盛岡冷麺「北緯40度」

だいぶ以前「盛岡冷麺」を通販で購入して食べてみたところ
はじめさんの反応は「ゴムを食べているみたいだ」と酷評だった。
コシが強くツルツルしているところがイイのに、分かっていないなぁと思った。
年末に「仙台牛タンオフ」を行った時に、盛岡にお住まいのにっしーさんから
人気の「ぴょんぴょん舎」の冷麺をお土産に頂いた。
帰宅した翌日に頂いたのだが、「流石に本場の冷麺は違う。美味い!」と言う。
ようやっと分かったのかと思った。本当にこういうところがB型人間はじめさんなのだ。
おっと、世の中のB型の人すべてに当てはまるわけではありませんので悪しからず。

さて、我が家で最近はまっているのが「盛岡冷麺」である。
岩手の味の麺匠 戸田久の「北緯40度」がお気に入りだ。
冷麺の他に「温麺」や「ビビン麺」、「じゃじゃ麺」なども注文してみたが
やはり冷麺が一番美味しい。
冷麺と言えばキムチ。
私たちは辛いのが好みだけれど、少しでも変な甘さが入っていると駄目。
ちょっと酸味があり辛いのが好き。
上野の「キムチ横丁」に行ったことがあり、ここなら美味しいキムチに
出会えるだろうと思ったのだが、意外と好みではなかった。
2種類購入したらサービスも付けてくれて、それが量がありホテルを転々としながら
食べ続けたが、完食できず自宅まで持ち帰りラーメンに入れてなんとか食べきったのだ(^^;

「盛岡冷麺」の本場ではスイカを入れるらしいが、ちょっと意外でびっくり。
我が家ではキムチ、ゆで卵、ゆでモヤシ、辛しネギ、ハム、豆腐などを入れる。
ゆでチンゲンサイも美味しかった。
第2便が今朝届いたので、また週末が楽しみ♪

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください