Days of Wine and Roses

何故、酒と訳してしまったのだろう?

久しぶりのフランスワイン。お正月にシャブリと一緒に買った。ミディアムボディだけど、フルボディに近い感じの重たさが良い。「アンセデューナ マルスラン」


寒いのでクリームシチューを作り、たまにはパンにしようと思った。胡桃がたっぷりと乗って、メープルシロップがかかっているお菓子のようなパンが、重たいワインに合う。

「やっぱり一番好きなのはワインかな」と、はじめさんがポツリと言う。私たちは趣向が似ている。私も、やっぱりワインが一番好きだと思っている

「それにしても”酒とバラの日々”の酒ってワインでしょう?何故、酒と訳しちゃったのかなぁ。ムードぶち壊しじゃないか」と言う。

何度かブログでも書いているのだが、あの映画は怖かった。ヘンリー・マンシーニの有名な曲から想像できないくらい、重たいアルコール依存症を題材にした作品。


ワインはお洒落に楽しく、ほどほどに飲むのが良い。溺れる程、飲むのでは、せっかく美味しいワインを作った作り手にも失礼だと思う。4月に八ヶ岳に行った後、甲府方面に足を延ばしたいなぁと思っている。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, 音楽 music, 旅行 travel, お酒 drinking パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください