ちょっとだけ努力してみるのが大切

発表会まで10日。最後のグループレッスンです。それにしても、9月とは思えない暑さ。発表会まで厳しい暑さが続くようです。夜は大きなお月様が見えました。

仕上げにむけて一日一日を大切に

プログラム順に練習。最初は開会のご挨拶から。今回はリーダーの登場です。最初は苦手だと言っていましたが、堂々とご挨拶をしてくれました。

楽譜をしっかり見て確認しましょう

あと個人レッスンが1回だけとなりましたので、最終チェックに向けて、しっかりと楽譜を読み、注意点を確認しましょう。左手と右手を合わせたときに綺麗なハーモニーを感じて演奏しましょう。

ブルグミュラーの「牧歌」は8分の6拍子なので、2拍子のリズムに乗って楽しく。そして、アレンジはカッコイイJAZZに変身するので、この違いをお父さん、お母さんに披露するのが楽しみですね。

花束は残念ながら握手なしで

コロナの影響で色々と考えなくてはなりませんが、花束贈呈もお花を受け取った後にうっかり握手はできません。グループの子は花束の係り経験者さんが多く、「わたしのときは、あくしゅした!」と口々に言っていました。

暑いのでスタミナ料理

ハンバーグにナス、カボチャ、パプリカソースの「アイバル」をたっぷりとかけました。

ここのところ練習しなかった生徒さんが、がんばりカードを見ると毎日少しでも練習している様子が見られ、それが演奏に現れています。お母さまから「朝、学校へ行く前に弾くようになり、時間を見つけてピアノに向かっています」とのことで、ビックリしました。ちょっとでも弾くようになると、いつの間にか弾けるようになるので楽しくなりますよね!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 旅行 travel パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください