時間が経つのが早い車旅

連休最終日。更別の道の駅は中札内に比べて空いていますが、朝になると野菜を目当てに訪れる人が多い道の駅です。今回の旅は時間が経つのが物凄く早く感じました。それはきっと我々が行動的だからですね。1時間単位でどんどん過ぎていく感じでした。

車旅でフリードシアター&フリードカフェ

2020年7月26日(日)
連休最終日。昨夜は早くに到着したのでフリードシアターで映画を2本観ました。新作のスパイダーマンはアニメだったのでちょっとガッカリでしたが、アニメーションならではの表現もあるなぁと観ているうちに面白くなりました。奥のスクリーンで観ますが、小さくてもなかなか良いですよ。

朝はフリードカフェでコーヒーとヨーグルト。旅行中はプラスアルファでこの日はゴリラのしっぽのハードパンやカステラ。うらがみミートのサラミなど。ゴリラのしっぽのパンは、ほとんどハードパンです。この切れるナイフでも歯が立たない!?と思うくらい堅いです。歯が欠けないように気を付けて食べました。

更別の野菜市

以前は「長いものモチ」をお目当てに来ていましたが、専門に作るお爺さんが亡くなって買えなくなりました。残念ですが、野菜がとても安いので変わりなくお気に入りのお店です。

道の駅は9時に開きますが、こちらは9時半からです。フリードで本を読んでいると9時20分頃に若いカップルが野菜を持っています。少し早く開店したようです。エコバック3つ持って乗り込み、お店の人に大変ウケていました。

ツカにも行きたいですが12時オープンで10時から待っているのも時間がもったいないので、中札内の道の駅に来ました。中札内の味付き鶏肉を買いに来ましたが、1個しかありませんでした…。

お花がとても綺麗な道の駅

道の駅もお花で溢れていますが、中札内の街も綺麗にお花で飾られて凄いなぁと思いました。一つ一つの寄せ植えにセンスを感じます。この後は昨日入ったモール温泉へ。

またまたインデアン!

温泉を出ると午後1時過ぎです。お腹が空いてきました。ランチはやっぱりインデアン!昨日と同じ音更店で同じように6組待ちでしたが、この日はわりとすぐにボックス席に案内されました。昨日と同じメニューを頼みました。(迷うから!)

はじめさんがオーダーした「海老インデアン大盛」が来ても、ギリギリ迄マスクをしています。

極辛にホットオイルは辛すぎ!


インデアンで我々以外に極辛をオーダーしている人に遭遇したことがありません。昨日はあまり辛くなかったので今日はホットオイルをこれくらかけたところ、かなり強烈に辛かったです。後でマスクを付けたときに唇がヒリヒリしていました。(–;

大盛はご飯が見えません

ふつう盛りでも結構ボリュームのあるインデアンですが、大盛りはご飯が全く見えなくて並々とカレールーがかかってきます。ふつう盛りは福神漬けで隠れた部分までカレーが乗っています。左側はカレールーだけですが、大盛は全体にご飯が盛られるようです。

はじめさんは旅のメインはこのカレーだとセルビアの先生に報告したようです。先生は2時間かけて珈琲を飲みにいくそうですが、我々は数時間かけてインデアンです。

唐突に青い池へ

音更店にお気に入りのワインが置いてるのもポイントが高いです。フィンランドで飲んだドライシェリーにとても近い「シルフィードライ」だけが無かった…。何件も「フクハラ」を回りましたが無かったです。そうこうしているうちに午後3時に。そこから青い池に行きたいという私に、はじめさんは渋い顔。だって白金温泉の場所にありますからねぇ。

午後5時に青い池に到着しました。空いていたので結果オーライでしたね。はじめさん。上流の川の水も青かったですが、流れ着いたこの池はとんでもなく青かったです。

 

こんな感じです。ずっと車に乗っているので、ちょっとお散歩をして身体を動かすとリフレッシュできます。

空いていてる時間帯がおすすめ

写真で撮るとなお青く見えます。おすすめが午後一だそうですが、この時間帯は激混みだったのでは。午後5時過ぎでもこの日は十分に綺麗な青色を見ることができました。人が少ないときと、暗くなくて晴れている日が綺麗に見えるポイントだと思います。このあとにすぐ豪雨でしたのでギリギリセーフでした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: フリード+, 旅行 travel, 食事・食べ物 food, 癒やし healing タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください