魔女の一撃にご用心

 

ピアノ弾きに多いギックリ腰。自慢ではありませんが、過去に3回ほど「魔女の一撃」を受けたことがあります。本当に痛くて痛くて、魔女の一撃といわれるほど激痛です。ピアノの練習は終わって立ち上がった時になったり、ふと瞬間になるのが恐ろしいです。きっと姿勢が悪かったのかも知れません。

 

今週末に遊びにくる予定だった友人がギックリ腰になってしまったと先ほど連絡があって、お気の毒にと思いました。痛さが分かりますからねぇ。実際、相当に痛いようでした。お大事にしてください。

今年はベートーヴェン生誕250年ということで、今日はピアノソナタ13番を少し弾きました。楽章の切れ目がない珍しいソナタです。上巻では13番だけ残っています。

カーネーションは目に良いお花だということですが、見ているとリラックスします。先日のお弾き初め会では生徒さんの演奏が良かったのですが、子供たちの「がんばりカード」からもよく練習しているようでした。目標を書いている生徒さんは意気込みを感じました。私もメッセージを書こうと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください