赤と黒な気分。スタンダール!?

グループレッスン2本立て

小さい生徒さんと大人の生徒さんの2本立てでした。今年度最後のグループなので各回とも活気があります。

札幌や小樽はインフルエンザが流行っているようですが、余市方面は皆無だそうです。みんな元気で張り切ってレッスンにやってきました。

 

小さい生徒さんにはシューベルトOp90-1は長いかなぁと心配でした。9分以上かかったと思うと話すと、「えっ、短かったよ」「5分くらいに感じた」とコメントがあり、けっこう真剣に聴いてくれました。

大人の生徒さんの時は、はじめさんに譜めくりしてもらいました。新しい生徒さんも加わり、賑やかで楽しかったです。

私の中では「ハ短調」は赤と黒なので、ちょっと意識した衣装にしました。でも、スタンダールの小説「赤と黒」って、小説の中ではその意味を語っていないのですよね。それもまた興味深いなぁと思います。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください