大切に演奏していきたい

心に残る演奏


まだ10月なので、ボイラーを入れずにポータブルや電気ストーブで対処しています。最近、買ったこのストーブが凄く暖かくてイイです。持ち運びもラクラク。朝は16℃だったレッスン室でしたが、ストーブを付けたら22℃まで上がりポカポカです。


シーリングファンの存在を忘れますが、はじめさんが朝練した時に回したようです。

レッスン室は北側にあり、天井が高いので朝は寒いです。音響は下手なステージより良いです。(笑)

生徒さんが「もうストーブが付いている!」と驚いていましたが、手が冷たいと思うように弾けませんからねぇ。受験生ですが、新しい楽譜で新鮮な気持ちになれるのと、勉強の合間に息抜きになって良いそうです。

珈琲タイムの時にクラシック倶楽部を聴いていたら、チェロのミッシャー・マイスキーさんが「常に、これが最後になるかもしれないという気持ちで全てのコンサートを大切に扱っています」と、おっしゃっていました。キタラで聴く機会に恵まれましたが、全身全霊で演奏される方だなぁと思います。バッハの無伴奏チェロ組曲、素晴らしかった。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください