いかに楽譜を読めるように指導できるか

 

譜読みが上達のカギを握る

 

午前中レッスン。6月は「譜読み」月間ですが、いかに「譜読み」が出来るかが上達の鍵となるので、早く読めるコツを指導します。音符一つ一つ読むのではなく、まとめて正確に読む模様読みをマスターできるように。

「譜読み」=「弾ける」、「読めない」=「弾けない」なので、譜読みを正確に出来ることが大切です。

はじめさんは庭仕事。おうちランチはパスタ。冷蔵庫にあるもので、ベーコン、ニラ、エリンギ、オリーブ、玉子。

 

まぁカルボナーラですね。オリーブ入りオリーブオイルを使いました。

教室の看板を設置しているところを綺麗に整備している はじめさん。7つ設置したプランターに花を植える作業は明日。夜はガーデンで食事しましたが、寒かったです。ハラモのアジロン2018年を開けました。2017年よりも美味しいと思もったので3本getしました。

 

肉厚なアブラゲを2代目の大将で焼きます。カリッと上手に焼いてくれます。

 

ようやくアウトドアでも活躍のキャプテンスタッグ。最近は「ほうれん草」も週1くらいなら気にせずに食べています。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, ガーデン garden, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください