右手と対等な演奏を左手に

午前中、玄関を出るとムワッという感じの暑さでした。いくらなんでも暑すぎじゃないでしょうか。

両手で弾くために左手を強化しよう

生花とドライフラワーミックス。暑いので、お花が持ちがわるいですが、綺麗にドライフラワーになっていました。

練習はただ両手で弾くだけでは、脳が覚えてくれません。脳から手に指令ができて初めて指が言うことを聞いてくれるのです。

ピアノは脳トレーニング

今季はガムシャラに練習するのをやめました。1時間くらい集中して練習しています。以前の自分なら考えられないですが、本を読む時間も大切にしています。

それにしても、ピアノって脳トレですよね。ピアノを弾いていると認知症にならないと思います。ピアノを弾くことで脳を鍛えているともいえます。

集中してピアノに向かう

まぁ1時間を3回くらいやりますが。出来ないときは1回のときもあります。以前の自分だったらこれは驚くほど短い。

左手が右手の足を引っ張ている

生徒さんが何故弾けないのを考えながら弾いてみます。左手が感覚で弾いていて、恐らく左手を弾きながらメロディーを歌えてないのかなと思います。

左手が右手の足を引っ張っているなんて思いもよらないのかもしれませんね。手なのに足を引っ張るなんて。でも、いまいちど左手だけ弾いてみてください。スムーズに弾けるようになりますよ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください