モノトーンな景色/NIKKAシングル・カスク

DSC_2565 DSC_2570

昨夜は我が家のワインの日だった。「おうち海鮮丼」と山梨のワイン。みどり色のは「ホッケの子」で珍味中の珍味だと思う。「フジクレール ルージュ」はソフトな赤ワインで海鮮丼にも合いました。

DSC_2581

アップルブランデーに浸かった林檎の試食会。このままだと大人な味過ぎて無理でした。

DSC_2583

三温糖とシナモンを加えて、あっという間にリメイク。これでも十分、大人な味です。贅沢なジャムという感じ。

DSC_2575

2合炊いた酢飯の残りと、ディチェコの太麺パスタが少し残っていたので、はじめシェフにオーダーしてみた。

DSC_2576

ボリューミーなワンプレートが完成しました!それにしても、オーダーした通りの物が出来て驚きました。

DSC_2584 DSC_2585

夕方、ちょっと外へ出てみた。コロコロとした雀が木に止まっていました。

DSC_2586

NIKKAへ向かって歩いていると凄まじく雪が降ってきました。

DSC_2587 DSC_2588

北海道の人間は、どんなに雪が降っても傘はさしません。雪だるま状態になって到着。

DSC_2590

今年初のNIKKA。わっ、シングルカスクじゃないですか。11日からスタートしたようです。

DSC_2591 17-01-15-16-54-28-403_deco

10年の方を飲みましたが、せっかくなので5年も半分ずつ飲んでみました。飲み比べると全然違うものだなぁと改めて思います。我が家にもシングル・カスクが1本在りますが、勿体なくて開けられずに保管しています。当時は思い切って申し込みましたが、未貯蔵、5年目、そして完成品が2本も届いて、凄く得したなぁと思いました。

シングルカスクとは、一本の樽から出したままの原酒のことを言います。 蒸溜所では、樽の材質、使用回数、焼き方、サイズなどを変えて貯蔵することで、様々な個性を持つウイスキーを作り出しており、樽が異なればその味わいもそれぞれ変化します。 なお、一本の樽から出されるウイスキーの量は、750mlのボトルにして僅か450本弱。

DSC_2595 DSC_2597

久しぶりに無料試飲コーナーでも行ってみましたが、何だか色々変化がありました。帰宅途中にミスドがあるシアワセ。しかし、今月いっぱいというのが寂しい。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 食事・食べ物 food, お酒 drinking, 癒やし healing パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください