アルペジョーネソナタ

若くして亡くなった歌曲王

 

もう少しでサマースノーも咲き出しそう。たくさん蕾を持っています。

 

淡いパステルカラーが涼しげな感じ。

 

楽譜に書かれている指使いが絶対ではないけれど、まずはその指で弾いてみましょう。弾きにくければ、そこから工夫するのは良いと思います。

「譜読み」は指使いも含めて正しく弾けることだと思います。


本日のロディ。どの色も可愛い。今日はシューベルトについて書いた。改めて31歳という若さでよくあれだけの作品を残したと驚きます。歌曲だけで600曲以上あるそうです。

ピアノとチェロのためのソナタ「アルペジォーネソナタ」が好きです。舘野先生とラウッキオさんのCDを持っていますが、聴くと癒されます。両氏の演奏で生演奏で聴いたこともあります。この作品を書いた時、シューベルトは死と隣り合わせでした…。哀愁に満ちた美しい旋律は一度聴いたら忘れられないほど心に響きます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 音楽 music, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください