アレルゲンが判明した

私は健康が取り柄で、今年で教室は20周年を迎えるのだけれど、今までレッスンを休んだ事がない。しかし、この半年は、突然指が痒くなったり、目が痒くなったり、皮膚科、眼科へと通った。そして、熱は出ないのだけれど半年も続く咳に不安になり、近くの内科へ行って調べてもらった。

1週間分の薬をもらっても効果が出ず、翌週はレントゲン検査をしたのだが、肺炎ではなかった。風邪ではないことが判明し、しばらく薬を変え様子をみていたが、やはり咳が止まらない。レッスンで一番困るのは、咳き込んで少しの間、話せなくなり、生徒さんが心配することだ。

ある日、ご父兄に「アレルギーかも知れないですね」と言われ、先生に相談して血液を調べてもらった。その結果が今日出て、私は目を疑った。アレルゲンは「ユスリカ成虫」だった。ユスリカ!?先生は水槽でお魚を飼っていることは知らないので、ウォーキングの時に川を歩く事が原因ではないかと。しかし、帰宅してはじめさんに言うと、すぐに「これは水槽関係だ!」と叫んだ。

ネットで調べてみると、お魚たちが好んで食べる「アカムシ」はユスリカの幼虫で、これでアレルギーを起こしている人が居ることを知った。「ユスリカ喘息」というものらしい。毎晩、お魚たちに、おやつをあげる感覚で、乾燥イトミミズと乾燥アカムシをあげるのが私の日課なのだが、まさか「アカムシ」が原因だったとは…。

かなりショックである。そういう事で、今後、私がお魚たちに「アカムシ」をあげる事はできなくなり、今晩からはじめさんに代わってもらった。無くなったら、もう「アカムシ」は買わない。ごめんねお魚たち。イトミミズより大好きなのに。それにしても、指が痒くなったり、結膜炎を起こしたり、咳が止まらなくなったりの原因が判明して、全てに繋がっていた事も分かり、改めて恐ろしいものだと思った。人に移らないとはいえ、早く咳が止まりますように。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 熱帯魚 aquarium パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください