ユニゾンは意外と難しい / ハノンを効果的に使う

右手と左手で同じ音を弾くことをユニゾンといいますが、同じを弾くのは意外と難しいものです。左右対称の指で弾くから脳が混乱するのだとか。

ユニゾンで弾くスケール

かなり高度な曲を弾く生徒さんでも、ハノンの4オクターブのスケールは苦戦して、ハ長調ですら難しく壁になっていました。

ショパンのバラード1番のコーダに出てくる急速なスケール。私は左手の親指を意識して弾きます。オクターブずつ区切るのも効果があると思います。

ハノンを全部弾いていたときもありましたが、時間が勿体ないので、何を練習するべきなのか、上手に取り出して練習した方がベストだと思います。

ユニゾンの練習は1番~20番、スケールの全調練習、もしくは練習している曲の調。生徒さんのレッスンでは何調かを尋ねてから、スケールを弾く練習をしています。

レッスンの中で短い初見演奏も取り入れています。すばやく運指を決め、正確に弾く練習をすると譜読みが早くなることに繋がるのでメリットがあります。

練習の後のランチ

鴨とニラの温かいお蕎麦のランチ。お蕎麦はうどんよりGIが低いそうですが、ほんの少し食べただけでも確実に血糖値が上がるので、素早く歩くようにしています。以前は大盛を食べていました…!

春の雪山が美しい

今日は残念ながら曇り空。それでも少しは発電しているようです。グランドを歩いていると、雪山が綺麗で思わず写真を撮りました。

若い時にGWに知床を訪れたことがありますが、5月だというのに流氷が見れたことを想い出します。街を走っている時、ずっと見えている白いガードレール?が気になり、それが流氷だと分かって驚いたものです。

絶対もらえる!?


トレーニングの前にイオンに寄りましたが、はじめさんは「絶対もらえる!」と書かれていたのでブラックコーヒーを2本買いました。しかし、人数に達してもらえず目を凝らしてよく見ると小さい字で書かれていたそうです。

こちらのキャンペーンは先着20万人に達したのでクラフトボスを購入してもポイントはもらえません。ご注意ください。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 旅行 travel, 花 flower, 癒やし healing パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください