雨上がりの泥んこカヌー / 朱鞠内湖

昨日は雨が降って、カヌーを乗り出す砂地がヌルヌルにぬかっていて滑って大変でした。岸へ戻ってカヌーを上げる時、はじめさんは尻餅をついて、お尻が泥んこ。シャワーでさっぱりしてから夕食と焚き火を楽しみました。

広々とした空間を感じるレイアウト

 

2022年9月24日(土)
同じギアを使っても、その日のサイトによって、かなり雰囲気が変わってくるものだと思いました。

昨日はかなり迷って、結果的にお気に入りの張り方が出来たと喜んでいたはじめさん。夜は真っ暗になるので、電球を点けて点灯予防&目印にしました。

夜は冷えるので「火鍋」に決めていました。ラム肉など生協で食材を買う時に、うっかり豆腐を忘れてしまいました。

〆にカールレイモンの「チェリソー」とテンペをお鍋い投入すると、美味しくてお腹がいっぱいになりました。やっぱり身体が温まってイイです。


この時間のめにキャンプをしているといっても過言ではない。もともとアウトドア大好き人間のはじめさん。

試行錯誤を重ね、いかに快適に過ごせるかを研究しているようです。


カヌーシューズをカラフルなのに替えてから、着脱はラクです。汚れたら洗って、すぐに乾くので便利。

火鍋でお腹がいっぱいになったので、焚き火に近寄って、チビチビとウイスキーを飲むのは最近の我が家のスタイル。

太陽の光が綺麗な朝カヌー


2022年9月25日(日)
目が覚めると6:50でした。晴れていたので、朝食前にカヌーに乗ることに決定!

朝凪・夕凪という言葉があることから、カヌーに乗るには朝と夕方が古風が穏やかだということです。

朱鞠内湖はただ広いだけではなく景観が美しく楽しめます。


「まるで人を招いているかのような切り株が立っていたりして面白いね」と、ご機嫌のはじめさん。


少しだけ紅葉が観られて秋が深まっていることを感じます。


島へ行こうとすると風が出てきて波が立つので、岸からあまり離れないようにああちらへこちらへと漕いでみました。

カヌーで腹ペコの朝食

サイトに戻ってくると、腹ペコでした。

珈琲を淹れて、手作りパンにレタスやカボチャサラダ、生ハムなどを挟んで豪快に食べるはじめさん。

肌寒かったのでカップヌードルで身体が温まりました。といっても、私は麺はほんのちょっと。まるで専門店のようなお味にビックリ!

泥んこ遊びをしたかのようなカヌー


前回は泥んこになりませんでしたが、雨が降るとこんなに泥んこになるのかと驚きました。カヌーシューズなどの泥を落として、カヌーの底に付いた泥を雑巾で綺麗に落としてから畳んで綺麗に収納してラックに積み増した。

撤収に時間がかかるので、キャンプは嫌いでしたが、それも楽しめるようにしたいものです。それにしても、撤収のときに雨が降らなくて良かった。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, キャンプ, カヌー, ピアノ piano, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, お酒 drinking | コメントする

雨上がりの朱鞠内湖でカヌー

昨夜から今日のお昼過ぎまで、ずっと雨でしたが、今日は午後1時過ぎから晴れる!と、はじめさんは自信を持っていいます。それにしても、こんな雨の日は3連休といえでも、キャンプサイトは空いているだろうと思って、お昼過ぎに朱鞠内湖キャンプ場にやって来ると、混んでいました。

ずっと雨だったけれど、夕方からピタリと雨が上がった!


それにしても、道中は車の数がとても少ないのに、幌加内はルオントと朱鞠内湖キャンプ場だけ人が集まっている感じがします。

今日は前回来た時よりもサイトの空きが無く、ようやく1カ所見つけてフリードを停めました。

タープの向きを色々と考えて、なかなか決まらないはじめさんでしたが、最終的には今までも一番の出来だと満足していました。

朱鞠内湖キャンプ場は人気があるキャンプ場なのですね。

カヌーが見えると安心感がある


最近はカヌーに乗る人が少なくなっているように感じますが、ここでは必ずカヌーを何艇か見るので安心感があります。


ちょっと遅めのランチにしてから私たちも漕ぎ出すことにしました。カヌーは出しやすかったですが、ずっと雨が降っていたので、乗り込むときに滑って大変でした。

少し風が出てくると、波が立ってきます。今日は乗れたらラッキーだと思っていたのでキャンプ場サイトの近くをあまり離れないようにしました。

前回のサロマ湖は浅すぎて、新しいパドルをあまり試せなかったですが、今日はストレスなく焦げました。

まっすぐに進むのは意外と難しく、流れを読んで目標地点まで漕ぐ練習をしました。


第2キャンプ場が空いていなかった第3キャンプ場と思っていましたが、かなり通な人が集まってういるように思います。

車の停め方が大胆で、カヌーに乗る人も第3の方が多いです。

夕方から綺麗な青空と夕陽が


雨が上がるだけでも嬉しかったですが、綺麗な青空と夕陽の中を漕げるとは思ってもいませんでした。

雨天でもキャンプを楽しんでいる人が多いようで、第1キャンプ場も混んでいて、貸しボートが3艇出ていました。

今年はカヌーを持ってきて乗れない日がない


天気予報通りにいかないこともしばしばありますが、自信を持って午後1時から晴れる!といっていた通りになりました。明日も楽しめそうです。今年はカヌーに乗る機会が一気に増えてアクティブなキャンプが多い。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, キャンプ, カヌー, 旅行 travel | コメントする

生卵40個当選&野平一郎レクチャーコンサート

家を出る前に荷物が届いたのですが、はじめさん宛に生卵が40個だったので、玄関で驚いていました。そういえば、道新のプレゼント企画に応募したことを思い出しました。それにしても、生卵が40個ってスゴイ量です!

今年は運が良い!

 

 

 

お正月に紋別から特大のボタンエビが2パック届いたときも驚きましたが、タマゴ40個もなかなかインパクトがあります。

なにしろ、はじめさんは「えっ!」なんで生卵が40個も届くの?」と、慌てていました。

 

 

 

 

早速、車旅用に6個茹でました。うーん、黄身が濃い!はじめさんは、家に帰ったら卵賭けご飯を食べるといっていました。

ゴーヤサラダ、サーモンとブロッコリーとしめじの炒め物、生ハム、チーズなどなど食べ物を満載に積んできました。

野平一郎レクチャーコンサート

2022年9月23日(金・祝)14:00開演
札幌コンサートホール kitara 小ホール

●レクチャーテーマ / 3つの鍵盤楽器~バッハはどんな響きを望んだのか?

●J.S.バッハ(1685~1750):ゴルトベルク変奏曲BWV988よりアリア

              平均率クラヴィーア曲集 第1巻より

第1番 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV
第2番 前奏曲とフーガ ハ短調 BWV847
第4番 前奏曲とフーガ 嬰ハ短調 BWV849
第5番 前奏曲とフーガ ニ長調 BWV850
第6番 前奏曲とフーガ ニ短調 BWV851
第7番 前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV852
第8番 前奏曲とフーガ 変ホ / 嬰ニ短調 BWV853
第9番 前奏曲とフーガ ホ長調 BWV854
第10番  前奏曲とフーガ  ホ短調 BWV855
第13番 前奏曲とフーガ 嬰へ長調 BWV858
第16番 前奏曲とフーガ ト短調 BWV861

——————————————————————————————————

野平一郎さんのコンサートは今回が初めてで、とても楽しみにしていました。

チェンバロ、ポジティフオルガン、ピアノで「ゴルトベルク変奏曲」のアリアと「平均率クラヴィーア曲集 第1巻」から11曲を弾き分けるという試みがとても面白かったです。

バッハの時代は、鍵盤楽器といえばチェンバロかオルガンで、バッハが弾いていたのはチェンバロだったそうです。

最初にアリアを3つの楽器で弾き分けられたときに、楽器によって随分とイメージが変わるものだと驚きました

チェンバロの音は硬質で小さく、ポジティフオルガンはフワフワと柔らかい音、そして小さい音も大きい音も自在に奏でられるピアノは、ハッキリ・クッキリとした音楽になります。

程よく調整された調律による鍵盤楽器

「平均率クラヴィーア曲集」は、旧世代の調律法では演奏不可で、程良く調整された調律でなければ演奏出来ない全ての調による史上初の曲集という意味を強調するためにタイトルを付けたそうです。

野平一郎さんのお話が、とても面白くて惹き込まれました。バッハは凝り性で、色々なところに興味深い仕掛けがたくさんあるといいます。

バッハの平均律は全調24全てを用いて作られ、第1巻と第2巻があります。全曲演奏するのは、ベートーヴェンの32のソナタ全曲演奏と同じくらいの重みがあると思います。

もっと時間に余裕があったら、もっと色々なお話を聞けたと思いました。2時間を超えてもまだまだ話したい、そして、もっと演奏したい野平一郎さんの熱い想いに大きな拍手が鳴りやみませんでした。

学生に戻ったかのようなレクチャー


小さい子、学生、専門家などの小ホールが大勢の人が集まりました。小平さんは楽譜を見ながら演奏するタイプのピアニストで、今日は楽譜を持って3台の楽器に移動しながら忙しそうに、そして楽しそうに演奏してくださいました。2時間超えでしたが、まだまだ聴いていたかったです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 旅行 travel, 食事・食べ物 food | コメントする

発表会が終わっても何かと忙しい毎日

2カ月くらい前から咽喉が不調で、かかりつけ医に通ったり、治らなくて小樽の耳鼻咽喉科にも行ったが、あまりにも長引くので小樽市立病院で詳しく検査してもらった。

原因が分からない痛みが続く

最初は風邪だろうと思っていましたが、抗生物質も効かない。発表会前に小樽の耳鼻咽喉科を受診して処方された薬も効かない。

そんな中で発表会があり、ピアノを弾いたり夢中になっていると、喉の痛みを忘れてしまう。しかし、終わってしまうと気になって仕方がなくなる。

詳しい検査の結果も問題なし

予約できないので、朝早くから出掛けたが、紹介状を書いてもらわなかったこともあり、いやぁ待たされる待たされる。

鼻からカメラを入れたりエコーの検査をしてもらったが、問題無しであった。痛みのある部分が少し赤く腫れているくらい。しかし、痛い箇所はハッキリ示せて、声枯れも気になる。

もしかしたら魚の骨が刺さっているのかも

帰宅したのは午後2時過ぎで、どっと疲れました。取り敢えず1カ月、様子をみてみることになり、次回の受診は予約できました。

まぁ何でもないのなら安心しましたが、それでも何が原因で2ヶ月も痛みが続いているのかが分かりません。女性の医師は「もしかしたら、魚の骨が刺さっているのかも」というので噴き出してしましました。

明日はコンサートの後、車旅へ

夕食は上富良野ポークのステーキと発酵キャベツとアイバルソースかけ。メチャクチャ美味しい!飲み物を飲んでも食べ物を食べても咽喉が痛くないのが幸いです。

発表会が終わっても何かと忙しく、あまり休めていないところに、人間ドッグや車旅やコンサートや母の外来や自身の外来や検査があって慌ただしい毎日です。昨日は体験レッスンのお申し込みがあり、来週行うことにしました。

明日は野平一平さんのレクチャーコンサートがあり、その後はカヌーを積んで車旅の予定。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 旅行 travel, ウォーキング Walking | コメントする

結婚30周年 / 楽しみな神戸・南紀白浜旅行

そういえば今年は結婚30周年であり、5年前はポーランドへ旅行したのだが、今は海外はちょっと無理な感じ。本当はドイツへ旅行したかったのですが、11月に「神戸・南紀白浜」旅行の予定を立てました。

旅行の計画を立てるのはワクワクする

はじめさんが東京に住んでいたときは、毎年のように南紀白浜へバイクで遊びに行っていたとよく聞いていました。

私もいつか行ってみたいと思っていましたが、北海道からだとなかなか難しく、そしてドイツ旅行とまでは行かなくても、それなりに日程を確保できなければ無理だといわれていました。

歩き回って土地勘のある神戸

ポーランドは5年前、それより1年前に神戸へ旅行しました。とにかく歩いて歩いて、ヘトヘトになるほど毎日歩き回ったので土地勘があります。

今回はレンタカーを借りて、廻る予定。朝、調べていたホテルがトレーニングから戻ると全部埋まっていたというので、はじめさんは思い切って、飛行機・ホテル・レンタカー・レストランの予約を入れたといいます。

初めての南紀白浜

南紀白浜は凄く良いところで毎年のように行っていたという話を聞くたびに、行ってみたいと思っていました。

アドベンチャーワールドがまだ無かったといいますから、はじめさんが行っていた頃とだいぶ様変わりしているようです。私はパンダが大好きなので楽しみです。

ジプシーのようにホテルを移動して

ポーランド旅行のときはツアーでしたが、ホテルを転々として廻ったのが面白かったです。今回は自由に行きたい所へ行き、食べたいものをたべたいのでフリーツアーにしました。

スケジュールが決まって、夕食の前にフィリピンの英会話の先生に伝えると、彼が行くわけではないけれどワクワクするね!といっていたそうです。

ワクワクが満載のスケジュール

ポーランド旅行の帰りの飛行機で隣になった若い女性は、全て自分で計画を立てて1人で旅行したのだと聞きました。飛行機の中でブログを書くために写真を見ていたら、アウシュヴィッツのが見えたみたいです。

今回は、はじめさんが素晴らしいスケジュールを立ててくれて感動しました。既にキャンセル料が発生するので、無事に行けるように過ごしたいと思います。楽しみだなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking, 旅行 travel | コメントする

本物の国葬の後に日本は国葬ごっこを強行するのか…

昨日はエリザベス女王の国葬をニュースで観ました。まるで映画のシーンかと思うような美しいシーンで感動的でした。多くの国民、世界中からも愛された女王の国葬だから感動するのでしょう。日本の国葬は来週ですが、こちらは多くの国民が反対の声を上げています。

まるで映画を観ているようなエリザベス女王の国葬

先日、留辺蘂の「山の水族館」を観た後に売店に購入した手ぬぐい。2種類あって、こちらは「婚姻色・成就」。ヒグマがそっと見ているのが気に入りました。

それにしても、美しく圧倒的なシーンが多かった。1960年代から時間をかけて練られてきた計画だからなのでしょう。

国民の声は届かないのか

家の中では暑いと思っていたくらいなのに、外へでるとヒンヤリとした空気。グランドは秋の風景になっていました。

岸田首相は「一喜一憂しない。国民の声に耳を傾けていかねばならない」といっていますが、矛盾しています。いつもの「丁寧な説明」と同じスタンスなのだと思います。

一政治家のために何故「国葬」なのか

エリザベス女王の国葬を世界中の人が観ました。そのすぐ後に国民の過半数以上が反対する安倍元首相の国葬を行うのはもう日本の恥で、本当に中止になって欲しいです。

パプリカを焼いた匂いに包まれて

レッドピーマンはパプリカと同じような感じなので気に入っています。上の写真は観光農園で買ったもの。下のはサービス。(スゴイ量!)

シナシナになったものやハネだから喜んでもらえるならと頂いてしまった。一日中、パプリカを焼いたイイ匂いに包まれました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

道東は遠かった / 帰路は高速道路をひたすら走って

昨日は夕方カヌーを漕いだ時はほとんど無風でしたが、夜は一転して強風になり驚きました。しかし、その後はまた穏やかになり、遅くまで焚き火を楽しみました。

強風に負けなかったロゴスのタープ

お隣のテントは夕方から強風になることを知っていたのか、我々がカヌーを漕いでいる間、ペグを打っている音が聞こえてきました。

キムアネップキャンプ場は風が強いことで知られているようです。それと蚊が物凄かった。スプレーや扇風機で撃退しても、タープの中に入ってきて数か所刺されました。薄い素材のものだと肌を覆っていても刺されます。

朝食前に遊歩道を歩いてみることにしました。70mほどあるそうですが、毎日歩いているので楽勝。

赤い絨毯といわれるサンゴ草群生地

あの赤いのは何だろうと思いましたが、アッケシソウというサンゴ草なのだそうです。

赤い絨毯とまではなっていなくて、見頃の時期ではなかったのかも。

たくさん生っていた赤い実はなんという植物なのだろう。

キャンプ場の駐車場へと繋がっていました。

キャンプ場の朝は清々しく、朝食前の良い運動となりました。

昨日よりも更に浅い…

サロマ湖は深いところでは水深20mほどあるそうですが、キムアネップ岬キャンプ場はとても浅くて驚きます。

はじめさんの黒いパドル。カヌーは別の場所でリベンジだな。

広いので目標を決めて漕いでいると、一斉にカモメたちが飛び立った。

何羽か残っていたカモメも仲間に続いていました。ゴメンゴメンm(__)m

カモメたちは、ちょっと離れた場所から怒っているいるように鳴いていました。

あまり汗をかくほど漕げませんでしたが、湧別の「チューリップの湯」へ行ってみました。「つるつる温泉」のような泉質で、サウナ室の横にシャワー室があり、かなり気に入りました。

湧別には義父と3人でチューリップを見に来たことがありました。ホテルに2泊しましたが、帰りは一気に帰ったところ、「遠いねぇ遠いねぇ」と言っていました。

遠軽から高速に乗りましたが、比布まで無料なのはありがたいです。

途中、砂川のサービスエリアに寄って一気に帰宅。午後8時近かったです。

スーパーで普通に売っている鹿肉!

遠軽の生協で買った鹿肉。流石は道東ですね。カットすると凄い量でした。

このプレートを使うと、家の中で焼き肉をしても煙が出ません。

シカ肉は、とっても柔らかくて油もなくヘルシーな感じです。

留辺蘂の道の駅で買ったサラダ玉ねぎがメッチャ美味しくて、もっと買ってくれば良かったなぁ。それにしても道東は2泊で旅行するには遠かった…。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, 旅行 travel, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

サロマ湖でカヌー、そして息を呑む美しい夕陽と想定外の強風に驚く!

前回の朱鞠内湖でパドルが壊れたので新しいパドルに替えました。私のは赤で、はじめさんの黒より少し短いです。夕方になると小雨もすっかりあがって、穏やかな夕凪なときにカヌーで漕ぎ出しました。

まるで海のように広いサロマ湖

9月17日(土)

以前のパドルに比べると、だいぶ軽いように感じました。

赤と黒でかっこいいです。漁船は見かけましたが、カヌーを漕いでいる人は全く見ませんでした。

湖岸には大量の海藻のようなものが打ち上げられていましたが、キャンプ場からサロマ湖へ漕ぎ出すのは、とてもラクチンでした。

だいぶ以前に自転車を借りて漕いだのは、あそこかな?と指を指しています。

天気が悪かったので諦めていましたが、カヌーに乗ることもできて、なんだか夕陽も見られそうな雰囲気になってきました。

それにしても、サロマ湖って下がはっきり見えるほど透明で、そしてキムアネップ岬キャンプ場のあたりだけかもしれませんが、とても浅いのには驚きました。

大量の水草があり、それがパドルに絡み大変でした。湖岸に大量に打ち上げられていたのは、おそらくこの水草なのでしょう。

どこまで浅いのか調べるのが少し怖くて、キャンプ場の傍からあまり離れないところで、漕がずにボーっと湖面の上に居ました。

サロマ湖は大きさでいうと、日本で3位なのだそうですが、だだっ広く浅いので、カヌーには向かない湖だと思いました。調査不足…

美しい夕陽で有名なスポット

キムアネップ岬は、サロマ湖の東南にテラスのように伸びていて、日本屈指の美しい夕陽を見ることができます。

なるほど、キャンプ場にはキャンプする人たちの他に、夕陽を見るために観光バスで来ている人たちや、カップルの姿がありました。

少し雲が多かったにも関わらず、こんなに美しい夕陽を見たのは初めてです。

ベンチシートに二人掛けして、じーっと太陽が沈むのを見ていました。意外と沈むのは早いのです。

太陽が沈んでも空は美しいオレンジ色に染まって綺麗でした。

サロマ湖は海と繋がっているので、塩分を含み身体や髪が少しべた付いてきたので、少し車で走るけれど、温泉に行くことにしました。ちょっと風が出て来た…

強風でタープで崩壊し心が折れる

18km離れた温泉に行ってサイトに戻ると、もの凄い強風と虫だ!と、はじめさん。この時ペンタタープのロープが2本抜けていたといいます。

そういえば、カヌーを漕いでいる時にキャンプ場から、ペグを打っている音が激しく聞こえていましたが、戻ってみると、すぐ傍の人のテントでした。強風になることを予想してかなり強化していたのだと分かりました。

タープを2つ張っていたうちの後ろのペンタタープが強風で崩壊したとき、はじめさんは「これはもう無理だと思う」と、心が折れていました。

前方に張っていたロゴスのは流石にしっかりとしたタープで、それを強化することにしました。テントに比べるとタープは強風の日には向いていませんね。

しかし、風の動きを冷静に見ると、上の方は猛烈なのに、下の方は割り箸でさえ吹き飛ばされません。他の2サイトでは焚き火もしていました。

諦めていた焚き火とサイトで食事をした

風の動きが分かると、やがて風は収まるのではないかと思いました。案の定、30分くらいがピークで、その後は穏やかなサイトに戻りました。強風で虫も居なくなりました。チャンスだと思い、焚き火をしながら「ビストロの達人」で野菜とお肉のグリルを楽しみました。

持っていった薪とまつぼっくりを全部くべました。しかし、風が収まらない時は諦めるのも大事だと思いました。アウトドアを舐めると最悪の場合、命に関わってきます。今回は色々と勉強になりました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, キャンプ, 旅行 travel, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする

山の水族館~サロマ湖でカヌー

昨日は札幌から走り続けて留辺蘂に到着したのは午後10時半頃でした。私は寝不足で眠ってばかりだったので、はじめさんは1人で長距離運転しました。

やっと入った北の大地の水族館「山の水族館」

若い頃は気軽に来れた留辺蘂ですが、最近は長距離を走るのはなかなか大変です。今回こそは絶対に入るぞと決めていた「山の水族館」。8時半に開館するので早起きしました。今日も眠い。

昨夜は遅く到着したにもかかわらず、フリードシアターでワインを飲みながらスタローンの「サマリタン」を観ました。暴力シーンが多いので私はあまり好きではありませんが、76歳のスタローンが演じているのには驚きました。

車旅のときは、普段よりもお腹が空き食欲があります。旅って不思議ですね。

以前はコンビニばかりを利用していましたが、最近は生協ばかり利用しています。手作りギヨーリシャヨーグルトにブルーベリーを20粒

10周年でリニューアルの山の水族館

数年前に来た時も、ここから家へ帰るには相当に時間を要するからと、はじめさんに阻止された。でも、次は絶対に入ろうと心に誓っていました。

2012年に水族館のプロデュースで知られている中村元さんが手掛けられたことを知って、とても興味を持っていました。

淡水魚の水族館であるという点も気になっていました。

生き生きと泳ぐ淡水魚たちが観られて、はじめさんも思わず「おぉっ!」

鮮やかなピンクのラインが入ったニジマス。顔は、かなり獰猛な感じです。

帯広の芽室にある「松久園」で、ニジマスの色々なお料理を食べたことがあります。

ヒメマス。川で生涯を過ごすと、可愛い顔のヒメマスですが、海に出ると皆さんが良く知っている紅鮭になるのです。

それにしても、海へ渡ると別の魚に大変身するのが面白く興味深いです。

豚鼻亀(ぶたばながめ)という名前の通り、お鼻が🐽さんで可愛い。はじめさんに大受けしていました。

幻の魚といわれている「イトウ」。

山の水族館には大物が揃っていて、とても迫力があります。

世界の淡水巨大魚。これも圧巻でした!

温泉水で育つアマゾンの巨大魚たちなのです。

北見は玉ねぎも有名!

道の駅で、玉ねぎが1㎏200円だったので、赤玉ねぎとサラダ玉ねぎを買いました。玉ねぎ好きには嬉しい!

道路沿いには、このような景色がずっと続いていました。

義父と訪れたのは、もう30年前になるだろうか。その頃は、ホタテ焼きは、とても安かったのですが、焼く若い女性が次から次へと真っ黒に焦がしていた台無しにされたホタテが可哀想でした。

ホタテ焼きはだいぶ値上がりしていたので、スーパーで買った4個300円をキャンプ場で食べようと思います。貝柱、ホタテの紐、つぶのスモークなどを買いました。

サロマ湖でヨーラーのベンチシートデビュー

ヨーラーの座り心地が良くて我が家ではお気に入り。ベンチシートが出たとのことで、すぐさま買ったはじめさん。これは荷物が置けて、とても便利。大方は私用です。

今回、訪れたのはキムアネップ岬キャンプ場。サロマ湖に突き出たテラスのようだと、大興奮で説明するはじめさん。

発表会が終わったら、ここでカヌーに乗ってキャンプしようと決めていました。

キャンプ場からカヌーを出せる場所があるか心配でしたが、遊歩道の傍のスロープから、漕ぎ出しやすい場所を発見!雨があがったので、もしかしたら夕陽が見れるかもしれません。気が付いたら、今日もよく歩いた。(つづき)

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, キャンプ, ピアノ piano, ウォーキング Walking | コメントする

毎日ウォーキングで劇的変化の人間ドッグ&秋の車旅

先日の発表会の日の朝は寝坊したのに、人間ドッグを受診するときは何故かまあり眠れません。昨年は寝不足で血圧が異常に高くなり、バリウム検査を受けられませんでした。最初の検査が血圧の測定で緊張しましたが、2回目の計測でだいぶ下がりホッとしました。

人間ドッグのときのランチは中華

会場のホテルから少し歩いた場所に在る「ホテル ノースシティ」でランチにしました。「海老のピリ辛炒め」にはタマゴスープ・ザーサイ・ライスが付きました。ライスは、はじめさんに大方シフトして、ほんの少しのご飯に「あんかけ焼きそば」を乗せてもらったので、けっこうボリュームがありました。+100円で珈琲が飲めたので、食券を使うと支払いは200円。

中島公園ウォーキング

ランチの後、医師との面談まで、1時間半もあるので、中島公園内をウォーキングすることにしました。肌寒くて、ずっと以前に買ったユニクロの「ユーティリティパーカー」を着て丁度良かったです。私は落ち着いたオレンジ。

はじめさんはアウトドアにぴったりなグーリン。なかなか良い色でお気に入りになりそうです。

毎日ウォーキングの成果が出て、お腹周りも体重もだいぶ落ちたそうです。

人間ドッグはA判定が並ぶ!

医師との面談が終わったら、留辺蘂まで走る予定。さて、A1Cや血糖値が即日分かるので、ちょっとドキドキです。ウォーキングの成果が出ていたら良いのですが…。

結果は、前回と比べると見違えるようですとのこと。A1Cは、5.9を維持。可笑しかったのは聴力の検査で、集中しているところに、お腹の音がグーグーと鳴って焦りましたが、A判定でした。

いざ、道東へ!

フリードの上にカヌーを積んだので、ホテルの駐車場に入らず、一日550円の駐車場を見つけてそこに停めました。ここから開場までを行ったり来たりして今日は1万歩も歩いて汗をかきました。温泉で汗を流して、道東方面へ向かいましたが、思っているより遠い!途中、キタキツネや鹿に遭遇。明日もちょっと肌寒い気温だそうですが、活発に行動することでしょう。(笑)

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, 旅行 travel, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food | コメントする