信頼関係を築くのは難しいもの

とても疲れ傷ついた…

今朝、憂鬱な気分で病院へ行った。まず血液検査の結果を聞き、検査を受ける受けないは、あくまでも本人の意思だという。しかし、その検査は8月に人間ドックで受けているのだから、同じ検査を私は受ける必要があるのだろうかと思った。患者は素直に医者の言うこと聞くものだと思っているのだろうか?

驚いたのは、「安い健康診断を受けたのだろうから、この項目の検査をしていないのでは?」と言われたことだ。そして、「日本語が通じないと人とは会話が成立しない」と続けざまに暴言を吐くのだ。看護師はうろたえ、診察室は不穏な空気感でいっぱいになった。私はかなり傷ついていた。

今朝は10時半からレッスンが入っていたが、速攻で家へ戻り人間ドッグの結果を医師に見せようと思った。はじめさんのように私は、会ったばかりの医師を全面的に信じることができないし、まだ信頼関係を築けてもいないと思ってる。

病院に戻って、暫く待たされてから診察室に呼ばれると、医師は先ほどとは打って変わって穏やかな表情で優しい笑みをたたえている。きっと看護師に何か言われたのだろう。人間ドックの検査結果を見ると、医師は納得して検査は必要なしになった。

とてもとても疲れた。帰宅して生徒さんのレッスンをして少し落ち着きを取り戻したが、信頼関係を築くのは難しいものだと改めて思った。医師の言葉が蘇り、次に行くのは難しいと思った。はじめさんは優しい先生というイメージがあるようだが、私は前の無口な医師の方がずっと好きだ。暴言を吐くのは言語道断だと思う。

人間ドックにかかっている費用は3万円以上なのに、安いのを受けたんだろうって。言いますかねそんなこと。たまげたわ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください