バランスが崩れると大変だ!

私はレッスンを休むことがないくらい、風邪をひいたりなどで病院へ行くことは少ないのですが、歯医者さん通いは多いように思います。

完治したと思っていたのに

右上の奥歯には長いこと長いこと苦しめられ、3件目の歯医者さんで抜きました。そこでは、早く見切りをつけることが大切だといわれました。

今は生徒さんの紹介で自宅の近くの歯医者さんへ通っています。抗生物質を飲めば痛みは治まるのですが、薬が切れると痛み出す。長年の痛みや時間の浪費を思い出し暗い気持ちになります。

様子をみて10日後に再来

痛みが治まらなければ、造った歯を壊さなければならず、そうなると全てのバランスが狂ってくるといいます。前歯が折れたときに、何度か通ってようやく安定してきているのに。それも無駄になるのかも知れないと…!

治療期間は3カ月くらいになるとのことで、もう真っ暗な気持ちになりながらフリードに乗ると、「3分後に豪雨です。お気を付けください!!」とフリードに告げられ、空も真っ暗でした。そして、帰宅したところで豪雨になりました。やれやれ…

歯の根の治療は時間がかかる

神経に近いから痛むと集中してピアノを弾けないし辛いです。発表会前でなくて良かったと思いました。ブリッジになっているので、被せているのを壊さなければ中を見れないのだそうです。写真には問題であると思われる箇所が確認できますが、実際に中を見ての判断になるのかもしれません。

ムシャクシャしながら「月光」ソナタを弾くと少し気が晴れてきたので、夕食時間を少し遅らせてピアノを弾き続けました。

ヴィエリチカのお塩をケースに入れて

ポーランドの有名なヴィエリチカのお塩。袋のままだと、やっぱり使いづらいのでハーブ塩が空いた瓶に入れて使うことにしました。色々あるのでお料理に使えます。それにしても、小分けの袋の枚数を告げると、店員さんが物凄く驚いていたことを思い出しました。(結局は20枚くらいもらったのですが。)

見ているだけで元気が出るパプリカ

急に肌寒くなって、歯医者さんではご高齢の方のために暖房が入れていたのではないかと思いました。私には暑かった…。母が暮らしているホームでも暖房費がかからないのは2カ月くらいで、毎月8,000円もかかるのでびっくりします。確かに、夏でも寒いと言いますから仕方がないですが、年金だけでは足りないですねぇ。

真っ赤なパプリカを果物籠に入れて元気が出るように観賞用にしています。歯の痛みが治まればいいなぁ。10日後に大ごとにならなければいいなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, 癒やし healing パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください