腑に落ちない日

 

今日は午前中のうちにお買い物と先日行った発表会の会場費を納めに行った。勿論いつもは開催前に納めるのですが、コロナの影響で貸せるか分からないので発表会が終わってから支払ってくださいといわれていました。

そもそも全く事前説明が無い

コロナ渦の中、発表会を開催できたことは感謝ですが、事前にいわれていたことといえば、舞台には15人までと換気が悪い密閉空間の楽屋は使用禁止という2点でした。しかし、貴重品を離れた場所に置けないのとドレスの着替えで楽屋は必要だと判断し、それは了承してもらえました。

今日は会場費の支払いをするだけで済むと思って出かけたのですが、いきなり若い男性から「終わってから客席の除菌はしましたか?」でした。これは、当日になって300席と使った物を全て除菌掃除をしてといわれたので、スタッフのみなさんにお願いして行いました。

パイプ椅子のレイアウト

とにかく、何かとんでもないことをやらかしたみたいな事をいわれたので一体何!?と思いました。「とにかく、見てもらったら分かります」といいます。そして、なんと館長まで登場して「椅子のレイアウトを勝手に変えたでしょう?」というのです。

「演奏後に舞台で記念撮影をするときに会場の椅子を並べました。だから多少はレイアウトが変わっていたかもしれませんね」と私。しかし、会場の後ろに5席並べて置いたあったので、お客さんが5人並んで座ったのではないかというのです。

固定されていないパイプ椅子とその除菌掃除

そもそも事前の連絡はまるで無しだったので、いつもならそんなにかからない掃除の時間も全席の除菌と使ったところ全てをスタッフのみなさんが行うはめに。しかし、これって会館の仕事なのではないでしょうか?岩内でピアノをお借りする場合でも弾いたあとに除菌してくださいなんていわれませんでした。

更に2階席に人を上げないようにしましたか?といいます。これも事前に何も注意もないし、そもそも2階席で写真やさんとスタッフの生徒さんがビデオ撮影をしているので、ご父兄にも上がらないようにしていただいています。

事前に使用注意のパンフを配布するべき

前日に電子ピアノの搬入があったので300席によるレイアウトを知りました。一番驚いたのは、請求金額が例年より15、500円も高く要求されたことでした。前日の調律やエレピの搬入に伴い楽屋に荷物を置いた時間、さらに演奏後の後片付けの時間まで要求されたためでした。絶句でした…。そもそも会館側がきちんとピアノを管理していれば、Sさんが2日がかりで調整する必要はないのです。

まぁオトナシイ人なら請求されたままに支払うのかもしれませんが、私は抗議してきました。どう考えてもおかしいことだらけだからです。まるで後出しジャンケンのようで黙ってはいられませんでした。

はじめさんに聞くと、後ろに5席並んでいたのは2階席をブロックするために使ったようで、それを元に戻さなかったことが原因のようでした。それにしても、このレイアウトを一ミリたりとも動かさないでほしいのなら、事前に知らせて欲しかったです。パイプ椅子は動きますから。

換気が悪いので会場のドアは開け放ち、緞帳は壊れて使えないし、雨漏りの音がうるさいので、こちらで改善までしました。音楽発表会ですからね。コロナ以降ここを利用したのは私の教室だけのようですからピリピリしていたのかもしれませんが、29回も利用しているのに…。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください