タコの生命力に驚く

夕方から集中してレッスン。忙し過ぎる看護師長さんは休日を利用してのレッスン。休日は死守しないとすぐに呼び出されてしまうようで、今日も危なかったようでした。最後は教室で最年少の生徒さん。将来の夢はピアニストかアイドルだといいます。

ニシンが大特価でした。カズノコ入りも白子も同じ値段。パックに入って50円しないという驚きの価格に目を疑いました。


刺身用のタコも2パック買ってきました。はじめさん、思い切り激辛七味をかけました。お皿にとったところ、気のせいかと思いましたが、なんだか動いているような気がします。よーく見ていると、やっぱり動いていてコワイです。


最初にタコを食べようとした人は勇気があった人だと思います。グロテスクですよね。はじめさんは叔母がまな板の上でタコを切っている場面を見たことがあると言っていましたが、まな板の上でタコが暴れて凄かったらしいです。

まだ生きているので、先ほどのも吸盤がまな板に張り付いて切り難かったようです。すごい生命力ですね。

水族館でタコを見るのは面白いです。海外では「海の悪魔」といわれているようですが、タコって心臓が3つあり、脳みそは9つもあるというのですから驚きです。各足の根本に存在しているので、神経が集まりなのですね。だからスーパーでパックに入っていても、暫くのあいだ動いているようです。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください