及川浩治ピアノ・リサイタル

ベートーヴェン生誕250年・及川浩治デビュー25周年記念

2020年1月26日(日)1:00pm開演
札幌コンサートホールKitara 大ホール

program

〈オール・ベートーヴェン・プログラム〉

ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 Op.13 「悲愴」

第1楽章:グラーヴェ-アレグロ・ディ・モルト・エ・コン・ブリオ
第2楽章:アダージョ・カンタービレ
第3楽章:ロンド、アレグロ

ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」

第1楽章:アダージョ・ソステヌート
第2楽章:アレグレット、トリオ
第3楽章:プレスト・アジタート

ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op.53「ワルトシュタイン」

第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ
第2楽章:序奏、アダージョ・モルト
第3楽章:ロンド、アレグレット・モデラート

intermission

エリーゼのために イ短調Wo0.59

ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2「テンペスト」

第1楽章:ラルゴ-アレグロ
第2楽章:アダージョ
第3楽章:アレグレット

ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 Op.57「熱情」

第1楽章:アレグロ・アッサイ
第2楽章:アンダンテ・コン・モート
第3楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ-プレスト

encore

ショパン:ノクターン第20番「遺作」

リスト/ ブゾーニ編曲:ラ・カンパネラ

**********************************************************************

お天気の良い日曜日の午後1時からのピアノ・リサイタルって、なんだか優雅に気分になります。キタラに到着するとロビーは人で溢れかえっていました。指定席なので慌てずに最後尾に並びます。

今年はベートーヴェン生誕250年ということですが、一番最初に及川浩治さんのオール・ベートーヴェンを聴けるのはラッキーです。それにしても、プログラムの前半にソナタが3つあります。はじめさんに何分くらいかかるの?と聞かれ、60分はかかると思いました。

颯爽とステージに登場した及川さん。「悲愴」からスタートです。重厚な音で第1楽章が終わると、かなりのお客さんから拍手が入りました。及川さんは想定していたかのように客席をチラッとみて軽くお辞儀していました。「悲愴」が終わり、立ち上がって袖に向かいかけて及川さんは「あぁそうだった」と、すぐにピアノに戻り演奏。

続けて演奏されるようです。お客さんも理解して、ここからはスムーズに及川ワールドを堪能しました。「ワルトシュタイン」の第3楽章が実に美しかったです。第1楽章は好きですが、今まで第3楽章にあまり魅力を感じていなかったのに、今日の及川さんの演奏を聴いて素敵だなぁ、早く弾きたい!と思いました。

後半は「エリーゼのために」から。全音のピアノピースだと「ミドシラ」の箇所が、篇レ版では全て「レドシラ」です。だいぶ以前にTV放送されたオピッツ先生のレッスンでもこの版でした。

エキサイティング・ピアノ

さて、「テンペスト」です。緊迫感があって大好きな曲です。ここでも第2楽章が良い効果を発揮してアルペジオが美しい第3楽章へ。

ラストはスタミナ勝負の「熱情」。これまで及川さんの演奏でも何度も聴かせていただいていますが、ますます磨きがかかって圧巻でした!火山が爆発するようなエンディングで、立ち上がってフィニュッシュ。及川さんの気迫漲る全力投球の演奏に会場は興奮の坩堝と化しました。ここまで魅せてくれる演奏家はいないです!!

こんな凄い演奏を立て続けにやってのけて、すぐに会場に登場する及川さん。元気です。タフです。興奮するお客さんを制して「ずっとベートーヴェンばっかり弾いたから違う作曲家を弾きます」と言って笑わせてくれます。

アンコールはショパンのノクターン遺作でしっとりと美しく、「良い演奏会だったねぇ」と終わるのか思いきや、すぐに2曲目のアンコールに登場され、さり気なく「ラ・カンパネラ」と。えーっ!しかも演奏効果が高いブゾーニ版ですから、またまた会場は興奮の坩堝と化したのでした。

心からブラボー!

これだけスタミナの要る演奏会、とてつもない集中力。いやぁ今回も物凄い演奏会でした。真摯にピアノに向き合うピアニスト及川さんの素晴らしい演奏の数々に心からブラボーと言いたいです。ありがとうございました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music | コメントする

久しぶりの札幌オフ&ピアノリサイタル


1月25日(土)

午前中レッスン。午後から札幌へ出掛けますが。ランチは家で。ご飯は少な目だったのとカエル食堂の黒坦々カレーが我が家には、ちょっとしょっぱいので、玉葱一玉を炒めてみようということに。戴いた大豆と一緒に炒めたところ、すっごいボリュームになりました。でも、玉葱作戦は成功で、玉葱の甘さが良い感じになりました。


久しぶりの札幌オフです。ホテルはススキノのど真ん中。札幌もあまり雪はありませんが、ところどころアイスバーンになっているので慎重に歩きました。


我が家のリクエストで午後5時にワインショップ・フジイに集合。ボトル6,000円の高級ワインがグラスで950円くらい。ノンさんと私は460円のギネスビールにしました。ワインに合わせて出されるグラスもお洒落でした。北海道のワインが多く、我が家の好きなタキザワワインも置いていました。

狸小路にある「せいす」というお店は人気店だそうで、なんとか5人で予約ができたとのことでした。ノンさん、ありがとうございました。

お通しでのイクラの一口サイズのおにぎり。お米が美味しいです。日本酒も錫の酒器で美味しくいただきました。

お刺身もグレードが高い!人気店だということが頷けます。若い人が多かったです。

揚げ物も美味しかったですが、若年層ではないので、一口サイズだけいただきました。

おにぎり大好きなので頼んでみました。大きくて食べ応えがありました!とっても美味しいです。1個食べたら大満足でした。

 

お腹がいっぱいになったので、お店を変えてワンドリンク。大きなスピーカーで「レフトアローン」を聴きながら、はじめさんは「ゾンビ」というカクテルを飲んでいました。メニューが豊富にあり、ほとんどが500円くらいなので驚きでした。

 


おつまみもたっぷりです。拘りのマスターのお店、気に入りました。この後はカラオケを楽しみ、明日は午後1時からキタラでコンサートなので、早めにホテルに戻りました。

1月26日(日)


会場に着くとロビーは人・人・人。及川浩治さんのピアノリサイタルでしたが、大人気ですね。ベートーヴェンの5大ソナタは聴きごたえ十分、相変わらず素晴らしいコンサートでしたよ。プログラムノートは後日執筆いたします。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

厳しい寒さを乗り切りましょう

明るいイエローカラーのオンシジュームを飾ると気持ちも晴れやかになります。sousouの明るいイエローのバケットを買いました。何でも入れられるので便利です。欲しかった木目の蓋が売り切れでした。

麻婆豆腐を食べてからビートセイバー


夕食の麻婆豆腐に使うお豆腐は早い時間からザルに移して水切りをしておくと美味しくできます。はじめさんは、お豆腐を燻製にする時は重しを乗せて一日ほど置いて作っているようです。

受験を控えた中3のRちゃんですが、一日いっぱいスキー授業だったようで、クッタクタになって教室にやってきました。今日は寒かったから体温を奪われて疲れたのでしょう。

お弾き初め会以来だったので60分レッスンでしたが、途中でダウンするかと思いきや、だんだんと面白くなって60分しっかりとレッスンを受けてくれました。でも、ピアノの後に塾があるので、ちょっと心配でした。

受験生だからピアノを休むとかではないRちゃん。気分転換にピアノを弾くのだといいます。お弾き初め会では、「やっぱり良い演奏するね」と、はじめさん。

夕食は火鍋の元を使った麻婆豆腐。アツアツのご飯に乗せて食べると激うまです。けっこう汗をかきますが、その後にはじめさんは「ビートセイバー」というゲームのような体操のようなのをやっていました。

また内緒で買ったようです。これは高いのでしょうねー。メガネを装着して音楽に乗って刀みたいので向かってくる三角を退治するのですが、臨場感があります。その後にジェットコースターに乗って?みましたが、なんとか最後まで立っていられました。はじめさんは30秒も持たなかったそうです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする

それぞれの春に向かって

午前中レッスン。お天気が良く、家の中に居るとポカポカでしたが、大人の生徒さんは「天気は良いけれど、ツルツルで滑る!」と、おっしゃっていました。確かに、次の生徒さんはツルツル路面をゆっくり慎重に歩いて来られたようです。

玄関でお帰りになる生徒さん、教室に到着された生徒さん。宅配の荷物が届き、続いて郵便局の人も。郵便局の人は「いやぁ滑って転んだ」と、ぼそっと言うので、余程ツルツル路面で滑る朝なのだなぁと思いました。

春に向かって残り少なくなるレッスン

ほとんどの生徒さんは地元の中学校に入学しますが、中学校から6年間寮生活になる生徒さんもいます。練習があるから、なかなか帰省できなくなるといいます。新しい生活に向けてワクワクする反面、覚悟が必要になりますね。

ピアノ教室から離れて何年も経つ生徒さんが、ピアノがまた弾きたくなったと年賀状に書いてあったりすると嬉しいものです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

ヨーロッパ鉄道の旅に憧れる


20年前に入った保険が満期になり、健康祝い金と満期の手続きをするために午前中のレッスンを終えて、すぐに出掛けた。今年はドイツへ行きたいと思っていたが、ぐっと近づいた感じだ。健康の源である林檎を2袋買って帰宅した。

やっぱりヨーロッパ

海外旅行は、やはりヨーロッパに行きたい。ドイツ鉄道の旅というのをやってみたいです。

かなり昔に「遠くへ行きたい」という番組がありましたが、どこか知らない所へ行ってみたいです。日本ではなく、アメリカでもなく、ヨーロッパへ。

「関口知宏さんのヨーロッパ鉄道の旅」が面白くて、録画して観ています。ヒョウヒョウとした感じで旅しているのが観ていて良い感じです。旅で知り合う人々とのふれあいも良いですね。

いかにもドイツという感じの列車。ピアノもベーゼンドルファーは角ばったフォルムですよね。

秋に行けたら良いなぁ。そのためにも健康でありたいです。ポーランド旅行の時は、年配の方が多かったのでびっくりでした。旅行するという目的が健康でありたいと強く思うからなのですって。人生の張り合いなのでしょうね。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel | コメントする

指を思い通り動かすのは楽しい

黄色い林檎のイメージ

余市産の林檎「陸奥(むつ)」。黄色の林檎はほとんどが柔らかい触感で甘いので、私はあまり得手ではないのだが、必ずはじめさんが選ぶのだ。私はパリっと固くて、やや酸味のある林檎が好きです。林檎が切れたので林檎屋さんに行こう。

ドライフラワーと合わせて生花を飾ります。昨日は大寒でしたが、思ったよりも寒くなく道路の雪も解けていました。今日もお買い物から戻ってくると家の中はポカポカで、しばしストーブを消しました。

ユニゾンで16音符を弾くのは楽しい

指練習のような「ハノン」でも明るい気持ちで弾くと、音が活き活きして楽しいです。無機質な練習は表情も暗くなり辛くなるばかりなので、「ハノン」でさえも楽しく弾いて欲しいです。実際、指を動かすのは楽しいでしょう?


スケールだってアルペジオだって良い音で弾くと気分がいいでしょう。枯れたお花だって、ドライフラワーとなって復活できるのです。

歌うように、語りかけるように、活き活きとピアノを奏でましょう。繊細な音もダイナミックな音も自由に。心地の良い音で演奏しましょう。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 花 flower | コメントする

辛いものと渋い赤ワインが好き

明日、図書館へ10冊本を返却するのだが、今日は椎名誠さんの「とんがらしの誘惑」を読み終えました。友人の沢野ひとし氏の風変わりなイラストが添えられています。短いエッセイ集で読みやすく、北海道の隠れ家が時々顔を出すので面白かったです。

ワインは値段じゃない

椎名誠さんは、余市の隠れ家の前にいつも小樽の「海猫屋」に寄ってカレーを食べていたそうです。あの髭のマスターは増山さんという方だったのですね。椎名さんはマスターに渋い赤ワインを教えてもらって買っていたそうですが、チリ・オーストラリア・ベルギーの1,000円前後のワインで、これが安いのに実に美味しいのですって。

「海猫屋」 残念ながら2016年に閉店してしまったけれど、カレー食べたかったなぁ。長いこと住んでいるのに、2回しか行けなかった。最初に行ったのは2011年。安くてボリュームがあって美味しい、そして雰囲気も良い。本当に良いお店でした。

2回ともデザートと珈琲があるのを忘れてしまうくらい満足度が高かった。(笑)

今日は午後8時までレッスン。最後は忙し過ぎる看護師長さん。娘さんと映画館へ「ボヘミアンラプソディ」を観に行かれたのだとか。そして、娘さんはすっかり「クィーン」にはまって、ピアノ用の楽譜を買ってきたりしているのだそう。

小6でピアノを辞めた娘さんが、映画がきかっけでまたピアノに向かっているのだから良いことではないですか。

最近、納豆入りそうめんをよく食べます。納豆嫌いだったのに、これでもかとネギを入れて、七味とうがらしをガンガンかけて食べています。これは美味しい。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 食事・食べ物 food | コメントする

ピアノの調律師に音色の要求しますか?

羊と鋼の森

ピアノ調律師の物語だからと友人に勧められて読み始めたものの、何故か206頁までしか進まないままだった。本を読むのはわりと早いのだけれど、この本は何度かに分けても全部読まないまま閉じられていた。

昨夜、この映画を観た。206頁までは読んだので大体は分かっていたが、やはりピアノの演奏が聴ける映画の方が、この作品は良いと思った。

ピアノが好きな双子の姉妹が出てくる。双子でも演奏は対照的。でも、いくら双子だからって、ピアノの演奏まで似るということは、むしろないのではないかな。華やかな曲を好む妹、重厚な曲を好む姉。だからといって姉が暗いとは、私は思わないなぁ。

ピアノの調律の後、高音の響きが一部だけ出すぎたりといったことで相談はしたことがあるのだけれど、弾いている曲のイメージに対しての音色を要求したことはない。1曲だけを弾いているわけではないし(このあたりが、どうも違和感)子供の頃からずっと来てもらっている調律師さんなので、なんにも言わなくても伝わっているのだと思う。

家を建てた時は最初にグランドピアノ一台だけで、注文していたC7は後から入ったので、調律師さんは苦労していました。一台だと響いて響いて。やがて物が色々と増えたり、後からC7が入った時は、またガラリと音が変わって。落ち着くまで2年ほどかかりました。

高校生の時から弾いているG5の方は安定していて、新しいC7は手がかかる難しいピアノでした。

映画でのピアノの演奏は辻井伸行さんでした。彼が弾く音は明るくてキラキラしていますね。オリジナル曲は、すぐに久石譲さんだと分かりました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

余市ゆき物語

午前中レッスン。お迎えに来たお父さんを驚かせようと、Kちゃんは練習してきた曲を仕上げて、猛スピードで「うずまきめだまになっちゃった」をアンサンブルして聴いて戴いた。お父さんはビックリしていらっしゃいました。

 

また仕事に忙殺されているはじめさん。土曜日なのに午後4時過ぎまでかかり、NIKKAへお散歩した。試飲は諦めて売店でウイスキーを買った。

竹鶴21など高級なボトルがたくさん並んでいました。

 

今日は午後5時から構内を巡るツアーがあるようで、参加される方々が集まっていました。私たちも一度参加したことがあります。もっと吹雪の日でした。

余市駅前にやってきました。少ない雪を集めて雪だるまなどが作られていました。

先週から駅前で「余市バル」が開催されていると新聞で見たので、ちょっと行ってみましょう。こうしてみると余市駅もなかなか綺麗です。

あれかな。ホットドリンクやおつまみがあるようです。

 

テントの中に招かれたので入ってみました。メニューにはありませんでしたが、用意できるというので、私たちは「ホットワイン」にしました。スパイシーで美味しい~♪ 

家からちょっとお散歩しただけですが、余市ゆき物語を楽しみました。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

説明責任とは、うやむやにすること!?

何も語らずに逃げる

あまりにも酷く呆れることが続くと、またかと思うがすぐに忘れるだろうと彼らは思っているのだろうか。「説明責任」「任命責任」。いつも口先だけだ。甘利という人は睡眠障害とかいって姿を消し、何も説明責任をせずに、頃合いをみて何事もなかったように姿を現した。

今回は河合夫妻だ。いや、この夫妻の他にもそんな人がゴロゴロといるのだが、河合あんりとか言う人は適応障害とかいって雲隠れを続けたが、突然姿を現し、説明責任をするのかと思いきや、「適切な時期に説明する」と、ほとんど何も説明せずに、それでも議員を辞める気はないという事だけは言う。それは何故かと聞くと「日本を変えたいから」

はぁ!?

一般人が同じことをやったら捕まるレベルのことを彼らは何度も何度もやってきた。どんなことをやろうと捕まる人はいない。そして、雲隠れして頃合いをみて姿を現し何もなかったかのように復活する。

昔の政治家は、潔く辞めたのに、今の人たちは恥ずかしいとすら思わなくなってしまった。私たちは「またか」と、こういうった彼らの行為に慣れてはいけないと思う。無関心が、彼らをすっかり腐らせてしまった。

「任命責任は私にあります」

 

 

神妙な顔でカメラの前でお決まりの言葉を言うだけ。何度も何度でも同じことを繰り返し言う。しかし、ただの一度も責任を取ったことがない。一般人は責任=辞めるになるのだが、この国のトップはただ繰り返し言うだけだ。

都合が悪いものは隠す、処分する。嘘を重ねる。

困り果てた官僚たちは改竄という厳密な定義を私は承知してません」などと「定義」を持ち出して改竄と明言を避ける。こちらももはや恥を知らないようだ。

こんなことをもうずーーっとやっている。

ふざさけるな、国民をなめるな

腐った政治に慣れないことです。国会も通さず閣議決定でなんでも押し通すようなことはあってはならないことです。そんな当たり前のことを平気でやってのけるのは国民がなめられているからです。

我が家は北海道新聞を読んでいますが、まともな新聞だと思います。最近は「報道ステーション」から「ニュース23」に移った小川彩佳キャスターの方を録画して観ています。彼女のようにハッキリとものを言う事ができる人を私は尊敬します。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする