若手ヴァイオリニストを聴いた

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35


昨日、PMFピクニックコンサートで聴いた若手ヴァイオリニスト郷古 簾(ごうこ すなお)さんの演奏が良かった。最初の方のプログラムにもソロで出演されバッハを演奏されたのだが、ハッとさせられる演奏だった。バッハも良いけれど、イザイの無伴奏も私は好きだ。

「演奏不可能」

夕暮れからチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聴いたが、発表直後は「演奏不可能」と言われた曲だ。ところが3年後にやっと演奏されることとなり、回を重ねるごとに評価が高くなって、ついに「演奏不可能」と言っていたアウアーも演奏するようになったという。それだけ超絶技巧を要する曲だということなのでしょう。

チャイコフスキーの曲では「演奏不可能」と言われたのはピアノ協奏曲のときもそうでした。今やピアノ協奏協王様的な曲で人気がありますが、最初に弾こうとした奏者はスコアを見て度肝を抜かれたのかも知れませんね。

昨日のプログラムでは4人の歌手による独唱も楽しかったです。開演の前にフリードカフェでランチしていたら、歌声が駐車場まで聴こえてきて、物凄い声量だなぁと驚きました。

 

昨日はレッスンが出来なかったので、今日の午前中はレッスンでした。12時半までかかってランチは彩りパスタ。野菜をドッサリ使ったので3人前くらいありましたが、ペロっと食べてしまいました。2人でですよ。

今日は蒸し暑かったです。コニャック「オタール」のボトルに庭のアイビーを飾ったら涼し気で良いなぁと思いました。

コニャックにしては手頃な価格で気に入っています。ワインは1本確実に開けてしまいますが、コニャックはチビチビ飲みますからコスパが良いのです。

どんどん咲いてスゴイボリュームになっている百合。3連休だけれど、相変わらず忙しく午後8時までピアノを弾いたり執筆したり。汗だくでピアノを弾いた…若い人の演奏を聴くと刺激を受けるなぁ。はじめさんは2階に居たけれど、ドアを開けて弾いていたの?と言うくらい音が出ていたといいます。(^^;

遅くなったので、家の中でジンパでした。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 食事・食べ物 food, 癒やし healing パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください