ごまかし氷山の一角

午後から少し国会を観たけれど、相変わらずのレベルの低さ・酷さに改めて驚かされます。コロナ渦でお家時間が増え国会を観る機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

嘘に嘘を重ねてきた結果

「桜を見る会」で証拠となる領収書が出て来たとニュースで流れていますが、あれだけ嘘に嘘を重ねてきた人が自らやったと認めるわけがなく、みんな秘書がやったと秘書のせいにするのは明白。

感染拡大が止まらない大変なときに憲法改正の手続きを定めた「国民投票改正法案」を明日強行採決しようとしていたようですが、Twitterでの反対の声が反映したのか明日は採決しなくなったのだとか。それにしても相変わらず火事場泥棒の手口だなと思います。

黒川検事長の定年延長をしようと躍起になっていたことを思い出すし、延長していたなら証拠も出てこなかったのだと思います。

国会軽視しているのに国民の命を守り抜く!?

あれだけ長い年月うそをつき続けて、国会では野党の質問に全く答えようとせず時間稼ぎをし、聞いてもいないことをダラダラ言うということを繰り返してきた。しかし、何が何でも憲法改正だけはやりたい。だから国民投票法改正法案を通したい。

コロナと闘っている国民は無責任な政権が次に何を仕掛けてくるのかいつも注意して見張っていないといけない。コロナだけでも大変なのに…

氷山の一角

「桜を見る会」は氷山の一角にすぎない。全てを有耶無耶にしてごまかし続けてきた。都合の悪いものは全て廃棄して無かったことに。その体質は今も全く変わっていない…。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください