ハバネロ&ハバネラ

DSC_5686

昨日ホームから電話があって、母のパーキンソン病の薬がそろそろ無くなるので病院へ行って欲しいとの事。今朝8時過ぎに小樽の病院へ向かった。早く着いたが、すでに混んでいた。地震による影響で待ち時間が長くなると張り紙が貼ってあったが、地震でなくても待たされる事が多い。予約が出来ない…。

今日は「ベルガマスク組曲」を全部弾いてみた。「メヌエット」が好きだけれど、なかなか難しい。4手連弾の「小組曲」にも「メヌエット」がある。優雅な舞曲でこちらも好き。

DSC_5684

練習の合間に「ゴーヤチャンプルー」を作ろうと思った。ふと赤いのが目に入った。これを使ってみるか…!買ってきた時は緑だったが、綺麗な赤になって可愛い。

DSC_5682

夕食タイム。はじめさんが食べると「うわっ辛っ!!」。すぐにハバネロが入っている事に気が付いた。小さいのを使ったのだけれど、頭から汗が出ます。辛いと食が進むので困ります。

ハバネロとハバネラって似ているけれど、ハバネラはリズムです。フラメンコと混ざり合ってアルゼンチに上陸しタンゴのルーツとなったそうです。「ハバネラ」と聞くと、すぐに「カルメン」に結びつきます。

ビゼーの”カルメン”より「ハバネラ」 マリア・カラス

ドビュッシーの「喜びの島」もハバネラのリズムが出てきます。ハバネラのリズムに乗って大海原へと漕ぎ出す様子が見事に描かれています。というナレーションを入れてもらいました。

マルク=アンドレ・アムランの「喜びの島」。テンポが速く、とても軽やかです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください