斜陽の街から魅力的な街へ変貌した小樽

高校生だった頃の小樽は「斜陽の街」といわれていました。運河を埋め立てするかどうかでもめていました。クラスメイトの多くは埋め立ての反対していて、私にも署名して欲しいと頼まれたことを思い出します。結果的に現在の小樽運河に整備されて全国に知られるようになりました。

ノスタルジックな街

IR小樽駅の4番ホームには、小樽にゆかりのある昭和の大スター石原裕次郎さんの等身大の写真が展示されています。「裕次郎ホーム」といわれているのだとか。

余市からIRで30分の隣町「小樽」には祖父母が住んでいたこともあり、小さい頃から親しみのある街。レトロという言葉がふさわしい街です。

小樽雪あかりの路も今年で22回目なのですね。歴史を感じます。最初は私が撮った写真で途中から動画になっています。

高校生の頃は埋め立てするかどうかで、だいぶもめていましたが、結果的に整備された小樽運河になって良かったと思います。

はじめさんからホワイトデーにプレゼントしてもらったココラビットのお揃いのジャケットを着て母と雪あかりの路にやってきたのは2003年2月16日。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 癒やし healing | コメントする

第22回 小樽雪灯りの路

午前中レッスンの予定がキャンセルになり、午後から出掛けるまで執筆と練習。読書の時間はなかった。珈琲が無くなってきたので、手稲周辺でお買い物をして、その帰りに小樽へ寄る計画を立てた。

マスクで出掛ける

また、はじめさんが何やらカメラを買ったようで、こんな感じに撮れていました。ロイズの珈琲で休憩中。

久しぶりに高速道路を走り、楽譜屋さんへ。思いがけずヘンレ版をたくさん購入した。次は一日遅れのバレンタインデーでロイズへ。世界の洋酒のが欲しいはじめさんというに。ちょうど2個ずつ入っていて、一粒で満足する美味しさです。

小樽バインで夕食

 

雪灯りの路の会場が隣の小樽バインで夕食。予約していませんでしたが、入れました。珍しくワインではなくメルツェンというビールにしました。

車なのでサービスチケットはピザにしました。これがかなり美味しかったです。真剣な眼差しでカットするはじめさん。

バインサラダにザンギ、アスパラとツブのパスタ。どれも美味しかったです。お腹がいっぱいです。

旧手宮線跡会場

 

心配していた雪灯りの路でしたが綺麗でした。ロウソクの灯りでゆらゆらと辺りは幻想的な雰囲気に包まれていました。マスクをしながら歩くので、眼鏡をしているはじめさんは曇って写真が撮れない!と言っていました。マスクをしている人は半分くらいでしたね。

例年よりは人が少ない感じでしたが、元気を出していきましょうという雰囲気が感じられました。

まるでステンドグラスのようです。手の込んだ美しい作品ですね。旧手宮線会場を全部歩きました。美しいスノーキャンドルに癒されました。ボランティアの方々、今年もお疲れ様でした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food, 癒やし healing | コメントする

バレンタイン・グループレッスン

毎日、コロナウイルスのニュースを気にして見ていますが、感染が拡大してきて怖いと思います。オリンピックを延期するでもないって本気なのでしょうか。後手後手対応で心配です…!

学校ではバレンタインが禁止!?

小さい子と大人の生徒さんのグループレッスン2本立てでした。昨年の11月以来だったので、子供たちも楽しみにしていたようです。

今日はバレンタインデーですが、学校ではバレンタインは禁じられているのだとか。えっ?と思いました。シャープペンもダメなんだよと子供たちは言います。そうなんだ。

今日はバレンタインコンサート

まぁ、なんでだろう?と思うことはいっぱいあると思う。でも、教室ではバレンタインデーはありなので、最後に小さい三角の包に入ったチョコレートを昨日のグループの生徒さんたちにも渡しています。ささやかなチョコレートですが喜んでくれて嬉しかったです。

 

大人の生徒さんは2名欠席でしたが、3人で和気あいあいと楽しみました。昨年の11月から再開された生徒さんですが、復習を兼ねてレッスンしています。もともと弾ける生徒さんなのと、大人になって始められて新鮮さもあるのでしょう。メキメキと上達しています。

目標を持って練習しましょう

ジャンケンゲームをしているわけではありません。シューベルトの即興曲の説明をしています。2番→1番→ときたので今月は3番を弾き来月は4番を弾きます。練習では4曲弾いています。楽しいグループレッスンでした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

穏やかな旋律と静かな情熱


久しぶりのグループレッスンでした。今日は気温が9.5℃もあって4月並みでした。かなり雪どけが進んで、一昨日の大雪が嘘のようです。まだ2月なのに激しい変動です。週末には小樽の雪明りの路へ行こうと思っています。

楽譜を細かく分析して

グループレッスンで小品を3曲~5曲弾く生徒さん。調性を考えて、フレージングや強弱などメリハリのある演奏を心掛けてもらっています。よく練習していましたが、細かい点ま気を配らないと合格になりません。(厳しいのです)

連弾。プリモもセコンドも弾けるようにするには、けっこう時間を要します。お弾き初め会に弾いた曲をリベンジしてもらいました。

今日の参加した生徒さんはメリハリのある良い演奏をしてくれました。細かいペダリング、音色も綺麗で、意気込みを感じる演奏でした。最終レッスンまで1回1回、真剣勝負なのでしょう。それがよく伝わってきました。

シューベルトの即興曲Op.90-3を弾きましたが、曲を説明するときに知らず知らず手を使って話してしまいます。白鳥は優雅だけれど、水面下では必死に足をもがいているというようなことを言っています。

祈るような感謝の気持ち

右手は息の長い旋律を優雅に奏でながら伴奏も受け持つのです。1小節に6連符を4回、これを終始弾き続けます。この6連符の織り成す美しい響きはシューベルトならではです。瞑想的で美しい調べなのに、弾き手は水面下の白鳥の気分です。私は作品90の4曲の中で一番難しく感じます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

ポーランド旅行記が紹介されました

昨日は大雪に見舞われましたが、今日は一気に気温が上がって降り積もっていた雪もだいぶ融けました。それにしても、気温が上がること=雪が降らないではないので、油断していたというか(どうすることもできませんが)自然の成り行きには驚かされます。

執筆の仕事も色々あってチャレンジしている日々ですが、昨日はポーランド旅行記が紹介されました。ポーランドは素敵な国で機会があったらまた行きたいです。

旅は食べ歩きも楽しい

ポーランドはカラフルで可愛い街並みが多かったです。全食事付だったので、食べ歩きが出来なかったのが残念でした。入ったお店は自由行動のときに入ったスタバだけです。海外のスタバに入ったのは初めてだったので興味深かったです。

世界遺産に圧倒される

中世の国に迷いこんだようなトルン、街全体が世界遺産に溢れているクラクフ。圧倒的な美しさ豪華さでした。一方で負の遺産アウシュビッツとビルケナウがあります。その存在や歴史を知っていても、実際に訪れてみると重々しい空気に包まれて、人々の絶叫が聴こえてくるようで、とても息苦しくなったものです。

憧れのヨーロッパ

海外旅行が大好きな大人の生徒さんは、やはりヨーロッパの世界遺産がお目当てなのだそうです。そして、ヨーロッパといえばワイン!ポーランドはワインよりもウォッカが有名でした。限りある人生の中でまだ行ったことのないヨーロッパを巡ってみたいです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel | コメントする

降った降った!88cm!

今朝は外へ出て思わず「わっ」と驚きました。今年はずっと雪が少なくて暖冬だったのですが、この1週間で降り積もった量は凄まじく、ちゃんと帳尻が合うように出来ているのだと思いました。雪の要塞のような我が家。途方に暮れるはじめさん。

北海道で一位となる!

だいぶ以前にチロを飼っていたときに、外へ出ようとしても雪で扉が開かなかったことがありました。外は腰よりも雪が降り積もっていて、庭に行くまではじめさんは泣きそうになったといいます。チロは雪の中から飛び出して抱きつきました。そんなことを思い出した今朝の光景。あの時の半分くらいの量でしたから降る時は降るのです。

はじめさんは3時間ほど奮闘。私は1時間くらい手伝いました。汗だくです!

カーポートの中でこんなに積っていました。カーポートの意味あるの!?


除雪機で道を作らないと裏口に行けない…!あの時の大雪の日、チロも雪のなかで不安だったろう。

これから裏口のドアが開くように雪かきします。カーポートの上も凄い雪です!

なんとか裏口が開くようになりました。クタクタです…。ふと、叔母の家はどうなっているのだろうと思って電話すると、朝からシュワルツネッガーみたいな叔父が一人で除雪機で奮闘しているといいます。

 

やっぱり心配なので叔母の家へいってみることにしました。ちょっとお腹が空いたので、車の中でアイスを食べました。(^^;

気温は低くないようで、国道は融けていました。余市のシンボル「シリパ岬」。シュワルツネッガーみたいな叔父は朝からなにも食べずにお昼頃まで奮闘していました。高齢で障害があるので、はじめさんが手伝って何とか中断させました。道路の雪まで除雪していました。

こんな日はオレンジのお花でも飾って明るい気持ちになりましょう。今日はシューベルトの後にベートーヴェンが弾きたくなって久しぶりに「熱情」をゆっくり全楽章通して弾いた。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano | コメントする

ピアノのテクニック

ピアノの基礎練習に「ユニゾン」といって、右手と左手が全く同じ音を弾く練習があります。同じ音だから簡単なように感じますが、実はけっこう難しいのです。右手と左手で共通しているのは3番の中指だけで、それ以外は左右対称になっているからです。

「ユニゾン」の練習でおすすめの楽譜を紹介したいと思います。

ピアノのテクニック(音楽の友社)

教室では子供たちにも大人の生徒さんにも使っている準備運動のような楽譜です。私も子供の頃にレッスンで使っていました。緑色の大きな版の楽譜です。

この楽譜の良い点は、それぞれの課題に3~4通りのリズムが掲載されていることです。多くの生徒さんは、リズムと音が頭の中でよく理解できないうちにすぐに弾いてしまおうとします。それを防ぐために、弾く前に拍子を確認して、4拍子なら4回たたきながらリズムの通りに音名で言えるかを実施しています。

レッスンでは必ず行っていますが、家で一人で練習するときに実施しているかどうかが問題です。10番くらいまで進むと、かなり滑らかにユニゾンが弾けるようになり、中には感動して涙する生徒さんもいます!

ハノン(全音楽譜出版社)

「ハノン」は31番までユニゾンの練習です。これを20番までとか、20番から31番までとか時間のある人は31番まで通して弾くなど有効活用すると効果が出ると思います。

「ハノン」の良いよころは、ユニゾン、スケール、アルペジオ、トリル、オクターブ、重音、トレモロなどの基礎練習がしっかりできること。全部で60番まであります。学生のときはスケール&アルペジオの全調練習は必須でした。

私はハノンを丸ごと一冊、つまり60番まで全部弾くという練習を3カ月間毎日弾き続けたことがあります。慣れてきても90分はかかりましたが、なんとか成し遂げました。しかし、ハノンの練習の他にベートーヴェンのソナタなども弾くので、かなり練習時間を必要とします。慣れてきたら、メニューを組み合わせて抜き出して練習するなどして使うと効果が出る楽譜だと思います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music | コメントする

納豆は何回かき混ぜますか?


休日のネバネバ蕎麦ランチ。はじめさんは、蕎麦の場合は納豆は余計だと言いますが、納豆と麦とろは合うと思います。

それにしても今日も気温が低く、旭川では-36℃だそうです。ニュースでジーンズを凍らしていましたが、叩くと硬そうな音がしていました。寒さは今日がピークのようで我が家も家のボイラーを弱く入れたうえでサブのストーブを付けています。ん、はじめさんは半袖ですね。

 

納豆を出すと、はじめさんは無言で素早く真剣な顔をしてかき混ぜていますが、何回くらいかき混ぜますか?

 

私は納豆をかき混ぜるのに、それほど真剣ではありません。(笑)

10~20回以内でかき混ぜていると思います。20回くらいが一般的?なようで、かき混ぜる回数が多いほど白っぽくなり粘りも強くなります。納豆は、かき混ぜることで旨味が増すということだから好みなのでしょうね。

写真はけっこうかき混ぜた感と付属のたれを使っている感じがします。私は付属のたれが嫌いなので付かないタイプのを買うようにしていますが、大粒の納豆も食べてみたい時もあり、まぁそういう時もタレは使いません。ネギを乗せるのが好きです。ちなみに、ネバネバ洗い落とすのが嫌いですが、お湯だとわりと簡単に落ちるよと、はじめさん。

今日は外に一歩も出ず。読書したりピアノを弾いたり、執筆したりで、レッスン室にいると、はじめさんがビートセーバーをやりに来ました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする

除雪車出動!の朝


異常に雪が少なかった分、今週は一気に来ました!そして、今日はついに除雪機が登場するくらい重たい雪が家の前にドッサリと置いてありました。この量を手で除雪しろと?見てください。道路の半分以上も除雪しています。

此処の住民は20年以上も道路の雪も綺麗に除雪してきたのですが、綺麗な通りなので車もかなり多く通っていきます。しかし、一生懸命に除雪しているのに邪魔!みたいな顔をして通る人のなんと多い事か。そればかりか、綺麗にしても一度も余市町から褒めてもらったこともありませんし、綺麗にした分、雪を置いていく。20年も経てば、此処の住民も高齢の人が多くなっています…。

町はお金をかけて除雪しているのかもしれませんが、除雪した雪はそれぞれの家庭で処理してくださいと置いていく。高齢の家庭は、お金を支払って業者に除雪をお願いしています。こういったこと協働委員会に訴えたかったのですが、条例の見直しばかりです。

ご飯が少なかったので、大玉の玉葱を一玉とタコや大豆などを具沢山にしました。ちょっと塩っ辛いカレーをいっぱい買ってしまいましたが、こうすることでご飯の量を減らせて良いです。

椎名誠さんもお酒が大好きな方なので高血圧だったようですが、玉葱をたくさん食べて劇的に血圧が下がったと書いてありました。それまで降圧剤を飲んでいたけれど、必要なくなったとか。玉葱大作戦ですね。

除雪が終わってシャワーを浴びて、昼食前にお買い物を一通りしてきました。お豆腐屋さん→セコマで牛乳とワイン→林檎屋さん→イオン。

お腹が空いていたので、店内に漂う良い匂いにやられました。いつもは絶対パスする甘いお菓子を買ってしまいました。はじめさんはこの手のお菓子が大好きです。一番小さいサイズですが600円!2回分のおやつです…


外は寒いけれど、キリッと冷えたシャルドネ・レゼルバ。これで飲むと美味しいです。それにしても、セコマのワインは安いのに毎回値引きの品があって驚きます。家の周りに3軒もあるセコマですが、北海道限定なのですね。

 

最近は低脂肪牛乳も2本セットで安く買えるので嬉しいです。車旅でよく行く函館のセコマ(ハセスト)では焼き鳥も焼いて売っています。

 

お豆腐サラダと厚切りハムステーキ。今日も安くて美味しいおうちごはんでした。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 食事・食べ物 food | コメントする

タコの生命力に驚く

夕方から集中してレッスン。忙し過ぎる看護師長さんは休日を利用してのレッスン。休日は死守しないとすぐに呼び出されてしまうようで、今日も危なかったようでした。最後は教室で最年少の生徒さん。将来の夢はピアニストかアイドルだといいます。

ニシンが大特価でした。カズノコ入りも白子も同じ値段。パックに入って50円しないという驚きの価格に目を疑いました。


刺身用のタコも2パック買ってきました。はじめさん、思い切り激辛七味をかけました。お皿にとったところ、気のせいかと思いましたが、なんだか動いているような気がします。よーく見ていると、やっぱり動いていてコワイです。


最初にタコを食べようとした人は勇気があった人だと思います。グロテスクですよね。はじめさんは叔母がまな板の上でタコを切っている場面を見たことがあると言っていましたが、まな板の上でタコが暴れて凄かったらしいです。

まだ生きているので、先ほどのも吸盤がまな板に張り付いて切り難かったようです。すごい生命力ですね。

水族館でタコを見るのは面白いです。海外では「海の悪魔」といわれているようですが、タコって心臓が3つあり、脳みそは9つもあるというのですから驚きです。各足の根本に存在しているので、神経が集まりなのですね。だからスーパーでパックに入っていても、暫くのあいだ動いているようです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food | コメントする