忙しけれど充実した毎日

毎日毎日、本当によく降ります。今朝はブルが入りませんでしたが、けっこう積もっていました。暴風雪とのニュースが入っていましたが、早めのランチの後にトレーニングしてきました。

静寂な雪の世界で

コースは見えないものの、いつも歩いているあたりを進むしかありません。スノーシューはそれほど埋まらないので、新雪でもこんな感じです。今日はパウダースノーに近かったです。

小さな川を雪がゆっくり流れていました。上空をカラスが鳴きながら飛んでいましたが、静寂の雪の世界ではカラスでさえも一緒にいるのを嬉しく感じます。また来たねと、私たちを励ますようにリズミカルも鳴いているいるように聞こえます。

毎日慌ただしく過ぎていく


帰宅して午後2時から、はじめさんはミーティング。私は3時からレッスンでした。慌ただしく珈琲を飲み準備をします。お弾き初め会に参加できなかった生徒さんが2人と久しぶりのレッスンでした。いつもは練習熱心なKちゃんでも、ちょっと間が空くとモチベーションが下がってしまうようです。コロナで対面授業ができず、ピアノの授業も動画を送ってレッスンをしているOさん。短期間でよく弾けるようになったと先生から褒められたそうです。

我が家のワインの日。もっとも開けずらいオチガビさんのスパークリングにしました。やはり、例の反対に回すやり方で簡単に開いてしまいました。えーっ!と、はじめさん。泡が美しく、ほどよく酸味があって美味しかったです。

野菜たっぷりハンバーグ&野菜サラダ。野菜ファーストで食べるようにしています。雪が降ると作業が増えて時間に追われてしまいますが、そんな中で毎日トレーニングとピアノで充実した毎日を過ごしています。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

雪三昧な日々 / 雪と闘い雪と戯れる

今年は雪が多いですが、除雪の技術がちょっと雑なような感じもあって、こんなにドッサリ持ってくる上に道路が狭過ぎて、かなり危険な状態が続いています。

各家庭で処理するレベルではない程の重たい雪と量!


広報に雪による苦情に対して、「町では限られた予算で除雪を行うので、各家庭で除雪による雪の処理をお願いします」と書かれていましたが、家の周りは高齢者が多く、こんなに重たい氷の塊のような雪を間口いっぱいにドッサリ持ってくるのは、いくらなんでも酷いと思います。何しろ、除雪車でも歯が立たないほどの硬さと重さなのです。

早く排雪を願います

寒いので地下水で融かすのも時間がかかります。何度も外へ出て雪を崩しています。レッスンがある日は大変です。

DCMのシリコンスプレーを持参

今日も湿った雪なので、グランドへ向かう前にホーマックに寄ってシリコンスプレーを買いました。ママさんダンプ用のは2,000円ほどもしますが、スノーシューのは250円でした。

スノーシューにスプレーしたところ、雪がくっつかずに歩けました。しかし、昨日と同様に重たい雪でかなりキツイ。スノーシューイングは筋トレのようなスポーツでもあり、ここのところ筋肉が増えているのか体重も増えてビックリです。継続すると基礎代謝が増加して結果として減量に繋がるのだとか。しかし、複雑な心境。

5セット目のスローダウンのときは、コースを外れて真ん中を歩いてみました。

サングラスをかけていると雪は青っぽく見えるので、まるで海の中を歩いているような気分になりました。映画「十戒」のようでした。

帰宅するとき。イオンの前ですらこの狭さです。排雪が追い付いていない感じです。我が家は角地で、カーポートから出ようとしたら、右側から車が入ってきて、そのたびにカーポートに引っ込むを繰り返しました。

インドの赤いトラ

珍しいインドのラムでハイボール。

赤肉のブロックで、はじめシェフが生姜焼きを作ってくれました。柔らかくてヘルシーで美味しい。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

何故ピアノの先生になったのと聞く生徒さん

北海全域で大荒れの天気になると、ニュースでさんざん驚かされていましたが、午前中は穏やかだったので運動公園へ行ってみました。

湿った重たい雪の日

同じ北海道でも帯広などは夜中からかなり雪が積もったようです。余市は穏やかな感じでした。私たちの他にも電気工事の人がスノーシューを履いて作業をしていました。昨日よりは積雪がありましたが、それほどではありません。

いつもはパウダースノーですが、今日は湿った雪でとても重たく、ヘトヘトになりました。しかも駐車場に戻るとき、スノーシューに湿った雪が張り付いて歩けなくなりました。スキー板のようにワックススプレー・氷結防止スプレー、シリコンシーラントを薄く塗るといいようです。

夕方からのレッスンでした

学校は冬休みですが、学童はあったようです。午後3時から大荒れとのニュースでしたが、余市は時々強風は吹くものの、それほど大荒れにはなりませんでした。

学童で嫌なことがあったといい、ちょっと浮かない顔をしていたNちゃん。お弾き初め会後でもあり、ほとんど練習していないこともあったようです。

何故、何故を連発するのはレッスンをしたくないから

アラジンの電気ストーブを愛用していますが、困ったことにコルクタイルを熱で傷めてしまいました。お弾き初め会が終わってからピアノの足元に絨毯を敷いたのですが、さっそく何故、緑の絨毯があるの?先生は何故ピアノの先生になったの?厳しい修行をしたの?などなど。

何故を連発して、レッスンしない方向に導こうとしているのが分かります。練習してこない生徒さんに、練習してきなさいといっても、ほとんど効果がありません。弾けたら楽しいよとレッスンに導き、こんな風に練習したら弾けるようになると実践して分からせること気づかせることで、「わかった!」と笑顔になれば、きっと次は良いレッスンができるのではないかと思います。

話すことが好きな先生、話しやすい人

私が習っていた先生はとても話好きで、私のレッスンは他の生徒さんよりもいつも凄く長くなっていたようです。話に花が咲いて、どんどん広がっていきます。そんな感じでしたが、その話の中にも勉強になることがありました。もしかすると演奏以外のことで、何かヒントになることを気付かせようとして話していたのかもしれません。

それを逆手にとって、私のところで習っていた生徒さんが恩師のレッスンを受ける時に、あまり練習していないこともあり、「もっと話して、もっと話して」と心の中で願っていたようです。

好奇心旺盛な人は伸びる人だと思う

あまり練習してこないNちゃんですが、何故を連発するのは好奇心が旺盛だからでもあります。必要だなと思う何故に、丁寧に答えると、すごく納得したような顔になり、そして笑顔になります。感受性が豊なので、悲しいことや嫌なことに傷つきやすいようです。そんな時にピアノのレッスンに来て笑顔になってくれたら嬉しいなと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

キラキラの雪の結晶が見られるのもスノーシューイングの魅力

昨日は緩やかな登り口を見つけて予めスロープを作っておきましたが、風もなく雪が降らなかったのでそのまま残っていました。

天気予報を気にしながら出掛ける日々

冬になったらウォーキングが出来る頻度は下がるだろうと思っていましたが、出掛けない日はあまり無いほどです。

雪山に行くわけではないので、多少の雪は平気です。今日はずっと雪も降らず風もなしでコンディションは最高でした。

ワンタッチで装着ができるようになってきました。


写真はイメージですが、こんな感じでグランドへ向かいます。雪がしまっていると、フカフカの雪の上を埋まらずに歩けて楽しい。

さらさらのパウダースノーを歩く


子供の頃のスキー嫌いと膝を壊したのもあって、寒い冬はとにかく嫌い。雪は邪魔なだけでパウダースノーというのを実感したことがありませんでしたが、毎日スノーシューイングをすると、サラサラの雪に感動してしまう自分に驚く。昨日は光り輝く雪の結晶をいくつも見ることができました。

雪の結晶を見るのに最適な条件

おはよう北海道で雪の結晶を見る条件はマイナス5℃以上とのこと。卓球のラケットに黒い布を張って、降って来る雪を乗せて虫眼鏡で観察すると、色々な雪の結晶が見られるようです。寒い日の窓にこんな風に雪の結晶を見られることがあります。


神秘的な雪の結晶。雪の結晶は実は一つとして同じものはないようです。不思議な世界ですね。雪を愛でる日が来るとは思いませんでした。

アップルパイティーを飲みながら


たっぷりのアップルパイティーを淹れて本を読みました。飲むデザートといったところでしょうか。ハイカカオを2,3枚食べているので満足です。

朝ドラを観ていたら、あの当時でもレコードプレイヤーは高いものだったのですね。中学生になったときに、親から真っ白なレコードプレイヤーをプレゼントされて、友だちに羨ましがられました。お小遣いを全投入して毎月レコードを2枚買うのが楽しみだったのを思い出しました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ウォーキング Walking, 癒やし healing | コメントする

雪!雪!雪!

今年は雪が多くて、雪国に住んでいるのだなぁと、しみじみ実感しています。今朝も家の前にドッサリとブルが雪を持ってきて、大奮闘していたはじめさんでした。

道路が狭くて車がすれ違うのがやっと

家を出ると、比較的広いイオンの通りが既に狭くてビックリしました。田川橋のこの通りだけは、除雪がかなりの頻度でされていて、広かったです。


午前中は晴れていましたが、ランチの後から急に雪が降ってきました。


運動公園の駐車場。いつも何台か車が停まっています。

毎日来てるので、スノーシュー・ポール・手袋・サングラス・椅子など一式をフリードに積んでいます。

着脱しやすいキャプテンスタッグのスノーシュー


雪っこちゃんカンジキは、着脱にちょっと時間がかかりましたが、キャプテンスタッグの22インチのスノーシューは着脱がラクチンです。

ワンタッチバックルで着脱も簡単。赤と黒でお洒落なデザインも気に入っています。はじめさんのは25インチでバックルがゴムになっていて、22インチより着脱が時間がかかるようです。ホーマックにちょうど、1つずつ残っていました。

キラキラと光る雪&静寂な世界


歩き始めると急にお日様がさして、元旦の日の「大吉」を思い出しました。雪がキラキラと輝いて美しい。そして、静寂な世界です。

コースが残っていたので歩きやすかったです。ただ毎日が筋肉痛。

インターバル速歩は雪が無ければ5周、コースが残っている雪道は3周、コースが無い日は2周。


帰宅しても天気が良かったので、今度はカーポートの雪を降ろしたいと、はじめさん。梯子を上って作業するので、汗をかいたまま私もずっと外にいました。

作業をしているはじめさんは汗だくでしたが、黙って見ている私は芯から冷えました。


1回で済ませたいからと相当量の雪を降ろしていました。屋根から落ちた雪も乗っているので硬く重たい雪です。だんだん落としていくと、今度は揺れて怖いといいます。ヘトヘトになって梯子を降りるときが一番怖かったようです。

「ワルトシュタイン」の譜読みを開始

ベートーヴェンのピアノソナタの残り7曲を順番に勉強して行こうかと思います。中期の傑作「ワルトシュタイン」を勉強するのを楽しみにしていました。ベートーヴェンはワルトシュタイン伯爵からフランス製のエラールをプレゼントされて、音域が広がったことや連打を可能にしたピアノに喜んでこの作品を書き、ワルトシュタイン伯爵に献呈しました。

その喜びようが伝わってくる曲で、第1楽章を2回弾きましたが、午後8時近くになるまで夢中になってしまいました。

芯から冷えたので、夕食は火鍋にしました。今日は私がスパークリングワインを開けてみました。初めて開けたのに、いとも簡単に開いて驚きでした。「今迄の苦労は何だったのだろうね」とはじめさん。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ワイン wine, 音楽 music, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

ベートーヴェンの後期のピアノソナタに向かって

昨日は教室のお弾き初め会だったのでスノーシューイングはお休みにしました。今日は早く歩きたくてブランチの後すぐに運動公園へ行きました。歩きながら次に進むベートーヴェンのソナタのことを考えたりしていると、あっという間にトレーニングが終わってしまいました。

毎日トレーニング

日課にしていると、歩かない方が気持ちが悪くなるものです。スノーシューを手に入れてからは、雪の日の方が歩くのが面白く感じるようになりました。今日は少し風がありましたが、ソフトシェルのフードを予め帽子ごと覆うと風よけにもなって良い感じでした。

昨日は午後1時からのお弾き初め会でしたが、午前中にクロカン10㎞やってきたという小6のFちゃん。「疲れた」と言いながら、ダイナミックな演奏を聴かせてくれました。

ちょっと小樽まで

小樽から戻ってくると天気が回復しました。徐々に日が長くなってきているのが感じられます。

このトンネルを出ると余市町。トンネルの中から見るシリパ岬が好きです。

冬の海岸を見ると、行ったことはありませんがアイラ島もこんな感じなのかなと想像します。マッサンがウヰスキー作りに余市を選んだのは、アイラ島に気候や自然環境が似ているからだといいます。

夕食の前までピアノに向かいました。残り7曲のベートーヴェンのソナタの順を若い順から進めると、21番「ワルトシュタイン」、22番、23番「熱情」、29番「ハンマークラヴィーア」、30番、31番、32番となります。大切にとっておいた「ワルトシュタイン」と「熱情」の間にある22番は第2楽章構成の短い曲なので、それからでもと考えたり..。

スパークリングワインの栓が簡単に開いた

先日、何気に観ていたTV番組でスパークリングワインの栓の開け方をシェフが教えてくれました。はじめさんは「まさか」と言っていましたが、試してみると、1回反対側に回しただけでもう開きそうでした。今までの苦労はどこへ行った?という程、簡単。今度は私も試してみたいです。

血糖値が上がらない日


ヨーグルトに炭水化物が入っているので、食べた後はけっこう上がりますが、ご飯の替わりにミニ豆腐にするとかなり抑えられます。ピザは暫く食べていませんが、ピザのようなチーズ鍋なら全く上がりません。菊芋を薄くスライスしてジャガイモの替わりに食べています。

今年の目標は、早く後期のソナタを勉強できるように励むことです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ワイン wine, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

2022 お弾き初め会

午後から子供と大人の2部構成で、お弾き初め会を行いました。よほど楽しみにしていたのでしょう。張り切って集合時間より早く来る生徒さんが多かったです。

良い演奏を聴かせてくれた生徒さんたち

子供の部も大人の部でも最初にはじめさんとの連弾で始めました。ドビュッシーの小組曲から「小舟にて」。興味津々に子供たちも聴いてくれました。

いつもは元気いっぱいの4歳のJちゃん。今日は久しぶりに集まったので、ちょっと緊張していたようです。はじめさんも驚いていましたが、子どもたちが一生懸命に練習してきて、良い演奏を聴かせてくれました。

大人の生徒さんたちも素敵な演奏を披露してくれました。ショパンコンクールに魅せられたKさんはショパンのワルツ14番ホ短調を熱演してくれました。

私はドビュッシーの映像1より「水の反映」を演奏させてもらいました。20代に弾いたときよりも今弾く方が難しく思います。

演奏が終わって記念撮影をしました。

子供たちが選んだゲームは「ぐらぐらゲーム」。このゲームは久しぶりです。

とてもスリルがありますよね。なんと4歳のJちゃんが強かった!

ジャンケンやビンゴで景品をゲットした子供たち。久しぶりにみんなで集まって、とても楽しかったようです。

大人の生徒さんたちもスマイルで記念撮影。

なんと、大人の生徒さんも「ぐらぐらゲーム」をしました。子供たちに負けないくらい熱い戦いが繰り広げられました。楽しい一日でした。やっぱり音楽って素敵ですね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music | コメントする

ちょっと長かった冬休みもおしまい

午前中、いつものように運動公園へ向かいました。グランドでは私たちの他にも何人かが使っているような形跡が見られ、ちょっと嬉しい気持ちになります。ランチの後に歩いた方が効果がありますが、休みの間はリビングに腹筋マシーンを置いて食後に少しだけ筋トレをしました。

コースの途中で見たミニ雪だるまに癒される


昨日に続きコースはとても歩きやすかったです。子供がつぼ足で歩いたような跡がありました。可愛い雪だるまを作ったようです。

昨日よりも気温が低く、更に雪がしまったような感じです。スノーシューにはピッタリな雪質ですが、つぼ足だとちょっと埋まるようです。明日は教室のお弾き初め会なので、トレーニングは休み。明後日来たときにどうなっているか…。

田川橋の道路は綺麗に除雪されていました。

すっかり凍って雪が乗っている余市川。かなり気温は低いですが、歩いている時は、それほど着込まなくても寒くありません。ヒートテックを1枚プラスしているだけ。シューズが全く寒くないのが大きいのだと思います。

明日は「お弾き染め会」

ちょっと長い冬休みでした。明日は久しぶりに生徒さんたちがやって来ます。教室の新聞を書いたり、お弾き初め会の景品分けをしたり。会場作りをしたりの準備を午前中にしようと思います。

昨夜は友人からいただいた飲み比べセットでお正月続きのお刺身を食べました。

今日は大吟醸にしました。華やかで美味しかったです。2人で飲むのにちょうどいいミニサイズの可愛いボトルでした。ご馳走様でした!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

犬は雪が好きなのがよく分かった日

今朝は仕事始めの公民館へ電話をして発表会の予約をしました。毎年のことですが、予約が取れてホッとしました。朝からお天気が良く、早くランチを済ませて運動公園まで行きたいと思いました。食後に歩くのが一番効果があります。

冬は運転に神経を使う

家を出てすぐのイオンがある通りは車数が多いのもあり、綺麗に除雪が入ってわりと広い通りです。1月に入って珍しいほどの晴天です。

あっという間に2週間が経ち、まずは図書館へ寄ってから運動公園へ向かいました。ここに辿り着くまではとても狭いですが、駐車場は綺麗に除雪されています。除雪された雪は更に高く積まれて、グランドへ出るまでが大変になっていくという状況です。

最高のコンディション!

雪山に登って驚いたのは、雪がしまっていて、スノーシューが全く沈まないことでした。天気が良く、風もなく、素晴らしい景色が広がっていました。

真っ白な世界と静寂な世界

グランドへ来て見ると、私たちが作ったコースの上にワンちゃんの足跡がありました。左側の足跡はどんな動物のなのでしょうか。ベストコンディションは人間だけではなく、動物たちにも嬉しいようです。”犬は喜び庭(グランド)かけまわり”の喜びを表現した足跡がたくさん見られました。チロと散歩していた頃も、柔らかい雪山に飛び込むのが好きでしたね。チロを連れてきたかったなぁ。

スノーシューを買ってからまだ日は浅いですが、それでも今日はスノーシューの本領発揮を感じました。


昨日は吹雪いて修行でしたが、風もなく天気の良い日のアウトドアスポーツは最高ですね。


歩くスキーをする人と再び遭遇。なんと温泉側のフェンスを乗り越えてグランドに入って来られていました。冬季でもこういった場所は貴重だなと思いました。子供の頃から冬は苦手でしたが、逆手にとってトレーニングができ、雪を楽しんでいるのですから、スノーシューとは嬉しい出会いでした。

雪山を歩いてみたい

冬は大嫌いでしたが、コンディションが良い日のスノーシューティングは気分爽快。いつかこんな雪山を歩いてみたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

先が見えない不安とどう向き合うか

北海道にもオミクロン株が確認されたとのニュースに「ついに来たか」と思いました。回復傾向が見えていただけに溜息が出ます。

1月はよく降ります

ランチの前に運動公園に向かいました。道路は雪でどこもかしこも狭い。壁のようになっていて、運転するのが怖い状態です。しかも、このタイミングで出てくるのか?というドライバーや、狭くて擦り違えないのに、スピードを落とさず突っ込んでくるお年寄りドライバーがいて、本当に気を付けないと大変です。

昨日、綺麗に裏口のデッキがあった部分を除雪したそうですが、何事もなかったかのように雪で埋まっていました。物置にある林檎を取りにいった はじめさん。シャッターを開けると雪が雪崩れ込みそうです。

スノーシューを履いてトレーニングしてきたばかりだから、裏口へもスノーシューを履きたそうにしていた はじめさん。それにしても、お日様が差していると思ったら、唐突に吹雪になったりします。またコースは消滅し吹雪いて、今日のトレーニングは修行でした。

12月に雪が降らなかった分、まとめて降っているような感じです。まだ年が明けたばかりだというのに…。

また感染拡大で先が見えない不安

「ゆく年くる年」を観ていたときに浅草の浅草寺が人で人でごった返しているのを見て驚きました。オミクロン株が日に日に増えてきて不気味な状態だなと思っていたところ。本を読んでいると、はじめさんから「2月に長ければ1週間ほどの東京出張が入る」と連絡が来て唖然。猛反対しました。

2月にどうなっているのか先が見えず、東京本社にも都から出張などは慎むようにと連絡があり、結果的に2月の出張は見送りになりましたが、こんなことがいつまで続くのか…。

タンパク質不足ということで、ウォーキングの後に牛乳を飲むと良いときき、コップ一杯の牛乳を飲みましたが血糖値が跳ね上がりました。朝のヨーグルトでもけっこう上がるので難しいものです。しかし、夕食後に珈琲に牛乳を入れて飲むとそんなに上がりません。

松坂牛と飛騨牛の食べ比べ

昨夜は松坂牛と飛騨牛を食べ比べしたそうにしていた はじめさん。しかし、昨日の松坂牛で十分。今夜の飛騨牛もこれ1枚を半分こして丁度イイ感じでした。

これを2人分だとちょっとはじめさんには物足りないようだったので、この後にカールレイモンのソーセージを焼きました。ちょっとキャンプ気分も味わえました。しかし、いつになったら海外旅行へ行けるものやら。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする