凄すぎるホッケ「バキバキ」の思い出

明日から発表会前のグループレッスン

トマト小を5玉使って水分無し、トマトスープのみのトマト麺ランチ。濃厚です。この作り方を、いつも行く八百屋さんに何度も聞かれて答えるのだけれど、まだ作っていないようで。また、きっと聞かれるなぁ。フライパン一つで作れるので簡単なのですけどね。やっぱり、紙に作り方を書いて持って行かなくちゃならないのかしら。

それにしても、細かい作業が山のようにあり。今日はアナウンサーの原稿を手書きで書いた。

偶然「バキバキ」に出会った

 

昨日、スーパーで小樽産のホッケが特価だったので買ってきたのだが、あまり美味しくなかった..。結構いい値段だったのだけれど。

ホッケというと、子供の頃から食べているお魚だけれど、函館恵山で出逢った「バキバキ」は凄かったなぁ。「バキバキ」が何かすら知らなかったけれど。

ケース買いだと知って驚いた!あの時は、恵山の道の駅の食堂の大将のご厚意で全部捌いてもらったのです。本当に感謝でした。凄過ぎるホッケ=バキバキで、そんじょそこらのホッケとは訳が違うのです。ブランドですからねぇ。

 

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください