炭水化物を控えめに上手に糖質をコントロール

昨日、検査を受けた病院から一方的に検査の結果が出たからすぐに来てください、いつ来られますかと電話があったので、悪い知らせですか?と聞いたら、電話があるというとは悪い知らせだというので、今日の朝一で病院に行ってきました。病院へは「失われた時を求めて」を持参しています。

レッスン休みだったけれど、急を要することではなかった

悪い知らせと聞き、気が気ではありませんでしたが、結果はこちらでも分かっていたことでした。病院というところは絶対だという感じがして、それが嫌で以前は行かなくなりました。電話をかけてくる看護師の言い方は、こちらの都合などおかまなしに今すぐ返事しろと迫ります。昨日は医大の外来から戻って来たばかりでした。

結果的にレッスン休みの今日、病院へ行ったので、予定通り来週の月曜日は母の外来へ行けることになりました。てっきり薬を飲む治療になるのかと気落ちしていましたが、そうではなかったです。

天気が良かったので午前中にウィーキング

予想通り、インスリンの出方が悪いのと、利きが悪いのは身体の脂肪が邪魔をしているからだといいます。膝のためにもウォーキングの継続と、あと数キロ体重を落とす必要があると思います。

医師はリブレに興味を持っているようで、毎日、食前と食後、就寝前の血糖値を記録してくださいといいます。もしかしたら、これを記録させたくて早く呼び出したのかもしれません。半月で7,000円もかかり保険適用されないので、ずっと使い続けるのは難しいと思っています。目標の数値まで下げるまでは装着しようとは思っていますが…。

珍しい光景

昨日はウォーキングしませんでしたが、今日はすっかり雪が融けていました。Nikkaの側の岩に珍しく白鷺が2羽とまっていました。

いつもは川鵜がとまっている岩ですが、白鷺が居るのは初めてみました。


今日のランチ。ご飯の替わりにミニ豆腐。ホッケとかす汁とサラダ。クルミはお腹が空いたときに食べます。

暫くはカップヌードルは食べないので、はじめさんに食べてもらいました。


すぐに野菜を食べられるようにサラダは常備しています。自家製ささみの燻製が合う。

病院は読書するのにうってつけの場所

夕食は鶏肉とい野菜のグリル。カレー風味。ここのところ病院通いばかりで、ちょっとブルーですが、本を読むのにはうってつけだと思います。母の外来も予約ができずに、いつも長時間要しますが、諦めて読書の時間だと思うことにしています。プルーストの「失われた時を求めて」もあともう少しですが、面白いかと聞かれると、よく分からないことの方が多いように思います。というか読むほどに理解しがたい作品のような気がします。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

なるようにしかならない / 不調な日

コロナの影響で、なんと5回も延期させてもらった札幌医大附属病院へようやく行ってきました。12月なので天気が心配でしたが、雨が降っていました。

久しぶりの外来で緊張した朝

朝6時半に家を出発。高速道路に乗りました。朝焼けの海に赤い船が見えました。お天気がよくてホッとしました。それにしても、久しぶりの外来で、はじめさんも何だか緊張するねといっていました。はじめさんは今日のために有給をとってくれました。

前回は、八ヶ岳音楽堂に出掛ける前に受診したのですが、かなり膝の調子が悪くて、膝に注射を打ってもらいました。手術をしてくれた医師とは別の先生でしたが、この注射がとても痛くて痛くてビックリでした。

札幌の歩道はツルツルで、みんなコワゴワと歩いていました。病院の駐車場もツルツルで怖かったです。

今回はまた別の医師に替わっていました。まぁ大学病院は、そういうものなのなのでしょうね。しばらく「ロック症」に悩まされていましたが、自分で解除できるようにもなっていました。ウォーキングをするようになってから、あまり起きませんが、頻繁に起こるようなら手術も考えましょうといわれました。

暫くぶりだったので新患扱いになるかもしれないといわれました。そうなると、5,500円かかるのですが、医師の判断で新患扱いにはなりませんでした。予約時間通りにスムーズに受診できて、新しい先生もとても親切でした。次回も替わらないでいて欲しいです。

帰りは晴天になり、ツルツル路面も少し融けていました。来年の予約は雪が降る前にお願いしようと思います。

クリスマスカードが届いた


クリスマスが近くなると、はじめさんの友人から、毎年可愛いクリスマスカードが届きます。今回もとても素敵なカードが届いて嬉しかったです。


夕方に1人だけレッスンを入れていました。その後は少し練習して、町の委員会に出掛けました。来週は母の外来もあると思っていたところに、先日検査をした病院から連絡があり、検査結果が早くでたので病院へ来て欲しいと連絡がありました、なんだか、とてもバタバタと忙しく気ぜわしい日でした….。

病院からの電話は電話口では教えてくれない

火曜日に検査を受けたときは、医師から良くなっているといわれたばかりでした。検査には2週間ほどかかるとのことでしたが、こんなに早く連絡が来るとは。唐突な電話だったので月曜日に行くといいましたが、土曜日も営業しているようなので、朝一に電話してみようと思います。

午後7時半ころ役場から帰宅。余市オフで出しそびれたザンギと野菜サラダとおでんの残りにしました。口内炎が出来て、とても痛くて話ずらい日でもありました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする

雪道もずんずん歩けるノルディックウォーキング

昨日は雨が降っていましたが、今日は雪になりました。午前中レッスンだったので、午後からウォーキングに出掛けました。

ノルディックウォーキングの醍醐味

昨日はすっかり雪が融けていたグランドでしたが、今日はかなり積もっていました。雪のグランドを歩くのは、いつもより運動量があったと思います。

はじめさんは、履かなくなった靴下を手袋替わりにしてみたところ、とても暖かくて、すぐ脱げるので写真を撮るのにも便利だと喜んでいました。

雨より雪の方が歩きやすい

余市川のウォーキングコースは雪が積もったことで、とても歩きやすかったです。これぞノルディックウォーキングです。

表札が無かった!?

今まで、あまり気にしていませんでしたあ、我が家の表札は「西川」だと分かりずらいものです。それにしても、家を建てるときは玄関のアーチに拘りました。難しいからムリ!といわれたのに、最後には大工さんが積極的にアーチにしてくれました。

生姜焼きと衝撃の芋焼酎

お昼は炭水化物を摂ったので、夜は野菜たっぷり生姜焼きにしました。夜は炭水化物をあまり摂らないようにすることで、体調がイイ感じです。


血糖値が高くても焼酎とウィスキーやブランデーが飲めるのが嬉しいです。今日は「ダイヤメ」というライチの香りがする芋焼酎を発見しました。「赤霧」以上に香りが良くて凄く気に入りました。ボトルもなまらお洒落です。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

フットワークが軽いとピアノも上達する

お昼前に運動公園に行ってみると、すっかり雪が融けていました。雨風の中でしたので、昨日より寒く感じました。

3個目のリブレを装着

昨夜、お風呂から出ると、センサーが外れそうになっていました。慌てて、補強テープを張りましたが、一旦外れたのでしょう。もう測定できなくなっていました…。残り時間は14時間あったのに、ちょっと油断して勿体なかったです。お風呂で外れてしまう人はけっこう多いようです。高いので注意して使いたいですね。それしにても、昨日は検査中に測定できたので画期的で外れる前で良かったです。

3回目でもセンサーを付けるときは、ちょっと勇気が要ります。べつに痛くはないのですが、細い針のようなセンサーが付けるときに見えるもので。エイヤッと気合をいれて付けます。

雨のウォーキング

出掛ける前から雨が降っていましたが、ソフトシェルを着てサクッと歩きました。ソフトシェルの帽子を被れば完全に雨は防げます。雨の日のウォーキングも慣れたらイイものです。

青空も見えていて、遠くの空には虹がかかっていました。車の中から撮りましたが、かなり風が強くなってきました。

レッスンがビチビチの日

金曜日に札幌まで外来受診に出掛けるので、今日はレッスンはビチビチ状態でした。コロナで5回も延長・変更させてもらいました。また新たなオミクロン株が日本にも入ってきて怖いですね。感染拡大しなければいいのですが。

午後5時ころは雨風の音が凄くて、レッスンしていて怖かったです。2階で仕事をしているはじめさんも外の天気が気になっていたようでした。

フットワークが軽いとチャレンジ精神が旺盛になる

最後にレッスンに来た生徒さんは、余市の学校に来てから積極的になったといいます。最近は生徒会の活動があって忙しそうですが、ピアノも好きで張り切っています。ピアノ教室に足を運ぶ生徒さんたちは、フットワークが軽いですよね。行動力があってテキパキしている人は見ていて気持ちが良いものです。フットワークが軽いとピアノも絶対に上達します!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

薬に頼らず未来型の自己治療で血糖値を上げない

血糖値の検査をするため、昨夜は午後9時以降の水を飲む以外の飲食ができないといわれました。お腹が空いたら嫌だなと思い、レッスンが終わってっからギリギリまで低カロリーな食べ物と飲み物を摂っていました。

2時間半要する検査

検査当日の朝まで10時間以上絶食した空腹のまま採血し、血糖値を測ります。次に、ブドウ糖液のソーダーのようなものを飲み、ブドウ糖負荷後、30分・1時間・2時間後に採血し、血糖値を測るという検査を受けました。

まず、ブドウ糖液がメチャクチャ甘い!一気に飲むのですかときくと、自分のペースでというので、ゆっくり時間をかけて飲み干しました。空腹に堪える飲み物でした。

リブレなら検査結果を待たずとも測定できる

検査の結果は2週間くらいかかるそうですが、血糖値測定センサー「リブレ」を装着しているので、リアルタイム(実際は15分遅れ)で分かるので、時間の経過と共に血糖値が著しく上昇していくのが確認できました。

30分後:258まで急上昇
1時間後:308!最大337まで上がる
1時間半後:徐々に下がっていく
2時間後:177
2時間半後:87まで下がる

あっという間に337まで上がったときは青くなりましたが、その後下がり出すと、一気に下がっていくのも興味深かったです。検査の合間に診察があり、1週間前に血液検査をした結果、人間ドッグで受けた検査よりも数値が良くなっていました。リブレでは更に今後の数値が示されて、1週間でA1cを0.2下げることができました。驚いたことにLDLまで下がっていました。

先週は、かなり機嫌が悪かった先生も今日はニコニコでした。未来型の自己治療によって下げられるなら様子をみましょうということで、薬は処方しませんとのこと。ただ血圧は緩やかに下げましょうということになりました。

リブレが保険適用になるにはインスリン注射をしているとか、糖尿病の専門医でなければ適用にならないようです。しかし、薬を飲まずに自己治療できるのであれば、目標数値まで装着してみようと思います。

ウォーキングの効果は絶大


できれば薬を飲まずに血糖値を下げたいと思っていましたが、希望通りになって感激しました。何を食べたら血糖値が上がり、何を食べても血糖値が上がらないのかが分かってきたので、食後血糖値が200を超えないように工夫することができます。

糖質制限はあまり大変だとは思いませんし、ただウォーキングするだけで、これだけ効果があるのなら喜んでしますとも。ダイエットにもなりますので一石二鳥です。

シベリウスのピアノ曲に癒される

2時間半もかかる検査は苦痛だ思っていました。実際は、あの甘ったるいブドウ糖を飲み干すのと4回もの採血が苦痛でした。しかし、リブレで測定したり、本を読んだりしていると、あっという間に呼ばれて忙しかったです。

待合室ではクラシック音楽がかかっているのが良かったです。まさかシベリウスのピアノ曲が聴けるとは思いませんでした。

ご近所さんとバッタリ病院で会いましたが、同じような時期に血糖値が高いと医師にいわれて、1カ月に10㎏も体重を落としたと、はじめさんから聞いていました。なんだか辛そうな表情をしていたので気がかりでした。

私はというと、わりと好きなものを食べてワインやウイスキーなどのお酒を飲んでいます。ただ歩けばイイのだから、こんなラクなことはないと思っています。


やはり人間ドッグを定期的に受けて良かったと思いました。血糖値を下げることで、脂質やLDLも一緒に下がっていくので、モチベーションが上がります。短期間で下げられたことに医師もかなり驚いて興味を抱いているようでした。普通なら薬を処方するところを、薬を出さずに様子を見る決断をされたことに感謝すると共にリブレ凄い!と思いました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, ウォーキング Walking, 癒やし healing | コメントする

林檎と珈琲でレッスンまで優雅なひととき

今朝は雨が降っていましたが、お昼前にユニクロのソフトシェルを着てフードを被ると、多少の雨は平気でした。先日降ったドカ雪は、かなり融けていました。

林檎と珈琲

お昼前にウォーキングに出掛けると、歩いている最中に学校の鐘の音が聞こえてきます。そして、お昼を告げるサイレンが鳴ります。これを聞いたら、急いで帰宅しなければと早足になります。雪が融けた困難な道を歩きながら、早く美味しい林檎と珈琲を飲みたいと思いました。

タグを外すのも勿体ない!?

友人からプレゼントしてもらった素敵なカップで珈琲を飲んでみました。たっぷり入ります!はじめさんは、勿体ながってまだタグを外さないでいました。

私は使う前にタグを外しましたが、はじめさんのはタグごと洗ったのでフニャフニャでした。諦めてタグを外していました。セルビアの英会話の先生が、このカップを見て、部屋に飾っておきたい!といっていたそうです。

林檎と珈琲でレッスンの時間まで優雅なひとときを楽しみます。

札幌の友人たちから日本酒をたくさん戴いたので、昨夜はアワビなどを合わせました。はじめさんが刺身を作ってくれました。コリコリで美味しかったです。

可愛すぎるラベル。これは少しの間、飾っておきたいです。

凄すぎる生徒さんたち

レッスン休みの予定でしたが、間違えて張り切ってレッスンに来た生徒さんたち。隣町からだったので、空いていればレッスンしたのですが、たまたまその時間に大人の生徒さんが入っていたので、来週来てねといいました。その間違えてきた小6のお姉ちゃんから、書道の段位が「師範」だときいて驚きました!おばあちゃんに習っているそうですが、先生である70歳のおばあちゃんは、まだまだ上の段位なのですって。

大人の生徒さんと珠算の話になりましたが、私は小6の時まで習っていて2級を取得しました。生徒さんは、なんと6段だといいます。なんだか凄すぎる生徒さんたちだなぁと感心しました。

夕食はオリジナル・チャプチェにしました。3種のカールレイモンが美味しかったです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

冬ウォーキングで脂肪を燃焼させる

昨日は久しぶりに札幌から友人が訪ねてくれました。コロナで、なかなかオフ会もできない状態が続いていますが、来年は明るい年になって欲しいと思います。

雪の中をウォーキング

今日は気温が上がり、家の中に居ると暑いくらいでした。午後から運動公園に行ってみると、降り積もった雪がだいぶ融けていて、グランドまで歩いていけました。誰も歩いた形跡がないので、ズボズボと埋まりながらのウォーキングです。これは、けっこうスタミナを消費します。

余市川のウォーキングコースは誰かが歩いた形跡があり、グランドよりは歩きやすかったです。気温が上がったためか、川には鴨が数羽ずつグループになっていました。

寒い中を15分くらいでも歩くと代謝がアップして痩せホルモンが分泌するのだとか。ウォーキングしていると徐々に身体が暑くなってきて心拍数が上がります。冬の方が夏よりも脂肪燃焼しやすいとのことです。

白鷺の飛行

今日は白鷺の姿が見えないねと、つぶやいたのが聞こえたのか、突然、白鷺が飛んでいるのが見えました。2羽の白鷺が目の前を飛んでいきました。


冬は階段が怖いです。慎重に一段、一段、確認して降ります。

下から見ると登山をしているようです。

雪のウォーキングはスタミナを消費するので、腹ペコになってしまいました。ミルクコーヒーと、くるみと、お土産にいただいた「おこっぺ発酵バターケーキ」でおやつにしました。(たまにはいいですよね)

フィンランドの素敵なカップKUPILKA

とても素敵なカップをいただきました。フィンランド産で、持った感じといい、大きさといい、とにかくオシャレなKUPILKA。これ1つで、サラダボウルにしたり、珈琲を飲んだり、スープを飲んだり、色々な用途に使えるので、アウトドアにもぴったり。ベリー色のレッドがとても可愛いです。どうもありがとうございました!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel, ウォーキング Walking | コメントする

余市ニッカウヰスキー蒸留所見学ツアー / 余市オフ

コロナでなかなか友人とも会うことができませんでしたが、久ぶりに札幌から友人が我が家を訪ねてくれました。

久しぶりの余市オフ

11月27日(土)

ランチは「ゆずチャプチェ」。これを参考にして、最近は春雨を買ってきてオリジナル・チャプチェを作ったりしています。

完全予約制の工場見学

午後3時からニッカウヰスキーの工場見学を予約していました。正門に来たのは2年ぶりでしょうか。今日は雪ではなく雨が降り、傘をさして来ました。

ガイドさんの見学は今回で3回目です。6つのポットスチルと竹鶴正孝が使っていた小さなポットスチルがありました。

石炭直火炊きによる製法は世界でも余市ニッカウヰスキー蒸留所だけなのです。今日のような寒い日には石炭の暖かさが目にも身体にも嬉しいです。札幌の友人も石炭は懐かしいと喜んでいました。

午後3時は最終の見学ツアーでした。1回のツアーは20人くらいでしょうか。皆さん、熱心に見学されていました。

 

今年の11月19日に余市蒸留所の10の建造物が国に重要文化財に指定されました。子供のころはヨーロッパのお城のような工場のすぐそばにあるピアノ教室へ通っていました。時々、先生が窓を開けると工場の敷地が見えて素敵だなと思ったものです。

工場見学では無料試飲が2杯までできました。しかし、ミュージアムの見学は入っていなかったので、この後、急いでミュージアムに向かいました。

Nikkaミュージアム

以前はウイスキー博物館でしたが、ミュージアムとしてリニューアルされました。

 

洗練された明るい空間。

有料試飲も超久しぶりです。このシリーズアはワンショット400円で飲めます。

私は潮の香りとスモーキーな味わいのピーティー&ソルティにしました。

「がんがら」のオープンまで時間があるので、駅前のワインバーに来ました。

ちょっと飲むのにお洒落なワインバーですよね。

2年ぶりの「がんから」

「がんがら」へも、なかなか来れずにいました。札幌の友人もお気に入りのお店です。まずはスパークリングワインでカンパイ。

味噌煮込みや串を色々オーダーして、〆は「梅つそつくね」と決まっています。気になる血糖値は全然上がりませんでした。降った雪が融けて歩き難かったですが、家から往復徒歩で目標も達成できて一石二鳥でした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

今年最後のグループレッスン 2

天気が良かったので、お昼前に家の周りをウォーキングしました。けっこう降った雪が固まっていて、とても歩き難かったです。

外で咲いていた花を家の中に

ポールを持って家から出発。歩道を歩きつつ、車があまり通らない「まほろば」を通って帰宅するルートを選んだ。それにしても、降り始めの雪があまりにも降った。しかし、除雪がされていないので、融けかかったのと寒さとで、道路はグチャグチャ。昨夜はスーパーの駐車場はアイスリンクのようでした。

サンパラソルは家の中で育てて、春になったら外に出します。

剪定したバラ。冬なのに、まだ綺麗に咲き誇っていたオールドローズ。家の中に飾りました。ランチは少し炭水化物を摂りましたが、ウォーキング効果で血糖値はそれほど上がりませんでした。

グループレッスン2本立て

子供の部も大人の生徒さんの部も少し欠席者がいましたが、集まったメンバーで楽しく、今年最後のグループレッスンを行いました。

まだ初めて半年も経っていないSさんですが、上達するのが早く、年内テキストが終わりそうです。お弾き初め会の曲も数ページの曲を選曲しましたが、ほぼ暗譜されているのでビックリです。

発表会のオープニングで演奏したドビュッシーの連弾「メヌエット」をパートを交代して演奏しました。メトロノームで練習した効果が出て、良い演奏をしてくれたKさん。

ベートーヴェンの音楽は哲学だと思う

出口というか突破口を開くために、かなりもがく。少しずつ少しずつ出口が見えてくるのだが、そこまでの道のりが長くて迷路のよう。張りつめながら一歩一歩進まないと、足をすくわれる、ベートーヴェンの音楽には、そんな緊張感があります。

ゆったりとした楽章の叙情的な美しい歌が、続く激しい曲調を更に激しく感じさせる効果を生みます。力任せに弾いてはスタミナが持ちません。奏者は常に張りつめた緊張感の中、光を求めて模索しながら演奏し続けなければならない。ベートーヴェンのピアノソナタをリサイタルで弾くピアニストは、みな演奏後に顔が真っ赤になっているのが頷けます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

今年最後のグループレッスン、よく練習してきました!

今日からグループレッスン3本立てです。小さい子供たちのグループでしたが、みんなよく練習してきて、全員に「よくできました」のリサラーソンの判子を押しました。

お友だちの演奏を熱心に聴く元気いっぱいの子供たち

小1のNちゃんから弾いてもらいました。今日は気合が入っていて、2曲とも合格すると、とても喜んで「ママに報告しなくちゃ!」といっていました。

グループレッスンが好きなMちゃんも元気いっぱいの演奏。「まるい手」を意識しながら綺麗に演奏してくれました。

4歳になったJちゃんは、発表会を経験してからずいぶん成長したなあと思います。よく練習してきて、お姉さんたちの演奏も熱心に聴いてくれました。

リーダーのTちゃん。しっかりとしたタッチで力強い演奏です。教室に来るなり、早く弾きたくてたまらないという様子でした。

ベートーヴェンのピアノソナタ13番

前回に続き、第3&4楽章。2楽章を合わせて終楽章と考えられるような感じです。忙しい終楽章の最後に前奏曲ともいえる第3楽章が調を変えて登場します。それにしても、どこをとっても難しく、そして面白い曲です。10分近くかかりますが、静かに聴いてくれて嬉しかったです。

どの子も楽しそうに参加してくれたのが嬉しい


子供たちは集まるのが嬉しくて、とにかく楽しそうでした。よく練習してきて、お友だちの演奏は静かに聴くので、どの子もグループレッスンが好きなのだなぁと感じて嬉しかったです。演奏が終わって、音楽ノートを使っての勉強が好きなようです。

レッスンが終わって午後8時の夕食は、たっぷり野菜&焼肉にしました。これだと血糖値は、あまり上がらないので安心して美味しく食べられます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする