函館で「リサ・ラーソン展」

道の駅「なないろななえ」の朝です。天気予報では晴れでしたが、朝からどんよりで雨の確立が高くなっています。

今年初の函館車旅

昨夜は仕事が立て込んでいたので自宅を午後10時ころ出発しました。翌日の1時ころに到着して、映画を観ました。2本目の「イエスタディ」が面白かったですが、さすがに眠くなって途中まで。

ポテチをいろいろ

道の駅にある「DANSHAKU」でカラフルなパッケージのポテチを買いました。前回試して美味しかったので、こんなに買ってしまいました。

フリードカフェでブランチ

鹿追の道の駅でもらった洋ナシでジャムを作りました。そのまま食べたら美味しくありませんでしたが、ジャムにすると最高です。チャーハンとアボガドとビーツのサラダ添え。

家に居ては出来ないまったり感を味わう

家に居るときは次から次とやることがいっぱいですが、車旅のときはボーっとできます。ブラックペッパーのをチョイスしました。これから温泉に入って、リサ・ラーソン展へ行きます。

発表会が終わってから予定していた美術館巡りを3つ。釧路のフェルメール展、芸森のムーミン展、そして、函館のリサ・ラーソン展です。はじめさんも車旅に美術館へ行くのはなかなか良いねといっています。

2回目の函館美術館

曇り空でも五稜郭タワーは綺麗ですね。施設を利用すると2時間まで駐車代が無料になります。

お馴染みのライオンのポスターが可愛い

リサ・ラーソン展もなかなか人気があるようで若いカップルが多いようです。親しみやすくて、ほっこりと和むキャラクターがイイですよね。

美術館では検温があり、代表者の名前や住所を書きました。ユニクロでリサ・ラーソンのことを知りましたが陶芸家だったのですね。会社に勤めてうまくいったり、行かなかったりと色々な歴史を知ることができました。

ライオンや猫のまるっとした曲線が本当に可愛くて素敵だなぁと思いました。大人気のショップも人数制限制でかえってあずましく選ぶことができました。ちょっと気が早いけれどお正月の「お弾き初め会」の景品を選んだり、、けっこう買ってしまいました。

ブランチの後、温泉に行って「リサ・ラーソン展」に行ったので夕食をどうしようかと悩みますが、とりあえずキッチン大林に来ました。

いつものように名物の手羽先を買ってアツアツのを食べましたが、はじめさんの手羽先揚げの方がどうも美味しいと思いました。遂にキッチン大林のよりも美味しいのが作れるので次回はどうしようかと悩みます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, 旅行 travel, 食事・食べ物 food | コメントする

それはないだろう

 

今朝に新聞は寿都・神恵内の核のごみの最終処分選定に向けた文献調査の応募一色。周辺自治体に十分な説明がないまま独断で事態が進んだことに強い憤りを感じます。

あまりにも早すぎる決定

寿都町もそうですが、もっと驚いたのは後で手を挙げた神恵内村も一緒になって応募を決定したことです。

寿都町長は住民が反対したら応募しないといっていたのに、反対の意見を聞こうともせず勉強してから応募するのではなく「応募してから勉強しよう」と同じことばかり言い放っていました。

20秒で死に至る危険な相手

人が近づいたら20秒で死に至る危険極まりないものに、よく説明もしないまま住民投票もせず、反対意見を振り切ってこれほどまでに早く決定するのはかなり怪しい何かがあるのでしょう。水面下で周到に準備をしていたのでしょう。

周辺が反対しても町長や村長の独断がまかり通るのか

高知県の東洋町は2007年に町長が応募して1カ月後に認可されましたが、2日後に町長のリコール手続きを開始して4月に出直し選挙で反対派が圧勝したために調査は断念されました。

周辺で反対してもまかり通らないのなら、寿都と神恵内でも東陽町のような行動を起こさなければ年内にも調査開始となります。何とも理不尽で身勝手な応募表明だと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

ひんやりな朝!

今朝は寒くてびっくりしました。10時前からレッスンだったので、はじめさんにストーブを2台出してもらいました。ボイラーを付けるにはまだ早いですが、ポータブルのストーブが活躍します。

ストーブをつけた朝

それにしても、もうストーブが必要とは。災害用に買ったものですが、本格的な冬が来る前にポータブルのストーブが役だっています。

凛とした佇まいの菊

白の菊もありますが、ピンクのが可愛いです。ただ花粉が落ちるので気を付けて飾らないとならないです。

アイビーを添えて


午前と夕方からのレッスンでした。保育科を受験する生徒さんの3回目のレッスン。小樽からのバスに乗る時間に苦労しているようです。昔と比べると本数が減ったのですね。乗り遅れたら40分来ないといいます。

そんなときは小樽駅まで行って乗るのだそう。以前は15~20分おきにあったのに、時代は変わったなぁと思いました。

羨ましいくらい手が大きく、スポーツをやっていたこともあってか、リストが強いのだと思います。とてもタッチが良いので、イイ音が出ます。60分レッスンを行っていますが、試験が終わっても60分のレッスンを継続するようです。

今月はグループレッスンに参加して試験曲を弾く練習をしてもらいます。ピアノで受ける人は用意した曲を弾けば良いのですが、絵で受験する人はお題が出されてから60分以内に描くのだとか。へぇと思いました。

マグロとアボガドのサラダの予定が

アボガトとマグロのサラダを作ろうと思ったら、マグロづくしのお寿司になってしまいました。サラダはビーツと紫キャベツ、ミニトマトとアボガトにしました。それとフルーティな小樽ビール「ヴァイス」でプロスト!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food, 花 flower | コメントする

何故、住民投票しないのだろうか

ここのところ雨の日が多いです。一雨ごとに寒くなって、レッスン室では足元に電気ストーブを置いています。午前中に図書館へ来ました。2週間ごとに来ていますが、あっという間に2週間が経過する感じです。

肌感覚って何?

寿都の町長の説明は訳がわかりません。かなり紛糾していいる様子ですが、とにかく何が何でも応募したいのでしょうね。「応募してから勉強しよう」といっているのでは、最初から住民の声を聞く気がないのだということだと思います。

肌感覚でほとんどの住民が賛成だから住民投票はせず、私の判断で決めるといっているのは独裁ですよね。

寿都も神恵内もどうしてそんなに急いで応募しようとするのでしょうか。

交付金に目が眩んでしまう人たち

お金を貰っても一時的なもの。危険なゴミは永久的なもの。北海道が核のゴミ処理場となるのです。綺麗な海ではなくなるでしょう。そうなったら日本海の海産物はどうなるのでしょうか。

「だれでもない庭」

エンデの「はてしない物語」を読んだので「だれでもない庭」を借りてきました。エンデのアイデア宇宙ははてしなく、「イメージを思いつく技術はトレーニングできます」といっていたそうです。エンデが遺した物語集を楽しみたいと思います。

庭に咲く菊とアイビー

庭でどんどん増える菊とアイビーを摘んできました。今週は花代がかかっていません。庭の花を活用して飾ります。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ガーデン garden, 花 flower, 癒やし healing | コメントする

セッション(奏楽)/ ニッカウヰスキー

午前中はお買い物の火曜日。買い物が終わって、お店からフリードまで歩いている間に雨が降ってけっこう濡れました。秋は突然雨が降ることが多いですね。

グッドタイミング!


1軒目でのお買い物が終わり、レジに向かう前にニッカウヰスキーのコーナーを見てみた。丁度一週間前に新しいウイスキー「セッション」が発売されたのですが、なかなか店頭に並ばないのです。

棚に「セッション」の札が!

なんと棚には「セッション」の名前がありました。しかし、1本も置いていません。もう売れてしまったのかと思いました。係りの人がすぐそばにいらしたので、もう入らないのか聞いてみました。

これからセッションを並べるというタイミングに遭遇!

若い女性はニッウヰスキー担当の方だったのかもしれません。「今日、初めてこの売り場に並ぶのです。多分夜には並ぶでしょう」というので、じゃぁ夜に来るかなと思っていました。すると、「実はもう商品は届いているので、ちょっと待ってもらえますか?5分くらいかかるかもしれませんが」といいます。

セッションを2本get!!

はい。待ちますとも!まもなく箱に入ったセッションを持ってくる女性。箱には8本入っていました。「どこのお店でも品薄で、ここは余市だから8本入荷しましたが、よそでは2,3本の割合でしかお店に並ばないので、あっという間に売れてしまうんですよ」と。

「2本買うことってできますか?」と聞くと、女性は「たぶん大丈夫だと思いますよ」と箱から2本のセッションを私の買い物かごに入れてくれました。そして、「旦那さん、ニッカの何を飲んでますか?」と聞くので、「フロムザバレルとかアップルブランデーとか好きですね」と答えると、とても嬉しそうな顔をしてくれました。

高級感が漂うボトル

4,000円くらいするので、ちょっと高級ですよね。ヘネシーなどのブランデーと同じくらいです。それにしてもこのブルーのボトルがカッコイイなぁ。Sの文字が反対を向いて、向き合っているのです。奏楽を現しているのでしょうね。セッションというネーミングがまたイイねですね。

ニッカ セッションはニッカウヰスキーが保有するスコットランドのベン・ネヴィス蒸溜所などで製造された華やかな香りが特徴のスコットランドのモルト原酒と、日本の余市蒸溜所、宮城峡蒸留所で製造された、ふくよかな味わいとビターな余韻が特徴の日本のモルト原酒をブレンドしたウイスキー。互いの個性を発揮しながら奏でる音楽をイメージし、「セッション」と名付けた。

これは旨い!良いウヰスキーだ

なんと、はじめさんはネットを調べて高島屋で定価で売っているのを見つけて6本注文したのですって。今日は早く飲みたくて、夕食の時間を楽しみにしていました。

ストレートでちょっとだけ飲んでみました。確かに華やかかなスコッチとジャパニーズモルトの共演ですね。最後に「余市」のガツンとしたフレーバーを感じました。流石!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, お酒 drinking, 花 flower, 癒やし healing | コメントする

バランスが崩れると大変だ!

私はレッスンを休むことがないくらい、風邪をひいたりなどで病院へ行くことは少ないのですが、歯医者さん通いは多いように思います。

完治したと思っていたのに

右上の奥歯には長いこと長いこと苦しめられ、3件目の歯医者さんで抜きました。そこでは、早く見切りをつけることが大切だといわれました。

今は生徒さんの紹介で自宅の近くの歯医者さんへ通っています。抗生物質を飲めば痛みは治まるのですが、薬が切れると痛み出す。長年の痛みや時間の浪費を思い出し暗い気持ちになります。

様子をみて10日後に再来

痛みが治まらなければ、造った歯を壊さなければならず、そうなると全てのバランスが狂ってくるといいます。前歯が折れたときに、何度か通ってようやく安定してきているのに。それも無駄になるのかも知れないと…!

治療期間は3カ月くらいになるとのことで、もう真っ暗な気持ちになりながらフリードに乗ると、「3分後に豪雨です。お気を付けください!!」とフリードに告げられ、空も真っ暗でした。そして、帰宅したところで豪雨になりました。やれやれ…

歯の根の治療は時間がかかる

神経に近いから痛むと集中してピアノを弾けないし辛いです。発表会前でなくて良かったと思いました。ブリッジになっているので、被せているのを壊さなければ中を見れないのだそうです。写真には問題であると思われる箇所が確認できますが、実際に中を見ての判断になるのかもしれません。

ムシャクシャしながら「月光」ソナタを弾くと少し気が晴れてきたので、夕食時間を少し遅らせてピアノを弾き続けました。

ヴィエリチカのお塩をケースに入れて

ポーランドの有名なヴィエリチカのお塩。袋のままだと、やっぱり使いづらいのでハーブ塩が空いた瓶に入れて使うことにしました。色々あるのでお料理に使えます。それにしても、小分けの袋の枚数を告げると、店員さんが物凄く驚いていたことを思い出しました。(結局は20枚くらいもらったのですが。)

見ているだけで元気が出るパプリカ

急に肌寒くなって、歯医者さんではご高齢の方のために暖房が入れていたのではないかと思いました。私には暑かった…。母が暮らしているホームでも暖房費がかからないのは2カ月くらいで、毎月8,000円もかかるのでびっくりします。確かに、夏でも寒いと言いますから仕方がないですが、年金だけでは足りないですねぇ。

真っ赤なパプリカを果物籠に入れて元気が出るように観賞用にしています。歯の痛みが治まればいいなぁ。10日後に大ごとにならなければいいなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, 癒やし healing | コメントする

今年はコロナの影響でいつもと違うことが多い

昨夜9時過ぎのJR小樽駅です。9時を過ぎるとお店は全部閉まってしまうのですね。余市までの乗り場ホームはいつも奥と決まっていましたが、この日の乗り場は変わっていて焦りました。

おうちで過ごす時間が多い

余市行きは1時間おきなので乗り間違えると最終になるところでした。JRやバスに乗る時くらいしかスマホで音楽は聴きませんが、ベートーヴェンのピアノソナタをひとつ聴いているとあっという間に到着してしまいます。

それにしてもイヤホンも便利になりましたね。はじめさんから渡されたイヤホンはコードレスでケースに入れておくと充電できるようです。

嬉しそうにパンを焼く人


今朝は昨日より肌寒く、曇りで時々雨だというので、余市川でのカヌーはまたも中止にしました。ちょっと家でのんびりしたかった。(のんびりできませんでしたが)

久しぶりにパンを焼けると、はじめさんは嬉しそうでした。シャウエッセンを入れたパンを作っていました。今年はコロナの影響で、おうちでパンを作るのが流行っているようですね。

ウィンナーパンが完成!

焼けるとふっくらとしますね。なかなかのハードパンでした。新得町にある「ゴリラのしっぽ」を思わせるようなパンだと思いました。大きさにかなりバラツキがあります。

発酵キャベツを使ってジュレック!

ポーランドで大好きになった「ジュレック」というライ麦のスープを作りました。発酵キャベツとひき肉を入れたので、ロールキャベツのような感じです。

真っ赤なアイバルを合わせて

赤のパプリカで作ったアイバル・ソース。色鮮やかなソースになります。パンには勿論サラダにも合います。シャウエッセン入りのパンは食べ応えがあって、2個も食べるとお腹がいっぱいでした。

食後の珈琲を飲んでから、1週間ぶりに近くの八百屋さんへ行き、はじめさんはまた赤パプリカを5袋も購入していました。サービスに小ぶりのを2玉いただいたので山盛りです。2回分作れるほど!

感想文にも「コロナの影響で」というフレーズが

「影響」という漢字は、なかなか難しいと思いますが、小学生の感想文にも「今年はコロナの影響で~」というフレーズを多くみました。かなりのイベントがコロナの影響で中止になりましたからね。何度も見ているうちに覚えてしまうのかもしれませんね。でも、小学生の修学旅行が中止にならずに良かったです。

肌寒くなったので久しぶりに火鍋にしました。ラムしゃぶ用の薄いお肉が合います。ネギの青い部分と豆腐と白菜などを入れて、1.5玉のラーメンを入れました。すぐに身体が温まって汗が出ました。窓を開けたり、閉めたりしてクーラーを使わなくなくなりました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする

一番近いドイツを楽しむ

午前中レッスン。天気予報では断続的に雨だというので、余市川でのカヌーは諦めて小樽ビールに行く計画を立てました。しかし、快晴でした。

今年初めてJRに乗った!

ランチは生姜焼き。何かと野菜を組み合わさなければ我が家はNGです。だから十勝へ行っても有名な「豚丼」はあまり食べません。こんな風に野菜が同等であれば良いのですが。その点、仙台の牛タン定食はバランスが良いと思います。

余市駅の前にホテルが!

新聞では情報を得ていましたが、余市駅前にホテルが出来ました。ここにスペイン料理店も入っているようです。ワインも充実してるそうです。

スペイン料理というと「バスク料理」を彷彿します。函館では一度バスク料理のお店でランチしました。余市のお店はどんな感じなのでしょうか。

新しい列車でカラフル!

JRに乗るのは、なんと今年初めてです。夕方5時半ころの列車ですが、コロナの影響なのでしょうか、せっかくの2両の列車でしたがガラガラでした。新しいカラフルな列車でとても綺麗でした。

どの時点でマスクを外すか

小樽ビール倉庫No.1に到着。オクトーバーフェストで混んでました。案内されたのはパーテーションが設置された小さいテーブルでした。2人とも飲み放題に決め、はじめさんは大ジョッキで私は中ジョッキのフェストにしました。

先日、倉庫N0.1に来ましたが買えなかったので飲みにきたのでした。それにしても、このテーブルでは食べ物を注文するのは難儀でした。

このお皿だけでいっぱいいっぱいでしたが、B型人間のはじめさんは、ピザを注文して、カットしている最中で見事にカッパ返しを披露しました。傍にいた女性のお客さんの衣服にかからなかったのが奇跡でした。

お店の係りの方の計らいで安心な席へ移動させてくれました。はじめさんがカッパ替えしたピザを焼き直していただいて申し訳なかったです。

気を付けながらビールを楽しみましょう!

フェストの大ジョッキを飲んだはじめさんはヴァイスにしたようです。しかし、お隣の席では大ジョッキで頼んで大方残している4人のお客に愕然としました。ただでさえも品薄なフェストなのに、なんだか残念な気持ちでいっぱいになりました。無理せず中ジョッキをオーダーできなかったのでしょうか。

私にしては珍しくフェスト中ジョッキ×2、ピルスナー中ジョッキ×1、ヴァイス小×1とけっこう飲みました。中ジョッキで500mlですからね。

やっぱりビアホールで飲むビールは格別!

ビールにはやっぱりソーセージですよね。お腹がいっぱいになりました。久しぶりにJRに乗りましたが、我が家から余市駅までの往復と小樽駅から倉庫No.1までの往復を歩くと決行な歩数になります。ちょっと運動がてら久々のJRで小旅行気分でした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

ため息が出るニュース / 核のゴミ問題

電子書籍は便利だと思うけれど、私はあまり利用していません。ズシッと本の重みを味わいながら読むのが好きです。

はてしない物語

600ページ近くもあるミヒャエル・エンデの「はてしない物語」も残りページが僅かとなりました。

けれどもこれは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう」。というパッセージが何度も出てきます。いつかまた別のときっていつなのかなと思いながら読む子供も多いのではないでしょうか。

これは物語の本筋からそれたときに使う台詞で、本筋に戻すという書法なのですね。

虚無に支配される町

エンデの作品は、なかなか哲学的で考えされられることが多いと思います。「虚無」に支配され消滅していく。それに立ち向かうには想像力を持って行動すること。

人にとって本当に大切なものは何なのか。それは決してお金ではないと思います。同じ後志管内の寿都町と神恵内村が核のゴミを巨額なお金と引き換えに受け入れるなんて私には信じられません。そこで暮らしている人々は疑問と不安だらけなのに、どんどん話を進めて決めていく。あまりにもワンマンです。

それで本当に幸せになれるのでしょうか?何もかも失うことになるかも知れないのですよ。寿都町や神恵内の町長は近隣に理解を求めるための説明をしているのでしょうか?

洋ナシのジャムを作る

新聞やニュースを観てもため息が出るばかりなので、道の駅でもらった洋ナシのジャムを作ることにしました。あれから日にちが経ったので熟してきました。

小ぶりな洋ナシのジャム作りは手間がかかる

皮を剥くのに結構手間がかかります。そして、虫が喰っていたのでちょっとたじろぎました。きれいに実を切り取る作業が手間だらけです。

まっこと手間がかかりましたが、完成したジャムは美味しい!

時間の配分が難しい

洋ナシのジャムを作ったお鍋で鶏もも肉と野菜やキノコを炒めて、タイのスープ「トムカペースト」を作りました。カボチャ、ニンジン、ジャガイモ、白菜やネギなどを入れました。ココナッツミルクも1缶投入します。

ムシャクシャしているときは料理を作ったりすることが多いです。洋ナシのジャムとトムカペーストを作ったら時間をだいぶ費やして、本を読む時間が少なくなりました。ピアノも弾くので、一日の時間の配分が難しい今日この頃です。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする

10月に突入!発表会が終わっても燃え尽きないで

10月が始まりました。今年も残すところ3カ月となりました。早いですね。今朝は肌寒くて電気ストーブを付けようかなと思ったくらい、一気に涼しくなりました。

発表会はゴールではない


9月の半ばに発表会があって反省会などレッスンでは新たな目標を持って進んでいますが、大きな行事が終わると切り替えができずに抜け殻のようになってしまう人もいます。発表会はゴールではありません。せっかく頑張ったことを生かして前に進んでいくことが大切です。

次の目標を立てる

グループレッスンで弾く、10月の課題曲を決めたり、お正月の「お弾き初め会」の曲を決めています。

長い間、ずっと弾いてきた曲は大切に時々弾きましょう。でも、もっとレパートリーを増やしたいと思いませんか?初見でも弾ける曲をたくさん見つけてくてください。もっと積極的にピアノを弾いても良いんじゃないの。

一年で一番好きな季節

短くて美し秋が私は四季の中で一番好きです。ちょっと肌寒いくらいがちょうど良い。クーラーも無し、暖房もまだ無し、ピアノを弾いてホットになるくらいの肌寒さが好きです。

秋の夕暮れはセンチメンタルな気分になる

釧路の夕日は「世界三大夕日」のひとつといわれているのだそうです。新釧路川を通って思わずフリードから撮ったものですが、綺麗でした。もう少し釧路に滞在できたら、真っ赤に染まる夕日が見れたかな。釧路の夕日が美しいのはノスタルジーな街だからなのでしょうね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music | コメントする