小林愛実さんを応援したいショパンコンクール

5年に1度開催される、ショパン国際ピアノコンクール。私たちがポーランドを訪れたのは4年前のちょうどこの時期でした。黄金の秋といわれる美しい季節のワルシャワで今、熱い戦いが繰り広げられています。

3次予選へ日本人が5人通過の快挙!

ショパンコンクールといえば、世界中から一流のピアニストが競い合う、とてもハイレベルなコンクール。2次予選には8人の日本人が通過したと聞き大変な話題となっていました。私が知っている日本人のピアニストには小林愛実さん、反田恭平さん、牛田智大さん。実際にリサイタルを聴いたのは反田さんだけですが、小林愛実さんのことは小さい頃からYouTubeで聴いて知っていました。

最近、クラシック倶楽部で小林愛実さんのショパンの24の前奏曲と英雄ポロネーズを聴きましたが、随分と雰囲気が変わっていてびっくりしました。2015年にはショパンコンクールのファイナルまで進んだことがある実力者なのですね。そんな小林愛実さんですが、一時はピアノが嫌いになってピアノから離れたことがあると聞きました。クラシック倶楽部での演奏も素晴らしかったですが、ショパンコンクールでの演奏は更にピアノへの愛情と気迫を感じます。

4年前にポーランドを訪れた旅行の最終日はワルシャワから西に約60kmにあるショパンの生家。ジェラゾヴァ・ヴォラ村は息をのむほど美しいところでした。旅行中はずっとピアノが弾けませんでしたが、あちらこちらでショパンの音楽が流れ、日本に戻ったら真っ先にショパンのノクターン13番を弾こうと思っていました。

コンクールの意義

コンクールは人が人を審査するものなので賛否両論がありますよね。今回は牛田智大さんが2次で落ちたのは信じられないという声が多かったです。過去にはイーヴォ・ポゴレリチがファイナルに残れなかったことに激怒したアルゲリッチは激怒して審査員を辞退したことは有名ですね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music | コメントする

熊出没で集団下校する子供たち

今朝は寒く、ウォーキングに出掛ける前に薄手のヒートテックを着ました。しかし、外へ出ると快晴で、ウォーキングしているうちに暑くなりました。今年は熊出没のニュースが多いですね。

午前中ウォーキング&お買物


快晴ですが、夜露で芝が少し濡れていました。それにしても、歩きながら綺麗な空だなぁと嬉しくなります。白い小さいな鳥が何羽も戯れている日もあれば、今朝はモンキチョウがたくさん飛んでいました。

空の色と川の色が綺麗なブルー。田川橋に出る前に、草むらからキツネかと思う動物が出てきました。子猫でしたが、力なくトボトボとした足取りです。子猫は振り返り、私の方をジッと見ました。何か訴えているように感じましたが、諦めて草むらの方へと戻るときに、もう一度見つめていました。お腹が空いているのでしょう…。哀しそうな目をしていました。

余市橋からの眺め。赤い屋根は図書館です。青い空に浮かぶモコモコの白い雲。風もなく穏やかな日です。

川を一周して、運動公園の階段を降りたらフリードが待っています。心地いいウォーキングコース。雪が降っても歩けるかなぁ。


スーパーで余市産かじかの子を買ってきました。はじめさんに頼んで醤油漬けにしてもらいました。サーモンピンクの綺麗な卵です。

熊出没で集団下校


今年は熊のニュースが多いですね。余市でも梅川町で多くの目撃情報があります。今日はジャンプ場の方に熊の足跡があったそうで、子どもたちは集団下校したのだそうです。

先日の厚田キャンプ場では入口の看板に「熊出没しています。注意!」と書かれていました。北海道のキャンプ場は、どこにでも熊はいると思った方がいいのかも知れません。食べ物を放置したままにするのは危険なので気を付けたいですね。

野生の熊には一度も出逢ったことも、遠くから見たこともありません。川を泳いで札幌や旭川の市街地に相次いで熊が侵入するケースが今年は多く怖いと思います。

色とりどりのアルストロメリアで明るい気分で

緑の葉は発表会の花束に入っていたものです。まだ綺麗なグリーンを保っています。火曜日の生徒さんは、発表会後も「がんばりました」の判子が連続getで気合が入っています。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 花 flower, 癒やし healing | コメントする

グルメの秋を謳歌する車旅

昨日、厚田の朝一で買ってきたものや、美唄焼き鳥、野菜サラダに十勝バーニャカウダーをかけて旅の打ち上げパーティをしました。

とどまること知らない知らない食欲の秋

その土地、その土地にある美味しいものに出逢うのが楽しみで、グルメの秋を謳歌しています。今回はのすたるしーな洋食屋さん巡りも。

上の3点は冷凍庫に入れておきました。

ホタテ15枚の殻を外して

殻付きのホタテ15枚は重たかったです。殻を全部外して、何を作るか考えました。秩父別では山のように野菜を買ってきましたが、特大のほうれん草とバター炒めを肇さんに所望しました。

バターとブラックペッパーでイイ香り。他にも鰊などがあるので食べきれず、残ったものはお味噌汁に入れました。バターと味噌とホタテとほうれん草+カボチャ、すり身、なめこ、豆腐で味噌汁というか、鍋のようでした。

特大鰊で、カズノコもびっくりするくらい大きかったです。ちょっと、しょっぱかったので大根おろしと食べたら良かったです。どのお皿の料理も食べ切れない量でした。

青の洞窟のバーニャカウダーを10個、近所のイオンに取り寄せてもらいました。帰宅すると留守電に入荷したとお知らせがありました。野菜が美味しく食べられますよね。はじめさんは、十勝バーニャカウダーがお気に入りですが、1本1,200円もする高級品でした。黒ニンニクが入っています。

深まる秋、今年の車旅も終わりが近づいている

夜中は、かなり雨が降っていましたが、10時過ぎにウォーキングへ出掛けました。何故か歩いているときは雨が降りません。ナナカマドの燃えるような鮮明な赤に目が奪われます。雪が降るとナナカマドの上に雪が乗っかり、可愛い風景が見られます。

美唄焼き鳥との出逢い


大昔に新聞の記事を切り取ってアルデオ君のダッシュボードに入れておきました。然別湖を目指したものの、渋滞でなかなか辿り着かず、しかも高速で間違ったのでもう諦めて帰宅しようかと思っていたときに、記事を思い出し、美唄の「たつみ」に行ってみました。

女将さんが「モツが10本だけあるから」といってくれましたが、はじめさんは焼き鳥10本なんて足りるわけないと機嫌が悪かった。モツとはイメージがだいぶ違って、しかも当時は本当に大きく、2人で10本も食べたらお腹がきつくなりました。精肉も10本頼んでいましたからね。

美唄名物の焼き鳥を食べたら、途端に元気が出て、再び然別湖を目指すことができました。

もう21年も前のことです。時が経つのは本当に早いものですね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

ノスタルジックな秋の車旅 2

厚田キャンプ場に向かう前に芦別の「polo」でランチ、美唄の焼き鳥「たつみ」でモツを25本テイクアウト、キャンプ場の近くの「お魚の燻製」を発見して寄ると、サービスで鮭のカマをサービスしてもらいました。ちょうど3個いただいて、焚き火台の下に置いて焼いてみると、とてつもなく美味しく焼きあがったのが新しい発見でした。

厚田キャンプ場&朝市


昨夜はシマエビや貝のお刺身など美味しいものをご馳走になって、テイクアウトした焼き鳥をノンさんに炙ってもらったりして、小樽ビール「フェスト」、赤ワイン、みそぎの舞、ウヰスキーなどを飲みました。
休まれたあとに、焚き火の前でブログを書きました。指先がとても冷たかったです。遅くまで寒空の下、焚き火を囲みながら寛いでいるサイトが多かったです。

人気のAサイト

私たち広いBサイトにテントやタープを張りました。朝、人気のAサイトまで歩いてみました。林間サイトのようで雰囲気が良かったですが、はじめさんはBサイトの方が好きだといっていまた。Bサイトはキャンパーの数に対して炊事場が小さ過ぎるのが難点だなと思いました。

広々としたBサイト


日曜の朝ですが、ノンさんは仕事があるということで7時過ぎにキャンプ場を出られました。チェックアウトが10時なので、あまりのんびりできません。いつもはヨーグルトと珈琲だけの朝食ですが、キャンプ場では、それでは物足りずにパンやサラダなども食べました。今日も秋晴れ!

朝市で魚介をget!

チェックアウトが10時なのに、あまりチェックは厳しくないようで、皆さんのんびりと撤収していました。私たちは厚田漁港にある朝市へやってきました。

4件しか開いていませんでしたが、それぞれ特徴のあるお店で、ホタテ15枚(1,000円)、鰊のいずし(700円)、鮭の塩糀漬け(500円)、酢〆鰊(600円)、カズノコ入り特大鰊2本(500円)などを買いました。

今回も秋晴れの車旅&キャンプを堪能


小樽でワークマンと業務用スーパーに寄ってお買物。帰宅して荷物を片付けてから午後2時過ぎの遅い昼食は、キャンプ場で食べようと思っていた麻婆豆腐になりました。ひき肉は少な目にして、ナス3本とゴーヤを入れてみました。キャンプ場ではゴーヤは無しの予定でしたが、苦く辛くて美味しかったです。今回の旅もお天気に恵まれてリフレッシュできました。早めに帰宅したので、ピアノの練習&ウォーキングも出来ました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, キャンプ, ワイン wine, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, お酒 drinking, 癒やし healing | コメントする

ノスタルジックな秋の車旅

今年の秋は、懐かしい場所を訪れて美味しいものを食べるツアーをしています。今回は超久しぶりに芦別に来ました。

家を建てる前に雰囲気の良いレストランを訪れた

芦別にあるレストラン「polo」。若い頃、まだスプリンターに乗って道の駅全道制覇をしていたときに一度訪れました。とても雰囲気の良いレストランです。今回はなんと20年以上ぶりに来ました。人気店でランチタイムは駐車場がいっぱいでした。

ラッキーなことに席1つが空いていて、すぐに案内されました。4人掛けのテーブルに斜め掛けで座ってくださいといわれました。感染対策がしっかりされたレストランです。

相変わらず美味しくセンスの良いレストラン

メニューはたくさんあって迷いに迷いました。はじめさんは本日のおすすめCコース。なんと色々付いて1,000円!今日はポークのチーズ焼きでとても美味しそうでした。

私はレディースセットにしようと思いましたが、デザート無しの鹿肉のパスタにしました。ジビエを感じる力強い美味しさでした。器もお洒落です。はじめさんのコースに付いていた珈琲が最高に美味しかったです。

厚田キャンプ場にて

厚田のキャンプ場を予約して、半年ぶりにノンさんにお会いしました。ここのキャンプ場も初めてです。おじきゃんで紹介されたお魚の燻製やさんも発見しました。明日は朝市に行くためにここを取りました。ノンさんは午後2時ころに到着、私たちは4時半の到着となりました。

広々としたサイトには、人数制限はされているものの、けっこうなキャンパーが集っていました。

美笛キャンプ場から厚田入りされたノンさん。小樽ビール「フェスト」で再会のプロスト!

夜は焚き火でまったりと

日中は暑いくらいでしたが、夜はさすがに冷え込みました、焚き火を囲んであったまりました。

美味しいもをたくさん食べましたが、そんなに食べられなくなったし、飲めなくなったとノンさん。

ノスタルジーな旅&キャンプを満喫

街灯がひとつも無いので星が物凄く綺麗で圧倒されました。札幌から近いこともありファミリーキャンパーが多いですが、みなさんマナーが良くてあずましく過ごせました。発表会が終わってから3回キャンプしました。春に薪を大量に購入しましたが、4分の1ほど消費したそうです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, キャンプ, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

アイデアで賢く心地良い暮らし

先日の浦河・襟裳方面への車旅のときに大樹町の道の駅で買った可愛いリース。いろいろと興味のあるものが沢山あって、チーズやヨーグルト、つぶの燻製なども買いました。

自然の素材を生かしたアイデア

真ん中にフクロウが居て、はじめさんはフクロウさんの目に心を奪われたそうです、他にもいくつか候補がありましたが、目力のあるフクロウのリースにしました。1,000円という価格もとても良心的。

玄関の飾ってあったリースをフクロウさんに交換しました。タスマニアデビルとも相性がイイ感じです。

青の洞窟「バーニャカウダー」がお気に入り

午前中に近くのイオンで「青の洞窟」のバーニャカウダーを取り寄せられるか聞いてみました。以前は置いてあったのですが、スペースが無くなって置かなくなったのだとか。バーニャカウダーという名称を知らない人は意外と多いのかもしれません。

野菜のディップなのですが、スゴク美味しくて、スゴク便利。たっぷりの量なので野菜をたくさん食べられます。車旅のときは、野菜スティックをタッパーに入れて、これを持って行くだけで野菜を美味しく採れるので気に入っています。レンチンしなくても、冷めたままでも美味しいです。

今週は5日目のウォーキング

今週は月曜日から連続5日間ウォーキングしました。運動公園にまつぼっくりが落ちていて、焚き火の炊きつけに良いなと思いつつ、拾わずに歩きました。

田川橋からの風景。岩の上に一羽のカワウがスックト立っていて、なかなかカッコイイと思いました。時々、黄金バッドのように羽を広げて乾かしていることもあります。

アイデアでステージを飾る

お花屋さんに頼らずにステージに花を飾って演出したのは、今回で2回目となりました。発表会のステージを飾ったお花は終わってから少しの間、外に出して置いたら、とても大きくなりました。リーガルベコニアは我が家には相性が良くないので、2鉢はナデシコを入れました。コリウスって、こんなに大きくなるのですね。お花もイイですが、グリーンがあると癒されますね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

雪虫が舞う季節がやってきた

午前中レッスン。めっきり寒くなり、布団から出るのに覚悟が要ります。目覚まし時計をかけていても二度寝は厳禁ですね。

ちょっと肌寒い日は電気ストーブが活躍する

ボイラーを入れるのはまだ早いので、ちょっと寒いときはアラジンの電気ストーブを点けます。スイッチ一つですぐに暖かくなるので重宝します。寒さ対策には重ね着をするなど、服装でもできますよね。

キャンプでは重ね着が基本。先日は、まだそれほど寒くはありませんでしたが、今週は最低気温が一桁なので、冬に近い服装が必要になるかもしれません。

夕方から余市川でウォーキングしましたが、ひんやりでした。外へ出ると白いフワフワがたくさん舞っていました。一見、可愛いですが雪虫はアブラムシの一種で、大量発生すると大変な事態になります。雪虫が舞うと冬が近いといわれていますが、暖かい日でも飛んでいることがあり、私はあまり当てにはしていません。

 

静寂な秋の余市川でシロサギが4羽もみることができました。水面からは元気よく魚が飛び跳ねて楽しい光景です。昨日、一昨日はグランドを5周しましたが、やはり自然の風景を見ながらのウォーキングの方が楽しいです。

ベートーヴェン・ピアノソナタのマイナーな曲

ベートーヴェンのピアノソナタ13番を今度こそ弾く予定ですが、地味に難しく苦戦しています。22番も残っています。バレンボイムやケンプの全曲演奏のは持っていますが、13番も22番も演奏会で一度も聴いたことがないマイナーな曲です。月光と同じ作品27で「幻想風ソナタ」という名が付いています。「月光」は第1,2がラクですが、13番は第1楽章から難しく、第4楽章は相当に難しい。アタッカで弾くためには第4楽章から攻めないといけないのかもしれません。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 癒やし healing | コメントする

秋晴れウォーキング&レッスン

朝晩はひんやりするほど寒くなってきました。今日も午前中ウォーキングに出掛けました。快晴で雲が綺麗でした。

レッスン前にウォーキング

もう少し早起きしてウォーキングに出掛け、昼食の前にピアノの練習をするのが理想です。しかし、ウォーキングに出掛ける前に家の中の事を細々とやっていると、すぐに時間が経過してしまいます。もう少し時間の使い方を考えないと。

同じ場所でも日々の変化が楽しい

グランドに到着すると、カラスが大勢いました。先日、草刈りをしていた男性が居ても、カラスにとっては馴染みなのか一緒にグランドにいましたが、私がグランドに到着すると1羽だけ残って他のカラスは隣の野球場へ移動しました。残った1羽は自分のようだなと思いました。

青空にモコモコとした雲がたくさん浮かんでいて楽しい気分になります。子供の頃は詩を書くのが好きで、かなり自由な発想で書いていました。中学のときは、10人の有志で文芸部を作って、新聞に投稿したりしていました。

音楽の先生だった担任からは合唱部の伴奏者になることを強く勧められましたが、当時のピアノの先生は早く帰宅して最低でも3時間は練習するようにいわれたので、できませんでした。高校時代のピアノの先生はもっと厳しくて、授業時間にレッスンに呼ばれたり、学校に行く時間をピアノの練習に充てるようになどいわれたことがあります。

担任にそのことを伝え、授業は受けたいので、それで音大に落ちるのなら仕方がないと思い、ピアノの先生に自分の気持ちを伝えたことは今でも間違ってないと思いました。あの頃は人が多く、推薦もない時代だったので、先生も大変だったのでしょう。

隣りの野球場のグランドに移動したカラス。今度はここに近づくと、3羽だけ残って他はまた飛び立っていきました。けっこう警戒心が強いのだなぁと思いました。

余市産「アサヒ」林檎

古くからある品種で、甘酸っぱくい林檎。これが好きで林檎やさんで見つけてい嬉しくてすぐに買い求めました。

「メルヘン」というカボチャ。けっこう大きいカボチャが特売の100円!カットするのが大変ですが、とてもお得でした。

セコマで牛乳を買ったついでに、「大人なガリガリ君」を買ってしまいました。まさに「ラ・フランス」を食べているようです。これは美味しい~♪

植物は逞しい、簡単に諦めてはいけないことを教えてくれる

アボガドの種を試しに育てています。なんと葉っぱが出てきて感動。どこまで育つのか見守っていきたいと思います。植物ってもうダメかなと諦めていても、次第に復活してしっかりと育っていくのを何度も見ています。「簡単に諦めちゃいけないよ」と植物から教わっているような気がします。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

忙しいけれど充実した毎日

日中はまだ気温が高かったですが、夕方から急に冷え込んできます。教室にやって来る生徒さんも、ほとんどが長袖でした。

曇り空の午前中ウォーキング

昨日は草を刈る車を見ましたが、刈った草はどうするのだろうと、はじめさん。今日はKトラックに刈った草を積む作業をしていました。

刈った草が所々にあり、Kトラの荷台がいっぱいになっていました。いつも歩くコースも綺麗に刈られていて、とても歩きやすかったです。ありがとうございます!


人の手が入って綺麗に管理されたグランド。せっかく、草も刈られていたことですし、今日は雨が降りそうだったので、余市川の方へは行かずにグランドを4周しました。ウォーキングの後は2件のお店でお買物。午後3時過ぎから5レッスンと忙しいです。

黄色と紫の花で艶やかに

暫くの間、発表会の花束で頂いた花を飾っていましたが、今日からチェンジです。


黄色のオンシジュームと紫と黄色のアルストロメリア。

充実した毎日を送れていることに感謝

慌ただしく忙しいい毎日ですが、ウォーキングをするようになってからぐっすりと眠れるようになって、調子がイイです。

それにしても、睡眠障害で1カ月間の自宅療養が必要ととの診断書を提出し、通常国会を4カ月も欠席して、そのまま6年間とぼけて過ごした甘利氏。国民は忘れるだろうとたかをくくっているのでしょうね。長老政治&お金まみれの政治はうんざりです。彼らの「丁寧な説明」とやらはもう聞きました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 花 flower | コメントする

圧倒的な歌唱力とスター性に魅せられた西城秀樹「伝説のコンサート」

先日、Twitterで話題になっていた「伝説のコンサート~西城秀樹デビュー50年スペシャル」を録画しておきました。10月2日夜7時30分から3時間20分にわたり放送されたもので、襟裳から戻って録画をはじめさんと観ましたが、やっぱり本物のスターは凄い!と感動しました。

存在感が半端ない本物のスター

小学生の頃、あまり歌謡曲などの番組を観るのが好きではありませんでしたが、「傷だらけのローラ」をクラスの天才Kが、ハスキーボイスで口ずさみ、器楽演奏でそれぞれの楽譜を作ったりして演奏したのを覚えています。高校時代の親友も大ファンだといっていました。

音大のときはデパートのオープンのときに「チアガール」のアルバイトをして、「YMCA」を踊ったことがありますが、あれは物凄く体力を使いました。

西城秀樹さんは、熱傷しながら激しくダンスして息も切らさずに51曲も歌い上げる、その歌手魂にただただ魅せられました。

改めて聴くと、圧倒的な歌唱力だなと思いました。紅白のデビューなどは、とてもデビューとは思えない貫禄だと、はじめさん。

抱きしめてジルバ

知らない曲も沢山ありましたが、51曲を歌い切るその姿は美しく、最後の方は知らず知らずに涙が出ました。

ケアレス・ウィスパーが大好きで、西城秀樹さんがカバーした「抱きしめてジルバ」が素敵でした。”洋楽カバーの第一人者”としての側面もあったのですね。ワムの「Y・M・C・A」のカバーであり最大のヒット曲「YOUNG MAN」もイイですね。それにしても、改めて歌がとても上手い人だったのだなぁと思いました。

余韻に浸りながら

午前中ウォーキングに出掛けました。曇り空のした、グランドではクルクルと芝刈りの車が。

初めて目撃しましたが、このように草を刈っているのだなぁと思いました。グランドを2周して田川橋を渡っているとポツリと雨が降って来たので、急ぎ足で歩きましたが、ポツリだけで済みました。

黒豆納豆・しその実・ふのりの黒いお蕎麦。身体に良さそうなものばかりで美味しかったです。明日も元気にピアノを弾こう!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, ウォーキング Walking | コメントする