余市ニッカウヰスキー蒸留所見学ツアー / 余市オフ

コロナでなかなか友人とも会うことができませんでしたが、久ぶりに札幌から友人が我が家を訪ねてくれました。

久しぶりの余市オフ

11月27日(土)

ランチは「ゆずチャプチェ」。これを参考にして、最近は春雨を買ってきてオリジナル・チャプチェを作ったりしています。

完全予約制の工場見学

午後3時からニッカウヰスキーの工場見学を予約していました。正門に来たのは2年ぶりでしょうか。今日は雪ではなく雨が降り、傘をさして来ました。

ガイドさんの見学は今回で3回目です。6つのポットスチルと竹鶴正孝が使っていた小さなポットスチルがありました。

石炭直火炊きによる製法は世界でも余市ニッカウヰスキー蒸留所だけなのです。今日のような寒い日には石炭の暖かさが目にも身体にも嬉しいです。札幌の友人も石炭は懐かしいと喜んでいました。

午後3時は最終の見学ツアーでした。1回のツアーは20人くらいでしょうか。皆さん、熱心に見学されていました。

 

今年の11月19日に余市蒸留所の10の建造物が国に重要文化財に指定されました。子供のころはヨーロッパのお城のような工場のすぐそばにあるピアノ教室へ通っていました。時々、先生が窓を開けると工場の敷地が見えて素敵だなと思ったものです。

工場見学では無料試飲が2杯までできました。しかし、ミュージアムの見学は入っていなかったので、この後、急いでミュージアムに向かいました。

Nikkaミュージアム

以前はウイスキー博物館でしたが、ミュージアムとしてリニューアルされました。

 

洗練された明るい空間。

有料試飲も超久しぶりです。このシリーズアはワンショット400円で飲めます。

私は潮の香りとスモーキーな味わいのピーティー&ソルティにしました。

「がんがら」のオープンまで時間があるので、駅前のワインバーに来ました。

ちょっと飲むのにお洒落なワインバーですよね。

2年ぶりの「がんから」

「がんがら」へも、なかなか来れずにいました。札幌の友人もお気に入りのお店です。まずはスパークリングワインでカンパイ。

味噌煮込みや串を色々オーダーして、〆は「梅つそつくね」と決まっています。気になる血糖値は全然上がりませんでした。降った雪が融けて歩き難かったですが、家から往復徒歩で目標も達成できて一石二鳥でした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ウォーキング Walking, 食事・食べ物 food, お酒 drinking パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください