祝日も楽しくピアノ

春分の日のグループレッスン

午前10時半から6人の生徒さんが参加。まさかのトップバッターは「春の歌」。来月こそは合格に近づくように普段の練習の仕方を見直して欲しい。わずか8小節、伴奏を軽く弾いた演奏に客席から「全然違う」と、みなさんが頷いていました。


忙し過ぎる看護師長さんは、10年かかったけれどテキストを終えて嬉しそうでした。新しく入ったKさんも「カッコイイわ。こんな風に弾けるようになりたい」と、おっしゃっていました。

そのKさんは2回目の参加で発表会で弾くような曲が弾けるようになっています。上手くなりたいという思いや意欲は、もの凄い原動力になるのだなぁと思います。

高校生のIちゃんの演奏を聴くと、勉強の仕方が上手だなぁと思います。6人の参加で演奏&レッスンが1時間かかりました。

演奏の後はウォーミングアップ・コーラスを初見で歌ってみました。3部合唱ですが、綺麗にハモっていました。


和食っぽい食事にもボルドーの白ワインが合います。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 音楽 music, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください