料理に少しだけ目覚める

大根菜のフリカケ(激辛)を作ってみた


午前中レッスン。新しい生徒さんは、ご実家のピアノを久しぶりに調律してもらって、ピアノが蘇ったそうです。ドビュッシーを弾いてみたいということで、「夢」をチョイスしました。ムード曲っぽくてイイですよね。


ランチはCMでもお馴染みのマルちゃん正麺を使ってチャチャチャっと作りました。でも、麺はハーフなので野菜炒めの量がスゴイから30秒は無理。昨日、大根菜のフリカケを試作品は味が薄かったけれど、ラーメンのトッピングに良かったです。

本日のおやつは「ハックナイン」。これで一玉です。大きい!

昨日の試作品から判断して新たに大根菜のフリカケにチャンレジ。竹輪、白ごま、干しエビ、しらすを入れました。辛みもプラスして我が家は激辛。

大根菜はみじん切りにして、めんつゆを入れてラー油で炒めます。水分を出来るだけ飛ばすのがみそ。焦げないようにするのが難しいけれど、出来るだけカラカラにパラパラに。


完成!炊き立てのご飯だったのもあり、ご飯が進みます。以前、九州から取り寄せていた「高菜」に似ていて、メッチャクチャ美味しくてビックリ。私って天才か!と思いました。いやいや、誰でも簡単に作れます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください