ミラクルなフルーツ「林檎」

林檎を食べて医者いらず


毎日、林檎を食べます。昼食の後に一玉を半分ずつ。余市は林檎の産地なので、格安で手に入るのが嬉しい。

綺麗に洗って、皮を残してカットするのが我が家流。中札内の休暇村で見つけたお気に入りの板。チーズや燻製をカットする時にも使っています。

週に1回ジャムを作ってヨーグルトと一緒に食べます。ブランデーを入れてみたら、とても良い香りのジャムが出来ました。ブランデーの中に林檎を入れてアップルブランデー風を作ってみたこともあります。ブランデーに漬かった林檎が大人なデザートになりました。


林檎の花って、とても可愛らしいです。林檎の木のオーナーになってみたいなぁ。かなり収穫できるようです。

合格ラインを高めて、深く1曲を練習することをレッスンしていますが、だんだん生徒さん自身も欲が出てきて、良い音で良い演奏をするようになるので本人が一番驚いているのかも知れません。小さな積み重ねが自信に繋がっていきますしね。

「目標の曲は?」と聞くと
「すごく手が飛んでむずかしい曲!」
「へぇ、なんという曲?」
「ラ・カンパネラ!」

確かに、思い切り飛びますね。生徒さんが「ラ・カンパネラ」をバリバリ弾けるようになったら嬉しいなぁ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください