ベートーヴェンの叙情性に感動 / 一音一音を大切に

2カ月おきに内科を受診していますが、今日も異常に混んでいました。それにしても、2カ月経つのが早い。次回はお盆過ぎになり、発表会も目前になるので唖然としています。

爽やかな6月が好き

10時半頃、内科を訪れると混んでいてびっくりしました。やはり、前回の生活習慣調査によるものが大きかったようです。1人1分で60人受診したら1時間も多くなりますからね。

それでも医師は患者さんを待たせることの方が申し訳ないとおっしゃっていました。御年71歳だとお聞きしました。私も見習いたいです。A1cは6.2から6.0に下がっていてホッとしました。

12時過ぎに帰宅して蕎麦ランチのあと運動公園でトレーニング。爽やかな風が心地良い。賑やかな鳥の声を聞きながら楽しいトレーニングでした。

ハマナスの隣に咲いていた黄色い薔薇。昔、我が家の庭に香の良いフリージアという黄色い薔薇を植えていたことを思い出しました。6月は薔薇をはじめ様々な花が一斉に開花して、嬉しい季節です。

珈琲タイムの後、天然ワインセラーのワインを整理したいと、はじめさん。今日はシャトレーゼのワインを赤と白を購入してきましたが、いやぁ軽く100本以上もあるのには驚きました。シャトレーゼのワイン買わなくて良かったんじゃないの…!

ダヴィンチのワイン。これは、いつになったら飲めるのやら。特別な日に飲めるワインがいっぱいあることが分かり、それはそれで良かった。

ベートーヴェンの熱情ソナタの叙情性に感動した

夕食前まで2時間ピアノ。生徒さんと弾く連弾の山の3分の1見てから、熱情ソナタにかかった。第1楽章は最後の方に出てくる203小節からの美しい16分音符の箇所が鳥肌が立つほど好きです。しかし、これを綺麗に奏でるのは難しいなぁ。そして、第2楽章の美しさに感動。続く第3楽章の圧倒的な力強さ。やはり全楽章弾いて完成するソナタなのだと改めて思った。

熱情ソナタは全てのソナタの頂点といっても過言ではないほど素晴らしい作品。一音一音かみしめながら、全ての音を美しく、情熱的に演奏したいと思う。

イオンでは知内産の牡蠣が1㎏でなんと700円。今日も大当たりで、どれもデカイ。レモンバジルオイルと最高に合いました、

神戸の頃末商店で買って来たとっておきの「ラフロイグ」を開けてしまった。庭で飲むラフロイグは最高。今年の秋に行けたらいいなぁ。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ガーデン garden, ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください