人前での演奏を積む

土日にレッスンがある時は、平日と違って朝が早い。私は、朝が苦手なのだが暫く続きそうだ。

朝一番は5歳の女の子から。近くのスーパーへ行くときに、その子が通う幼稚園を通るのだが、外で賑やかに運動を行なっている。「なにやっているの?」と聞くと、「うんどうかいのれんしゅう!」と元気よく答えてくれた。「いつ?」「あした!」。あっそうだったの。それで最近よく焼けているのだな。今日は肌寒かったけれど、明日は気温も上がるみたいだから頑張ってね。

続いて、忙しすぎる看護師さん。先日は久しぶりにグループレッスンに参加が出来て良かったとの亊でした。やはり人の演奏を聴いたり、人前で演奏する亊が励みになると思うし、頑張ろうという前向きな気持ちになるのだと思う。後藤ミカさんの「ブルグミュラーでお国めぐり」のコーナーに出ていただくので、ソロと連弾の2曲がありボリュームがある。譜読みの間は2台で練習していたが、1台のピアノで連弾してみると手がぶつかったりするから、スリリングだし、面白い。本当に子供も大人も楽しめる素敵なアレンジだと思います。

次は、久しぶりにレッスンの札幌から大人の生徒さん。練習が心配だったが、やはり間が開くとそれに比例して練習していない。レッスンの最後に、ダカンの「カッコウ」と彼女が弾くシューマンの「飛翔」を弾いた。「カッコウ」は面白い曲だと言い、小2の生徒さんが弾くというのを聞いて驚いていた。シューマンの「飛翔」は演奏効果が高いので、たいていの人は「おぉっ!」とか「スゴイ!」とかの反応がある。カッコイイ演奏が出来るように頑張って欲しい。明日コンクールに参加する中2の生徒さんと、はじめさんの3人でコラースの練習をした。そして、お客さんになってもらって、コンクールの曲を演奏してもらった。「えーっ」と言っていたが、明日が本番なのだから。前回よりも内容が良くなっていたし、演奏時間も8分半かかっていたのだが、8分になった。テンポがあがってスッキリとした感じ。欲を言えば、もっとインパクトのある演奏をして貰いたいが、よく頑張ったと思う。明日は無心になって、自分の音だけを聴いて、自分の世界を作ろう。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください