマをかけたことがなかったのを想い出しました。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 旅行 travel, ウォーキング Walking | コメントする

祝日を感じない日 / 忙しいは楽しい

今週は金曜日に小林愛実さんの振替コンサートがあり、土曜日からトマムへ行くので、今日は祝日でしたが、はじめさんは仕事、私もレッスンをしました。

多忙を楽しむ

今月は母の急逝もあり多忙を極めています。しかし、それがかえって精神的に良いと思っています。やることが満載ですが、テキパキとこなすのは案外と楽しいものです。

あっという間に2週間が経ち、図書館に借りてい本の延長をお願いしました。読書は毎日30分。トレーニングも30分ですが、前後に時間がかかるので1時間はかかります。

ワンちゃんの肉球は雪は平気、夏は危険

運動公園に到着すると先客がいました。ワンちゃんとお散歩している女性。初めて会った方でした。

とてもおとなしいワンちゃんで、最初はリードを外していましたが、我々と遭遇するときに、サッとリードに繋がれていました。

ワンちゃんを連れている女性はニコニコと笑顔で挨拶してくれました。スノーシューに興味があるのか、我々がグランドを歩いているのをワンちゃんと暫く見学していました。

ワンちゃんもジッとこちらを見ているようでした。雪の上のワンちゃんの肉球が可愛い。ワンちゃんの肉球は雪は平気ですが、真夏のアスファルトは火傷をするので注意が必要です。

2024のメインはベートーヴェン、時々ショパン

昨年は「ワルトシュタイン」の年でしたが、もちろんそれだけ勉強したわけではありません。2024年もやはりベートーヴェンのピアノソナタをメインに、ショパンの小品をたくさん勉強したいと思います。

学生の頃、ベートーヴェンのピアノソナタをメインとしたレッスンでしたが、全楽章を弾くレッスンではありませんでした。しかし、ソナタは全楽章で一つの作品なので32のソナタを全部弾くのを目標としています。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, ウォーキング Walking, 旅行 travel | コメントする

ひっそりと雪が降った

3月も中旬で、もう降らないだろうと思っていたら、今朝はかなり降り積もっていました。はじめさんは雪かきに追われ、私は母の保険の手続きで郵便局へ出掛けました。

今日も書類にサインの日

母は外資系の保険に二つも入っていましたが、「癌」など無縁だったので、けっこう支払っていたわりには入院保険しか入らないといわれました。しかも診断書が必要で、昨日、病院へ持って行きましたが2~3週間もかかるそうです。

一方、かんぽ生命の「長生きくん」という保険は、よくよく考えて母が入った良い保険だと思いました。今朝は郵便局へ出掛け、かなり時間を要しましたが、最終的にはスムーズに運びました。母が入院するたびに手続きが大変でしたが、それも今回で最後になると思うと、やはり寂しいものがあります。

手続きを終えて運動公園へ行くと、雪が復活していました。

春の雪はベタベタとくっつく

スノーシューにスプレーをかけましたが、それでもベタベタと雪がくっついて歩き難かった。

明日は祝日だけれど、週末に出掛けるので、はじめさんは仕事、私も夕方から2人の生徒さんのレッスンをする予定。

ドライフラワーになったミモザを使って花を活ける

初めてミモザを買ってみましたが、簡単にドライフラワーになるので便利です。ただ、葉っぱはポロポロ落ちるので、生花と活けるのは注意が必要です。

黄色のチューリップも半分ドライフラワー化しつつ、今日はデンファレと白のアルストロメリア、カスミソウと合わせました。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 花 flower, 癒やし healing | コメントする

通帳が無いとだめ / 時代遅れを感じる

今朝は母の保険のことで郵便局の人に相談した。以前送られた書類は入院保険だが、亡くなったので事情が変わってくるという。

母の遺品を片付けに特養へ

10時に保険の話をしてから、亡くなった病院へ診断書を書いてもらいに行き、11時に隣の特養に母の遺品を引き取りにいく約束をしていた。

1年少し暮らしたが、けっこうな量であった。殆どは衣類だけれど、施設で欲しいというものは全て置いてきた。

国民年金は14日以内に届け出なければならない

返納しなければならないものがあり、その各種手続きをするために、沢山書類にサインしなければならなかった。「銀行通帳を持っていますか?」と聞かれるとは思わなかった。

喪主のはじめさんには、町から3万円支給されるといいます。しかし、はじめさんは全てネット銀行なので通帳を持っていません。こちらの手続きはネットバンクでもOKということでした。

しかし、それ以外のものに関しては銀行通帳が要るとのこと。私もほとんどがネットバンクで、たまたま「ゆうちょ銀行」を持っているのですが、他のネットバンクに移そうとしていました。そういえば、郵便局の保険の手続きにも銀行通帳が必要といわれました。ちょっと時代遅れなのではないかと思いました。

リサラーソンのお気に入りのお皿が忽然と消えた

昨日、リサラーソンの白いお皿が見当たらないので、はじめさんがまた2階に持っていたのだろうと思っていた。しかし、何処を探しても無い。

運動公園の帰りに、もしかしたら、「お皿ありますか?」と葬儀屋さん聞かれ、はじめさんが何も考えずに咄嗟に出したことを思いだした。葬儀屋さんに電話してみたけれど、宗教上の理由で戻ってこないといわれました。よりによって、お気に入りのお皿を出してしまった…!

白いお皿はサラダを食べる時に重宝していたので、けっこうショックだ。非売品なので手に入らないのだ。要らないお皿はあったのに、はじめさんもそこまで考えられなかったという。

今日が一番疲れた日

朝からバタバタな日で、特養と役場を行ったり来たり、その後、ものすごい寒い日だったがトレーニングをして帰宅。2時半ころ、具沢山味噌汁を食べた。3時半からレッスンなので慌ただしい。レッスンが終わったらドッと疲れて、少し横になった。明日は朝一番に郵便局へ行こうと思う。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

あっという間に初七日を迎えた

レッスンやその他のスケジュールを変えることなく、まるで私たちの暮らしを配慮しているかのように、そう生前「あなた方に面倒はかけない」ということを本当にやってのけた母に脱帽している。

繰り上げ法要を行ったので、のんびりな初七日

葬儀と同じ日に四十九日まで繰り上げ法要を行ったが、本当にこれで良かったのかなとも思う。今日は初七日を迎えた。なんと早いことだろう。

突然、訪れた母の死に戸惑いながらも法要を行い、昨日今日と心身を休めることができた。こんなにスムーズに運ぶことができたのは、やはり母の力だと思う。改めてスゴイ人だったと思う。

カールレイモンふるさとセットが届いた

ふるさと納税の返礼品にカールレイモンが届いた。ちょうど無くなる頃に届いたので嬉しい。冷凍庫で保存できるので、少しずつ食べる予定。

これから毎朝まずは仏間へ行き、おりんを鳴らして母を偲び感謝する。今日は私たちが好きな林檎「シナノゴールド」をお供えした。

雪ではなく雨が降った

天気予報では吹雪になるといっていたのに、今日は雨が降り続いた。ランチの後、トレーニングしている間も雨。ソフトシェルを着て歩いた。シャーベットのような雪の上をスノーシューを履いてシャリシャリ歩いた。明日の天気予報は雪。今月いっぱいはスノーシューができるだろうか。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする