酸味と苦みがベストマッチ「キリマンジャロ」

忙しい日々に欠かせない珈琲

午前中レッスン。土曜日を希望する生徒さんは意外と多く、その週によってスタート時間が変わります。

新しく入った生徒さんのレッスン。今日はお父さんも見学に来られました。予定通りピアノの中を見てもらいました。やっぱり中を見ている時に弾いてみると、鍵盤が動くので驚いていました。小さい子でも、ピアノの仕組みを理解するのは、とても大きな事だと思います。

カルディで買った「アンティチョーク」のオリーブオイル漬けが美味しかったです。残ったオリーブオイルでランチはパスタにしました。材料は、べーコン、焼きたらこ、玉葱とピーマン。シンプルが美味しい!

食後の後の珈琲は「キリマンジャロ」を淹れてもらった。珈琲の専門店では必ず注文するのに、家では久しぶりに飲んだ。やっぱり「キリマンジャロ」が好きだと再確認。

忙しい毎日で、お買い物に行く予定もキャンセル。午後8時過ぎの夕食。今日は天気も良く、フリードで出掛けたい気分だったが叶わず…。せめて夕食はシャブリを開けた。スッキリとした白で流石の美味しさ。

キャプテンスタッグでの食事は、焼けるまでに時間がかかるので、ワインとちょこっとサラダなどが必要です。明日はフリードで出掛けたい!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ワイン wine, 食事・食べ物 food | コメントする

第2楽章が面白い

ピアノの中はどうなってるの?

明日のレッスンに備えて、グランドピアノの上に乗っかている色々な物をどけて、蓋を開けました。蓋を開けると結構高さがあります。

この空間で手を鳴らしたり、声を出したりすると、洞窟っぽい感じがします。中を見てもらっている時に、ちょっと弾いてみます。子供の表情を見るのが好きです。ペダルを踏んだりしたら、もう大変です。(^-^)

第2楽章を弾くのは面白い


ベートーヴェンのピアノソナタ4番第2楽章。休符がとても多く、音価が細かいのでメトロノームを使って練習。♩=40でも慌ただしい感じになるので、♪=76くらいが良い感じ。

ケンプは同じくらいの速さで、バレンボイムは、もっとゆったりです。僅か3ページですが演奏時間は8分もかかります。先日の体験レッスンで休符の話をしたのですが、人生経験が豊かな男性から良い感想を聞きました。

”休符というのは「間」なのでは?動きの中に「間」を表現するのは難しのでは?”と、おっしゃったのです。流石ですね。休符を「無」と勘違いする人が実に多いのに、「間」だと感じるとは!

4番の第2楽章を弾くと、ベートーヴェンのつぶやきというか、語りが聴こえてくるようで面白いです。学生だった頃は第2楽章のレッスンは、あまり受けた事がなかったのですが、全曲演奏する上で第2楽章の存在は、とても大きいと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music | コメントする

Yamazaki Winery Merlot

大地の味がするワイン


今朝は吹雪で気温も下がり寒かったです。風邪で2人欠席でした。それでも、厳しい寒さは、あと1カ月くらいだと思えば、少しは気がラクになります。


最期は忙し過ぎる看護師長さん。お弾き初め会で2曲披露され、今日から新しい曲にチャンレジ。新しいテキスト「24の調の練習」にも入りました。

午後8時過ぎの腹ペコ夕食。ついに「山崎を開けたい気分」になった。かなり真剣な顔をしてコルク栓を抜く はじめさん。テーブルワインのほとんどはスクリューですからね。


赤ワイン用の大きなグラスを出しました。ボトルも素敵だけど、コルクまでお洒落!選んだのはメルロー。ピノが有名だけど、さんざん迷って選んだだけあって流石に美味しい!そして、メルローだけど、酸味もある。

自家栽培100%の葡萄で造られた山崎ワイナリーの拘り。力強さを感じるワインです。最期に樽の香りがした。今度は絶対ピノを買おう。でも、また迷うと思うなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine | コメントする

新しい生徒さんが2人入会!

老若男女が楽しめるピアノの魅力


お弾き初め会が終わってから、新しい生徒さんが2人入会されました。4歳の女の子と古希を迎えられる男性。


大人の方の場合は、まず電話するのもかなり勇気が要る事と思います。まさに意を決してかけてこられるのだと思います。だから、すぐにリラックス出来るようにしたいものです。

お嬢さんが弾いていたピアノを名古屋から余市に運んだのだそうです。運賃は買ったピアノと同じくらいかかったそうです。大切にされてたのでしょうね。

ピアノは88鍵あって、中央のドはどこか?低い方からドの音を全部鳴らしてもらう。ト音記号とヘ音記号について説明。実際に楽譜を読んで、数えながら弾いてみる。今日は、こんな感じで、体験レッスンは小一時間ほどかかりました。

出来ればアコースティックピアノで


4歳の女の子は目を輝かせながら、高い音から一気に低い音を弾くのが面白かったようです。すぐにペダルの効果も体験してもらいました。

ペダルを踏みながら弾いて、最期に和音を鳴らし手を放しても音が鳴っている。そして、ペダルから足を放すと音が消える。

これは見学されていたお母さまもやりたそうでした。ピアノって、まず面白いんだなと思ってもらわないと。次のレッスンでは蓋を開けて中を見てもらいます。


体験レッスンを終わって、うっかり次のレッスン日や時間を書いたレッスンノートを渡すのを忘れて、フリードで追いかけました。(笑)

雪道なので、ご自宅まで送ると、「ピアノ見ていく?」と、おっしゃいます。せっかくなので、名古屋から持ってこられたピアノを見せてもらうことに。リビングに置いてあったアップライトピアノは想像していた通りピカピカ!

お孫さんがゲームをやっていたので、どんな音がするのか分からなかったけれど、学校が始まったら、思う存分に練習されるのだろうと思いました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano | コメントする

理不尽な事に遭遇したら

理不尽な事にも腹を立てず

 

生きていると、あまりにも理不尽な事に直面することがある。つい先ほどまで「OK!」と言われたのに、今度は「NO!」と言う。

直接、顔を合わせずにメールなどのやり取りだけで事を進めると、険悪になる事がしばしばあるといは聞いていたけれど、そういう事なのだなと初めての経験に戸惑いと呆れがああり、今日は意気消沈している。が、こういった事もポジティブに捉えていかなければならないのだろう。そんな事が「おみくじ」にも書いてあった事を思い出した。

気持ちの切り替えを早く上手に

理不尽な事に遭遇したら次に生かして対処する事だと思う。無駄な事だったと考えず、経験だったと思えば…と、言い聞かせても、ため息が出た。

どんなに腹が立っても、レッスン前には切り替える。音楽は不思議な力を持っていると思う。腹が立った時は、いつものようにピアノを弾いて怒りを鎮める。悲しい時もピアノを弾いて乗り越える。そして、良いレッスンをする。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 花 flower | コメントする

ポールジロー/ 希少なコニャック

世界3大ブランデー

大ブランデーのアルマニャック、コニャック、カルヴァドスと何故かボウモアブラックロックなど9本を大人買いした はじめさん。(+_+)

ポールジロー

ちょっとずつ飲み比べしてみたが、どれも美味しい。お手頃な中に「ポールジロー」という希少で高級なコニャックがあった。6つのコニャック地方の中でも最高峰として知られるのがグランシャンパーニュ地区。

「ポールジロー」を飲む前に、「バロン オタール」を飲んだのだが、コストパフォーマンスといい、コニャックならこれで良い!と思った程だったのに、「ポールジロー」は別格だった。ボトルだけならオタールの方が高級感があるけれど、風味や味わいが異次元。もうトロトロなのだ。うまく表現できなくて、ごめんなさい。

お値段は高いけれど、一度は飲んでおくべきコニャックだと思う。ストレートで、ほんの少し舌にのせるような飲み方で十分だと思う。1本開けるのに時間をかけて楽しめると思います。

 

今日は午前中レッスンでした。昨日は休みでしたが、3連休とかあまり関係なく忙しい。毎月14日は我が家の「ワインの日」なのだけれど、夕食が午後9時過ぎになってしまった。十勝のハムセットの内容が凄すぎて、やっとベーコンに辿り着いた。シンプルにキャベツとジャガイモと炒めるだけでご馳走です。

ワインセットの中から選んだのは初めて飲む「夕映えの城  赤」。白なのか赤なのか紛らわしいネーミングだけれど、樽熟が好きな はじめさんが好きなタイプのワイン。山幸38%なので酸味があって、面白いワインでした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ワイン wine, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

ニセコへドライブ

新鮮な野菜と水汲み

1月にドライブは滅多にしないけれど、快晴だったのとお水が無くなったので、ついでに野菜も買いに行こうということになりました。1月なのに、道路に雪がほとんどなくて驚きました!

キャベツ、白菜、ジャガイモ、ニンジン、ほうれん草、ビーツ、大根、鷹の爪などを大きな袋に4つ。3,000円は軽く超えるなと思っていたら、3,000円でおつりが来ました。安っ!

お腹が空いた はじめさんは「糀玄(こうじげん)」というのを売店で買っていました。これは600円。砂糖不使用なのに自然な甘さがあって美味しかったです。身体に良さそうなドリンクです。

ちょっと新しいお店に行ってみようと冒険してみましたが、オーストラリアの人たちが住んでいる別荘街みたいな場所をナビが案内します。話には聞いていたけれど、ここは何処!?という感じで異国情緒が漂っていました。スキー客で混雑していたのでパスしました。雪がないシーズンで行ってみたいと思います。

タージ・マハールでランチ


タージ・マハールにきました。駐車場は混雑していまたが、広々としたお店です。インド人のシェフが作るカレーは本格的で美味しいです。

「カルカッタセット」にしました。A型の私は、いつも同じメニューにする傾向があるというので冒険してみました。最初に出てきたスープから絶品!魚介のスープだったのです。


ナンが大きいです!激辛にしましたが、日本人に合わせた激辛なのでマイルドです。それでも、店員さんが心配して「辛さは大丈夫ですか?」と聞きにきてくれました。「美味しいです。まだ辛くても大丈夫です」と言うと、辛み成分を、わざわざテーブルに持ってきてくれました。本場では辛さは100倍まであるようです。激辛は10くらいかな。

赤い辛み成分だけ舐めてみると、辛いというより酸味がありました。タンドリーチキンも美味しく、カレーライスも美味しい。ふと、はじめさんを見ると汗だくになっているではありませんか!やっぱり激辛なのでしょうね。スパイスが決め手の本格的なインドカレー、美味しかったなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, 食事・食べ物 food | コメントする

体験レッスンの準備をしていると体験レッスンの予約

楽譜と珈琲豆の調達に走る

先日、電話で予約があった体験レッスンの準備をしつつ、10時からのレッスンに備えていると、電話が鳴った。古希を迎えるという方からの電話で、ピアノは娘さんが習っていた時のピアノがあって、ずっと気にっなっていたとの事。

今朝のスタートは、お弾き初め会に出られなかった生徒さんから。弾く予定だった曲を弾いてもらうと、ちょっと気持ちが離れてたようでした。有名な2曲なので、しっかり完成させて2月のグループレッスンで披露してもらうことに。

4歳のお子さんの体験レッスン。リビングに在るピアノは「アップライトピアノ」いいますと伝えて言ってもらうと、可愛い声で「あっぷらいとぴあの!」と滑舌よく言うので驚きました。音楽にとても興味を持っていて、目を輝かせながら弾いたり、歌ったりしてくれました。お母さまも楽しそうなお子さんの様子をみて、入会を即決されました。

楽譜を補充して、ロイズで一休み。バレンタインデーの飾り付けが可愛い。それから珈琲豆のコッコで春までの分をドッサリ買って、ワークマンで除雪の作業着を買って帰宅しました。


冬ですし、3連休だけど関係なくレッスン。今日はアルマニャックやコニャックをはじめさんが飲み比べたいそうで、お手頃の銘柄が色々届きました。


今晩もキャプテンスタッグで焼き焼きとヌーヴォの夕食を楽しみました。今日は楽譜と珈琲豆の調達に久しぶりにフリードでドライブ出来て楽しかったです。コッコで店主の開口一番は「高速乗った?」でしたが、手稲までだったので乗りませんした。お互い、まだ乗っていないんだよねと苦笑い。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, ワイン wine, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

Days of Wine and Roses

何故、酒と訳してしまったのだろう?

久しぶりのフランスワイン。お正月にシャブリと一緒に買った。ミディアムボディだけど、フルボディに近い感じの重たさが良い。「アンセデューナ マルスラン」


寒いのでクリームシチューを作り、たまにはパンにしようと思った。胡桃がたっぷりと乗って、メープルシロップがかかっているお菓子のようなパンが、重たいワインに合う。

「やっぱり一番好きなのはワインかな」と、はじめさんがポツリと言う。私たちは趣向が似ている。私も、やっぱりワインが一番好きだと思っている

「それにしても”酒とバラの日々”の酒ってワインでしょう?何故、酒と訳しちゃったのかなぁ。ムードぶち壊しじゃないか」と言う。

何度かブログでも書いているのだが、あの映画は怖かった。ヘンリー・マンシーニの有名な曲から想像できないくらい、重たいアルコール依存症を題材にした作品。


ワインはお洒落に楽しく、ほどほどに飲むのが良い。溺れる程、飲むのでは、せっかく美味しいワインを作った作り手にも失礼だと思う。4月に八ヶ岳に行った後、甲府方面に足を延ばしたいなぁと思っている。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 音楽 music, 旅行 travel, お酒 drinking | コメントする

へそを曲げるピアノ

ダンパーペダルの雑音に悩まされる

 

劣化なのか、ハードに弾いているからなのか、時々ペダルを踏むと抵抗感と共にギュガガッというような不快な音が鳴り、もう弾いていられなくなる。隣のグランドピアノは、この症状が全く出ない。調律師さんの話では、昔の職人の腕が凄かったのと、良いピアノに当たったとのこと。しかし、2倍もするのに…!

 

 

左上奥歯に被せていた金属が取れた。他の歯医者さんで作ったものだが、最近通っているところで付けてもらったのだ。今度取れたら新しく作るという事になっていた。いつも混んでいるが、予約制なのでスムーズに受診できた。感じの良い歯医者さんは、私にとってそう多くはない。


雪で道路がだいぶ狭くなっていた。雪山で見えずらいし、近いけれど雪道を走るのは、いつもよりずっと慎重になる。今年は雪が多い。早く排雪入ってくれないと、本当に狭い。

帰宅して再びピアノに向かうと、はじめさんが調整してくれたのか、ペダルの雑音はしなかった。ピアノはデリケートな楽器で、時々へそを曲げることがあるように思う。慈しんで接していないと、ご機嫌を損なうのだ。これは本当。

十勝セット。チーズは更別で買ったのだけれど、ブルーをはじめ、どれもハイレベル。ハムはワインと一緒に届いたが、これも絶品。そろそろワインの方も飲んでみようと思う。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 食事・食べ物 food | コメントする