指を思い通り動かすのは楽しい

黄色い林檎のイメージ

余市産の林檎「陸奥(むつ)」。黄色の林檎はほとんどが柔らかい触感で甘いので、私はあまり得手ではないのだが、必ずはじめさんが選ぶのだ。私はパリっと固くて、やや酸味のある林檎が好きです。林檎が切れたので林檎屋さんに行こう。

ドライフラワーと合わせて生花を飾ります。昨日は大寒でしたが、思ったよりも寒くなく道路の雪も解けていました。今日もお買い物から戻ってくると家の中はポカポカで、しばしストーブを消しました。

ユニゾンで16音符を弾くのは楽しい

指練習のような「ハノン」でも明るい気持ちで弾くと、音が活き活きして楽しいです。無機質な練習は表情も暗くなり辛くなるばかりなので、「ハノン」でさえも楽しく弾いて欲しいです。実際、指を動かすのは楽しいでしょう?


スケールだってアルペジオだって良い音で弾くと気分がいいでしょう。枯れたお花だって、ドライフラワーとなって復活できるのです。

歌うように、語りかけるように、活き活きとピアノを奏でましょう。繊細な音もダイナミックな音も自由に。心地の良い音で演奏しましょう。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください