圧倒的な歌唱力とスター性に魅せられた西城秀樹「伝説のコンサート」

先日、Twitterで話題になっていた「伝説のコンサート~西城秀樹デビュー50年スペシャル」を録画しておきました。10月2日夜7時30分から3時間20分にわたり放送されたもので、襟裳から戻って録画をはじめさんと観ましたが、やっぱり本物のスターは凄い!と感動しました。

存在感が半端ない本物のスター

小学生の頃、あまり歌謡曲などの番組を観るのが好きではありませんでしたが、「傷だらけのローラ」をクラスの天才Kが、ハスキーボイスで口ずさみ、器楽演奏でそれぞれの楽譜を作ったりして演奏したのを覚えています。高校時代の親友も大ファンだといっていました。

音大のときはデパートのオープンのときに「チアガール」のアルバイトをして、「YMCA」を踊ったことがありますが、あれは物凄く体力を使いました。

西城秀樹さんは、熱傷しながら激しくダンスして息も切らさずに51曲も歌い上げる、その歌手魂にただただ魅せられました。

改めて聴くと、圧倒的な歌唱力だなと思いました。紅白のデビューなどは、とてもデビューとは思えない貫禄だと、はじめさん。

抱きしめてジルバ

知らない曲も沢山ありましたが、51曲を歌い切るその姿は美しく、最後の方は知らず知らずに涙が出ました。

ケアレス・ウィスパーが大好きで、西城秀樹さんがカバーした「抱きしめてジルバ」が素敵でした。”洋楽カバーの第一人者”としての側面もあったのですね。ワムの「Y・M・C・A」のカバーであり最大のヒット曲「YOUNG MAN」もイイですね。それにしても、改めて歌がとても上手い人だったのだなぁと思いました。

余韻に浸りながら

午前中ウォーキングに出掛けました。曇り空のした、グランドではクルクルと芝刈りの車が。

初めて目撃しましたが、このように草を刈っているのだなぁと思いました。グランドを2周して田川橋を渡っているとポツリと雨が降って来たので、急ぎ足で歩きましたが、ポツリだけで済みました。

黒豆納豆・しその実・ふのりの黒いお蕎麦。身体に良さそうなものばかりで美味しかったです。明日も元気にピアノを弾こう!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, ウォーキング Walking パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください