落ち着いた音色

調律の日。ハードな練習が続いているので(音が狂うので)、もう少し後にお願いしたかったのだが、夏休みを使ってお願いした。夏場はリビングに置いてあるアップライトが一番狂いやすく、かなり怪しい音を発していた。私は、ほとんど弾かないのだが、昼食の支度の時に3分程、はじめさんが弾いている。ちなみに、朝は1時間くらいグランドピアノで練習しているようだ。調律の後、階下からピアノの音がした。結構いい音をしていたが、アップライトだったとは。レッスン室のヤマハのC7は、今回もハンマーの消耗が激しく、デコボコ部分を落とす作業をして下さって、ずいぶんと落ち着いた音色になり、弾きやすくなった。もう1台のG5は調律師さんも毎回驚かれるのだ、本当に頑丈で良いピアノ。こんなピアノは滅多にないと絶賛してくれるので、嬉しくなります。

今月も半ば。そろそろ暗譜で演奏しなくてはならない。心配な生徒さんが多いけれど、私も900小節を超える大曲なので必死だ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください