細幅鍵盤

音楽雑誌「ショパン」を読んでいると、
以前、札幌の先生のお宅にあった「細幅鍵盤」の記事が載っていた。
亡くなった作曲家の中田喜直さんが提唱して作られたという事は有名。
公開レッスンの時に、教室の小学生の生徒さんが
いきなり、その「細幅鍵盤」で受講したのだが、
「普通サイズの幅の鍵盤」との違いにびっくりしたと言う。
私は弾く機会が無かったが、小さい手の私でも10度が必要な
リストの作品などをこのピアノで演奏したら、さぞ感動しただろうなぁと思う。
札幌の先生のお宅には3台グランドピアノが並んでいた。
家を建てる時に参考にさせて頂いたのだが、
スペースを考えると3台は無理だし、お金も無かった。(^^;
それで、「細幅鍵盤」は諦めたのだった。
コーヒーを飲みながら、そんな事を思い出している時、
はじめさんは旅行のスケジュールを必死に立てていた。
山形にお住まいの友人から、たくさん情報を提供して頂いたようで、
なにやら凄いスケジュールを手渡された。
そこには、出発時刻、出発地、到着時刻、到着地、
食事内容、温泉、遊ぶ内容、宿泊先がびっしり書かれていた。
うそ~、これをこなせと言うの!?

PVアクセスランキング にほんブログ村

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください