雪かき後は暫くピアノは弾けない

今週は寒い日が続きそうです。雪国では雪と上手に付き合わなければなりません。雪を巡って隣近所でトラブルを起こさないようにしたいですね。

雪のトラブル

昨年は雪が降るまで道路を駐車場がわりにしているお宅があり、かなり迷惑でした。しかし、近所なので言いにくいので誰も注意できません…。雪の季節になり流石にまずいと思ったのか、ようやく路駐しなくなりましたが、大晦日から三が日迄また路駐が始まってびっくりしました。

大晦日に除雪が入り、路駐していた分かなり雪を残しての除雪となりました。迷惑なのは路駐するお宅の隣の家です。本来なら除雪車が持って行く雪がガッパリ残ってしまいました。除雪する人も大変だったろうと思います。

すでに道路が狭い

元旦の朝。間口いっぱいの雪を片付けるのは重労働なので、ご近所の年配の方々は実費で家の前の除雪をお願いしているようです。お隣とはじめさんが夏と同じだけ除雪しているので、かなり車が通ります。

ピアノの練習を阻むもの

雪かき後は暫くピアノは弾けません。お弾き初め会の日も雪が降りそうです。大雪にならないことを祈ります。

硬いカボチャを切るのも大変です。暫く弾けないですが、絶対に指を怪我しないように気を付けないといけません。かぼちゃを切るのは私はやりません。あと3玉あります….!

雪かき後は水槽を観察していることが多い

雪かきの後はピアノを弾けないので水槽を観察していることが多いです。呼ぶと現れていたプッキーが昨日は全く姿を見せずにいました。まだまだ小さいので必死に隠れているのでしょう。心配しましたが、今朝はちゃんと居るよ!と少しだけ出てきました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 熱帯魚 aquarium パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください