嬉しい電話&あったかソックス

嬉しいお知らせ


午前中、電話が鳴った。練習している時は背中に、執筆している時は、ちょっと遠い。出ると、「春頃にそちらで習っていた者です」との電話で、すぐに教員採用試験のためのレッスンをしたAさんだと分かりました。

8月に採用試験があって合格しましたとのお知らせでした。確か、10曲ほどあって3~4くらいを集中してレッスンしました。最後のレッスンでは全曲の指使いスコアに書き、和音進行を五線譜に書いた記憶があります。

あれから4カ月間必死に練習したそうです。特に音楽ノートに和音を書いて渡したのが効果があったようで、試験会場にもお守り替わりに持っていたそうな。とにかく良かったです。私もとても嬉しく思いました。来春から先生ですね。おめでとうございます!

あったか靴下

寒くなったので、はじめさんは暖かい靴下を注文したようです。届いたのはこれ。可愛いキャラのが5足ありました。サイズは23cm~25cmとなっていたので、はじめさんでもOKでした。

こちらが、はじめさん用。


5足のうち、この2足をはじめさんに渡しました。ひょうきんなキャラクターですね。

私はこちらの3足を選びました。こちらは耳が2つで、はじめさん用のは1つでした。

午前中は執筆&ショパンのバラード3番とシューベルトの即興曲142-2を弾きましたが、Aさんの電話に触発されて午後はシューベルトの即興曲90全4曲を通して弾きました。あぁこの練習なのだなぁと気が付きました。作品90も142も4曲仕上げなのかなぁと。

シューマンは作品142の4曲はヘ短調のソナタと考えられると言っていたそうです。142-2を1曲だけ取り出しても、あまり乗り気にになれなかったのは、そういうことかも知れません。4楽章構成と考えるのは良いですね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 癒やし healing | コメントする

身体が温まる食べ物と音楽

連休明けのレッスン

来週グループレッスンなのでレッスン休みでしたが、曜日調整で二人の生徒さんのレッスンでした。

原典版を使ってレッスンすると、ペダリングの指示が書いてありませんので、聴きながらペダルを踏むように指導します。ペダルは「耳で踏む」といわれています。踏み方は幾通りもあり、ペダリングだけでも私は時間を割きます。

シューベルトの即興曲はOp.90の4曲とOp.142の4曲がありますが、作品90から3曲と142から1曲を弾いています。寒い季節に歌に溢れたシューベルトを弾くのは身体(気持ち)も温まるようで良いものです。

カジカ汁を作ってみました。子供の頃からよく食べていますが、醤油ベースで味噌を後で足して作ったりしてみると面白いですね。美味しくできました。「鍋壊し」といわれていますが、いくら美味しても、鍋を突きすぎたりはしなかったなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 食事・食べ物 food | コメントする

絶妙なハーモニー

ヒンヤリの中でピアノ

部分的に暖房を使っていますが、今日はまだレッスン休みだったので、一番ヒンヤリのレッスン室ではピアノを弾くときに足元に電気ストーブを置きました。

昨日、七飯の道の駅で買ったお花。奮発して3束も買いました。それにしても、帰宅してからニュースを観て絶句しました….。

被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

こんな日は、シューベルトを弾いて心を鎮めようと思いました。今迄、あまりにもシューベルトを避けていたなぁと思い、暫く続けようと思います。「さすらい人幻想曲」に向けて行きたい。

白いトルコキキョウは、あまり見ないお花です。天に向かって祈っているような感じがします。

旅行前に残っていたご飯が少しあって、はじめさんがチャーハンを作ったら、こんなに増えました。チャーハンって具で増えますよね。大根などのお野菜がいっぱいなので、大根と豚肉で炒めたところ、絶妙なハーモニー!こんなに美味しいとは。作ったのは、はじめさんですけどね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 食事・食べ物 food, 花 flower | コメントする

今年、最期の車旅は函館 2

台風一過で快晴

昨夜は函館もけっこう降りましたが、関東は台風19号で緊張の一日だったのですね。はじめさんは弟のH君と友人に連絡していました。

何事も無かったかのような木古内の道の駅。10時にオープンのパン屋さんに向かいます。

大人気店なので各種5個迄ですが、塩パンだけは10個買いたいのに、はじめさんが来ません。珈琲を淹れている最中でした。なんとか無事にgetできました。あれ?とうもろこしのパンを頼んだのに、ソーセージになっていました。私が言い間違えたのかな?と思ってレシートを見ましたが、「もろこし」になっていたので、お店の人が勘違いされたようです。各種1個ずつにセーブしておきました。

いつも、なかなか行けなかった知内の「牡蠣番屋」に来ました。初めて来たのでメニューを選ぶのに迷いました。まず、5食限定の「牡蠣ニラ御膳」は決めて、あとは名物のガンガン焼きにしました。

牡蠣の殻を開けるため道具です。

嬉しそうです。我が家も庭で時々牡蠣を焼きますが、番屋で食べるのは初めてです。

 

「牡蠣ニラ御膳」が」来ました。す、すごい!これで2,000円はかなりお得ですね。以前、厚岸で「牡蠣御膳」をはじめさんに勧められて食べたことをずっと言い続けているので、今日ははじめさんに3分の2を勧めました。(^^;

知内の牡蠣、美味しいです。

ニラも有名です。これが食べたかった。家でもチャレンジしてみようと思います。

バケツに入った「ガンガン焼き」は蒸されて出てきますので、すぐに食べられます。1,800円のは牡蠣が7個、白貝はサービスで5個入っていました。2人で丁度良かったです。
美味しくて大満足でした。


七飯でお花を買って、黒松内で「オヤドリ」を買って、黒松内から運転しました。ナビに案内されたのは走り屋が好むような峠で、映画の世界にワープしたような感じ。頂上から一面に広がる黄葉を楽しめて、はじめさんは歓声を上げていましたが、久しぶりに厳しい運転を強いられました。

昨夜は、ずっと観たかった「グリーンブック」をフリードシアターで観ました。天才黒人ピアニストと荒っぽいイタリア系の運転手兼用心棒の二人が南部へコンサートツアーに繰り出すという物語。かと思いきや実話なのです。色々と考えさせられるシーンも多かったですが、面白かったです。田舎のバーでショパンの木枯らしのエチュードを弾いた時はどうなるのかなとハラハラしましたが、やはり素晴らしい演奏だということが伝わってホッとし、嬉しかったです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, 音楽 music, 旅行 travel, 食事・食べ物 food | コメントする

今年、最期の車旅は函館

秋の収穫祭


フリードカフェ。七飯で先着100名に林檎をプレゼントで、偶然getさせて戴きました。そのまま道の駅で新鮮で安い野菜を買いました。ハンサムグリーンというレタスが好きです。

100円でジャガイモ詰め放題もチャレンジ。意外とたくさん詰められるものですね。更にサービスしてもらって嬉しい。

 

家では朝食はヨーグルトと珈琲なのに、車旅の時はカップヌードルとか食べたくなります。フリードカフェで食べました。

新しく出来た「DANSHAKU」に入ってみました。


世界のポテチコーナーでイギリスのを3種買ってみました。

ハニーマスタードをちょっと食べてみましたが、凄く美味しい♪ 珈琲にも合います。

はじめさんが調べたお惣菜やさんは2軒ともしまっていたので、いつものようにキッチン大林に来ました。
こんな感じの小さなお店ですが、中に入ると手羽先を豪快に揚げている方々が!手羽先揚げも美味しいですが、他のお惣菜も美味しいです。


今晩のおつまみをgetですが、アツアツが美味しいです。

雨の函館。五稜郭のシエスタ函館に来ました。混んでいました。私たちはパンをgetして、ウィンドウショッピングして楽しみました。今日はテイクアウトの日でした。

そういえば、昨日フリードシアターで観た「ル・コルビュジェの家」という映画の結末に二人とも絶句しました。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

発表会の感想文

最後に届いた感想文

全ての生徒さんに感想文を書いてもらっていますが、一番最後に遅れて届いた感想文はレッスンやグループレッスンでのことも綴られています。ちょっと長いですが、本人の承諾を得たので掲載します。

発表会で学べること

発表会で学ぶことは、発表会当日の事だけではなく、発表会に向けての練習や、グループレッスンやリハーサルを通して、同じ目標に向けて練習している幅広い年齢の友人の演奏から学ぶことも多いです。一人で練習していては気づけないことでも、友人の演奏を聴いたり見たりすることで、はっと思う事もあります。自分の目標としては、ピアノ演奏をもっと自由に楽しみたい、いろいろな曲を自分で演奏したい、弾くことで曲の良さをもっと深く味わいたい、自分ならではの表現をしてみたい、と思っています。その為にも発表会は良い機会を与えてくれていると感じています。

今回特に感じ、練習の時に意識したのは、「指で弾かないで、頭で弾く」ということです。「頭」というと固い感じがしますが、「イメージ」という意味です。実は私は意識して「暗譜」をしたことが無く、いつも自然に覚えてしまうのですが、今回のショパンの曲はそれほど複雑なものではないのに、なぜか覚えられませんでした。「何故だろう?」と考えると、どうやら私は何度も繰り返し練習することで自然と弾けるようになる、つまり指の記憶で弾いているのではないか?ということに気づきました。これはレッスンでも指摘されていたので、改めて先生の指摘の意味に気づいたと言った方が良いでしょうか。

楽譜(というより、曲そのもの)が頭に入って、その頭の中の楽譜を演奏しているのではなく、指が覚えるまで何度も楽譜を見て練習を繰り返し、覚えてしまったら、あとは指任せの演奏になってしまっていたところが多いように思います。レッスンで「楽譜を見なさい」と言われますが、これは楽譜を見ながらミスのない演奏になるように何度も練習を繰り返して指に覚えさせなさいという意味ではなく、楽譜から音楽を感じて練習(演奏)することで、自分の中にその音楽を取り込みなさいという意味なのだと気づきました。 この発想の転換は練習をとても楽しいものに変えました。ミスが無いように同じことを何度も繰り返す練習はとても辛いですが、本を読むように、楽譜を通して音楽を感じ、そしてそれを表現するという練習は本当に楽しいし、その曲の意味がわかったり、新しい発見をする喜びにも出会えます。

ふと、みんなはどうしているのかな?と思って、グループレッスンなどで注意してみてみると、私と同じようなことで大変な思いをしている人と、自然にできてしまっている人がいるように思いました。私が発見したその違いは、演奏中に次の音の準備ができているかどうかです。頭の中に曲がある人は、音を弾く時には、既にその鍵盤に指が乗っています。どんなに速いパッセージでも、ちゃんと鍵盤に指が乗っていて、弾くときはその指を下に動かすだけですから、とても楽に、簡単に弾いているように見えます。これはプロの演奏でも感じる事です。そのためには、前の音を弾いた後に、いつまでもそこに指がとどまらずにスムーズに次の音に指が移動していることからもわかります。 おそらく、曲が頭のなかにあって、次の音がイメージできているから、自然と、あるいは意識的に指が次の音の準備をしているのだと思います。

一方、まだ私もそういうところがたくさん残っていますが、指の記憶で弾いている時は、音を弾く直前に指がその鍵盤に移動しているように見えます。指が音を追っかけているような感じがしますので、バタバタとあわただしく、大変そうに見えます。 シンプルでゆっくり目の曲では、この違いはあまり本人には感じないので、レッスンで指摘されても、その意味がわからなかったのですが、演奏する曲が深いものになってくるにつれ、曲の表現や「音」にその違いが出てきますし、なにより、今回思ったのは、練習の大変さ、辛さがまったく違ってくるという事でした。

意識して、「指に覚えこませるのではなく、曲を楽しむように練習すること」で、ピアノの練習がより楽しくなると思います。今回の発表会ではそれを学びました。今、毎日の練習がとても楽しく、気のせいか練習の効率もあがったように感じます。

2019年9月  H.N

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music | コメントする

読書と映画鑑賞の時間が多くなった

時間の配分が難しい


午前中はレッスン室だけストーブを付けましたが、午後から気温が上がり、半袖に着替えました。

電気が使えない時や、ちょっと肌寒い時などに新しいストーブをはじめさんが購入。試しに付けてみましたが、見た目にもとても暖かいです。

夕食はタイカレーだったので、ストーブは少し付けただけでポカポカです。


図書館で9冊本を借りてきました。重い重い。1冊は返却しないで旅行中に読もうと思います。サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を村上春樹氏が翻訳した「キャッチャー・イン・ザ・ライ」。

何故、サリンジャーは91歳まで全く作品を発表しなかったのか、などなどの謎がいっぱいありますが、明らかにされました。

なかなか興味深い映画でした。

 

のんびりお散歩も出来ると良いなぁ。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel, 食事・食べ物 food | コメントする

幻想風ソナタ/ベートーヴェン

芸術の秋&食欲の秋を満喫

昨夜は凄い風でした。だんだん寒くなってきました。それでも、カーディガンを羽織ったり、足元だけ電気ストーブを付けたり、レッスン室だけポータブルストーブを置いたり。まだボイラーを付けるのは、ちょっと早いと思う。

実りの秋です。収穫の秋。林檎も次々と出てきます。果物の産地なので葡萄なども豊富ですが、子供の頃から葡萄はあまり食べません。ワインは好きなのに不思議です。

昨日、200円で袋一杯に詰めてもらったプルーンでジャムを作ったら、大きなボウルいっぱいのジャムが出来ました。もうジャムを買うことは無いだろうなぁ。

我が家は枝豆大豆にハマっています。今迄、全く興味が無かったのに、美味しい食べ方を教わってからというもの、常備しておかなくては!と思う程に、食べています。茹でてそのままでも、枝豆なので美味しいですし、ブラックペッパーとちょっとお塩をふると、おつまみにもなります。

今日は炊き込みご飯に入れてみました。それと思いついて「塩ウニ」と一緒に。炊き上がると、ウニの良い匂いが広がって美味しかったです。


週に一度は和食を楽しみます。辛み大根も生さんまに合うなぁ。するのが大変でした。

大根菜とベーコン。ベーコンに塩分があるので、しょっぱくならないように加減に気を付けたいです。大量の大根菜も炒めると一瞬でペシャンとなりますね。

シューベルトとショパンと久しぶりにベートヴェンも弾きました。ピアノソナタの上巻はあと13番が残っていますが「幻想風ソナタ」と名付けられていて楽章を区切らずに全部弾くように指示されています。けっこう難しいですが、面白いです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 食事・食べ物 food | コメントする

林檎の町、余市

ちょっと肌寒いけれどマリンブルー

先週の濃いブルーのマリンブルーに淡い色のマリンブルーと白のストックを活けました。


ちょっと涼し気な色合いなので秋には合わないかも知れませんが、好きなお花です。

学芸会が近い生徒さん。まず、つっかえないこと、リズムを感じて、美しい音で力まないで弾く事を指導しました。

「旭」という昔からある林檎らしい林檎。皮が薄く、独特の酸味があり、酸っぱい林檎が好きな私の好み。シャキッとして美味しかったです。ネットでは幻の林檎と言われているようです。

ブルーベリーの袋詰めが200円でした。いっぱい詰めたのに、まだまだ!と言われ大サービスしてもらいました。明日、ジャムを作ろうと思います。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 花 flower, 癒やし healing | コメントする

北海道の秋はとても短い

ずっと秋が続いて欲しい…

昨日の夕暮れNIKKA。フリードが来てから、NIKKAに来るのが激減していました。

歩いてくると、七分袖のシャツで丁度良いです。帰りはヒンヤリでした。それでも、雪があると無いのとでは雲泥の差。雪があると歩くのが億劫になります。

 

増税になっても、そんなに価格の変動はなかったです。有料コーナーのラストオーダーは16:30まで、無料コーナーは16:45で終了です。

3種類の林檎。ハネが3個で100円!林檎ジュースのようでした。時々、お客さんが安過ぎると不審に思うのだとか…。いやぁ、これは有難いことだと思いますよ。

今迄のスンドゥブは左の。けっこう辛いと思いますが、右のは大辛で約3倍の辛さとなっているので、どんなものかと思いましたが、それほど辛くないと思いました。しかし、はじめさんは相当辛いと言っていました。

以前は「余市は辛いものは売れない」とお店の人が言っていましたが、今は常設で置いてあり、大辛まで置いてありました。そもそも、スンドゥブの辛くないのってあり得ないと申し立てしたのが効果あったのかどうかは分かりません。

早速、大根と大根菜を入れてみましたが、合いますね。柔らかくて最高に美味しかったです。お味噌汁には、大根菜をもっと沢山入れます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする