雀がクーラーの室外機に巣を

以前は換気口の中に雀に巣を作られかけたことがあり、気づいて網を張って侵入できにようにしていました。今度は2階のクーラーの室外機に巣を作られてしまい、既に雛が居るようです。

巣だったら巣を撤去!

まさかと思いましたが、雀が室外機の中に餌を運んでいるような感じなので、暫く観察してみました。箱のようあ部分から黒っぽい雛が顔を少しだして餌を貰っていました。それにしても、静かに暮らしていたようで、全く気が付きませんでした。

巣はダニの温床

 

こんな所に巣を作ってしまうのですね。中には雛が一羽しかいないのか分かりません。今朝、2階の窓から観察していると、室外機の上に親鳥が居ました。もう一羽は離れた木に居て合図をする係でした。

同じ場所に作っているので室外機は狙われやすいようです。しかし、巣はダニの温床なので雛が巣だったら撤去しないと家の中にダニが入り込んで大変なことになります。

可愛いけれどダニが怖い

レッスンが終わってから、そっと観察すると、やはり親鳥が傍に来ていました。そして、次の瞬間、雛が室外機の外に出てきて姿を現しました。少し小さいですが、まもなく巣立ちなのかと思います。(写真はイメージ)

親鳥が羽ばたくように促しているようでしたが、雛は慌てて室外機の中に入ってしまいました。一羽なのかも知れません。雛だけが暮らしているので静かだったのでしょう。

朝夕はヒンヤリ、日中はかなり暑い!

北海道も日中はかなり気温が高いので、そろそろクーラーを入れたいのですが、気が付かずに付けていたらどうなっていたのか…!

雀は室外機に巣を作りたがるようなので、巻き込まれて死んでいたりするようです。かなり高い場所に作られてしまったのでやっかいです。ダニが身体に付くとまずいので完全防備でいかないと駄目なようです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ガーデン garden タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください