ミモザの香りを纏って

先日、お買い物をしてお店を出ようとしたときに、ふと「ミモザ」が目に留まった。ちょっと急いでいたので、買わなかったことを後悔しました。明るくて優しいお花です。有名なゲランの香水「シャンゼリゼ」がお気に入りで、ミモザの香りなのです。久しぶりに「シャンゼリゼ」を纏って過ごすのも良いなぁと思いました。

シャンゼリゼ通りをイメージしたフレグランス

老舗ブランドであるゲランの325番目の香水「シャンゼリゼ」。美しいボトルを眺めているだけも素敵です。自由と永遠と陽光の香りなのだとか。

 

来週、公立高校の入試を控えているRちゃんのレッスンでした。北海道は昨日から1週間の休校で、ちょうど最終日の3月4日が試験日なのです。本人は学校が休みなので、昨夜突然の全国一斉休校の話は全く知らないようでした。まぁ、どうなるかまだ分かりませんけれどね。

来週が入試でもピアノを弾くと落ち着くのでしょう。よく練習していてびっくりしました。そして、良い音で弾くので、Rちゃんの演奏にとても癒されました。

ミモザの香でリラックスして

昨日ブログに書いたアルベール・カミュの「ペスト」が売れているそうですね。ジョージ・オーウェルの「1984年」も、まるで未来に起こることが見えていたのだろうかと驚くくらい今まさに同じことが起きています。

休日はミモザの香に包まれてリラックスしたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください