想い出いっぱい胸いっぱい

3歳のときから教室に通っていた生徒さんの最後のレッスンを迎えた。隣町から毎週こんなに小さいときから約10年通ってくれた。

最後のレッスン


このドレスはリストの「メフィストワルツ第1番」を弾いたときだ。まだ3歳で、一時もジッとすることが出来なかったNちゃん。いつもステージ横で生徒さんたちをみてくれた大人の生徒さんで頼もしいスタッフのKさんも諦めてしまうほどだった。

天使のように可愛いNちゃんは、いつもマイペースな子だった。カメラを向けるとアイドルのようなスマイル。

周りの子たちが心配しているけれど、本人はご覧の通り。(笑)

舞台映えする子で、後で何度も録画を観たけれど、ついNちゃんを観てしまう。そんな超個性的なNちゃんの最後のレッスンを迎えた。短いスパンで即興演奏を収録させてもらった。コロナで今月はグループレッスンも出来なかったので、シューベルトの即興曲Op.90-4を最後に聴いてもらった。

2011年の想い出「ニセコオフ」

無事に発表会を終えて、先日他界したKさんの叔母さんの別荘にみんなで集まった。最初で最後のニセコオフ。このときも楽しっかったなぁ。

集まる時の定番は小樽ビール。季節のビール「フェスト」がもうなくなるよ!と連絡が入り急いでお風呂から戻った。

はじめさんと作務衣を着て参加した。スクリーンテントでプロスト!夜はメチャクチャ冷えた。

いつもどんなときも楽しい想い出ばかり。胸がいっぱいになります。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 癒やし healing パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください