ピアノの魔術師 / フランツ・リスト

ニュースを観ていたら、ピアニストの西村由紀江さんが東日本大震災で被災された方々にピアノを贈ったということを聞いて感動しました。

ピアノの音は人々の心を動かす魔法がある

西村由紀江さんが、そんな活動をされていることをニュースで知って立派だなぁと思いました。突然、ピアノを奪われ、もう生徒さんにピアノを教えられなくなるという絶望感は計り知れないものだったと思います。再びピアノ教室を再開されて本当に良かったです。

西村由紀江さんの演奏をみんな泣きながら聴きましたとコメントされてました。ピアノってやっぱりすごいと思いました。

私もコンサートで聴いたことがありますし、何年も前ですが毎年練習に行く岩内の荒井記念美術館のピアノで西村由紀江のコンサートがり、演奏されたままの状態になっていました。椅子の高さがかなり高かったです。

グループレッスン2本立て

昨日に続き、小さい子のグループと大人の生徒さんのグループレッスンでした。みんな熱心に練習してきて、お互いの演奏を真剣に聴き合っていました。

ライバル意識が良い方向に

誰でも上達して上手くなりたいと思うもの。小さい子も同じです。そして、お友達の演奏が上手だったら、すごい!と心から讃えている。そんなところが本当に立派だと思います。

260回くらい弾いたの?

小さい子もリストの「ためいき」の楽譜を見たいというので見てもらいました。一番前の生徒さんが手前の机にスコアを置いて、最初から最後までこんな感じで聴いてくれました。やっぱりリストは「ピアノの魔術師」ということを説明したのが大きかったのだと思います。

「せんせい、この曲は260回くらいひいたの?」と6歳のKちゃんが聞きました。
いやいや、そんな回数ではないと思います。

真摯にピアノに向き合う大人の生徒さん


6人参加の大人の生徒さんの部。ソーシャルな椅子の位置と換気に気を配ってレッスンしました。大人の生徒さんも真剣そのものです。

楽譜が5冊ありました!

はじめさん以外の生徒さんにスコアを見てもらって演奏。つっかえて弾くわけにはいきません。はじめさんが驚いていたのは、習ったばかりの高3の生徒さんが、しっかり楽譜を追えていたこと。ほとんどの生徒さんがそうだったといいます。流石にピアノの魔術師リストのスコアは難しいけれど、スコアを追っていける綺麗なスコアでもあるからだと思います。

6人の演奏と最後に弾かせていただいて60分かかりました。その後、15分くらい音楽ノートを使って聴音をしました。和気あいあいと楽しいグループレッスンでした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください