寒い日にはベートーヴェンが効く!

2月は寒さが厳しい

生花の香りが好きで、お花屋さんに行くのが好きです。カーネーションも清々しい香りがします。香りが良いのはフリージア。以前、フリージアという黄色の薔薇が庭にありましたが、とても良い香りでお気に入りでした。残念なことに庭のデザインを変えた時に消滅してしまいました。

やっぱり2月は寒さが一番だと思います。珍しく「底冷えする~」と言う、はじめさん。いつもなら半袖を着て仕事をしていますが、流石に暖かい恰好をしていました。ちょっと寒いなと思った時に便利なのが電気ストーブ。足元を温めるとポカポカになるので、同じのをリビングにも置いています。

寒い日には、バッハやベートーヴェンが弾きたくなります。バッハを弾くと心が穏やかになるのと、厳しい状況の中でも冷静になれるから。ベートーヴェンは弾くとすぐに発熱するので、足元のストーブもすぐにオフにします。

叔母からの差し入れ。古平産の「たらこ」。ふっくらとして、塩味もちょうど良くて絶品!九州の特産品に辛子明太子がありますが、材料は北海道産のスケトウダラの卵を使っていると聞いた事があります。


「みそぎの舞」大吟醸。日本酒はそんなに得手ではない私がこれは美味しいと思うのは華やかな香りだから。また木古内に行きたくなります。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, お酒 drinking, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください