熱帯魚との暮らし

R0015071-2 R0015344

昨年1月。B型人間のはじめさんが内緒で突然、熱帯魚を飼った。
通販でドイツ・イエロータキシードのグッピーたちが届いたのには驚いた。
そして、第2弾も内緒でミックスプラティが届いた。この中にミッキーマウス・プラティが
一匹入っていて、2月5日に稚魚が10匹生まれた。左の写真。
右の写真は3月11日。約1ヶ月後の成長した稚魚。

R0015619

5月7日、60センチの水槽に引越し。大きく育ったオスの「おーちゃん」

DSC_0293 

 
8月11日の60センチ水槽はプラティとグッピーたちが混泳していて
とても賑やかで華やかだった。おーちゃんも元気そのものに見えた。
ところが、それから間もなくのこと。おーちゃんの尻尾に白っぽいものが見え
それから、その部分が溶けていくのだ。初めて知った病気「尾腐れ病」だった。
初心者のはじめさんは、大したことはないだろうと思っていたようだが
この後、水槽に異変が起こり始めた。まずグッピーのオスが次々と急死した。
グッピーの父親「ぱく」も急死してしまった。それからプラティのメスも見た目には
なんでもないのに急死した。おそらく「えら病」にかかっていたと思われる。
それから隔離病棟に移った「おーちゃん」。尻尾が縮んだり伸びたりを繰り返し
大丈夫かと思い、再び60センチ水槽に戻したが、「尾腐れ病」は治らなかった。
以後、隔離病棟で暮らし、一緒に生まれたミッキーマウス・プラティのメスが3匹とも
死んでしまったが、おーちゃんは年を越して頑張っていた。
そのおーちゃんが、昨日の朝。身体を横にして苦しそうにしていた。大抵はそうなると
あまり持たない。あるいは気がつかないうちに亡くなったりしていた事もあった。
しかし、おーちゃんは今日も横になりながら、生きようと必死だ。倒れた身体を何度も何度も
起こそうとする。人間の側から見たら苦しそうで可哀想だけれど、生きようとするおーちゃんの
ファイトは凄い。静かに見守りたいと思う。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: 熱帯魚 aquarium パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください