暗譜が完成ではないのです

表現することの奥深さをレッスンする

午前中レッスン。発表会まで土曜の生徒さんは、個人レッスン1回、グループレッスン1回、リハーサル、本番となりました。5歳を迎える小さい子も流石に残り1回だよというと、疲れたとは言わずに集中して出来ない箇所を練習しようとしていました。暗譜でスラスラ弾けている生徒さんも楽譜を見てゆっくり練習しましょう。表現するということにおいて、これで良しというまでは実はまだまだだったりします。暗譜=完成ではないのですよね。

毎週、使い切れない程のトマトがあるので、今日のランチも市販のソースは使わず、小ぶりなトマトを5玉使いました。材料はトマト小5個、ピーマン2個、ナス1個、エノキ1袋、激辛ナンバン1、エノキ1袋。「トマトとナスのパスタ」というネーミングになるのでしょうかね。飲みものは、アイスティーです。練習がありますからね。

リビングの出窓の木の部分(花の鉢を置いています)がだいぶ傷んでいるので、今日は修復するようです。

私は練習と読書と執筆。ちょっと珈琲ブレイクを入れて休憩しならがら。

暗くなるまでかかり、腰痛持ちのはじめさんには辛い仕事だったようです。

作業が終わってから手羽先揚げもあって大変そうでした。カボチャがビックリするくらい甘くて美味しかったです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください