ブラームス6つの小品Op.118

暖房を入れても寒い日!

家の中は断熱性が良いので、それほど暖房を強めなくても暖かいはずなのですが、昨夜から今朝にかけて家の中に居ても寒い。今朝は暖房のメモリを2つも上げてのレッスン。はじめさんは生徒さんが来るので8時からもくもくと雪かきをしていました。

マイナス10℃って、2月に訪れたヘルシンキ並みの寒さですよ。しかも、これが最高温度だとか、もう訳のわからない次元の寒さで参りました。とても小樽の雪灯りの路に出掛ける気力はありませんでした。


昨夜、ふと聴いたブラームスのインテルメッツォ(間奏曲)Op.118-2。久しく弾いていなかったのだけれど、急に弾きたくなった。寒い日は心が温かくなるような曲が弾きたくなる。Op.118は小さな曲が6曲から成ります。

巨匠マレイ・ペライアの演奏。

外で食べるつもりだったけれど断念。スーパーのお寿司と中華で。外は冷凍庫みたいでした。

沖縄フェアで買った「もずく」とワインが美味しかったです。3連休だけど、関係なくレッスンでしたし、もう少し寒さが和らいでから出掛けよう。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 音楽 music, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください