ボウリングブーム再び

ショパンが生徒にレッスンする時は、常にメトロノームを傍に置いて使っていたといいます。その上でルバートするのではないかと思います。ゆっくりと弾く練習の時にメトロノームは欠かせません。ゆっくり一音一音、確かめるように弾くと暗譜の練習にもなります。

自家製チャーシューをトースターで焼くと更に美味しくなりました。

十勝のウィンナーは、しっかりとした歯応えで驚きました。ピリッとブラックペッパーを効かせて。これはリピートしたい美味しさです。

年賀状のコメントで2人がボウリングの事に触れていましたが、ちょっとブームなのですかね。「下町ロケット」でもボウリングのシーンを楽しく観てました。先ほど、お正月番組で入ったのを観ましたが、歌手の桑田佳祐さんは上手いとかのレベルではなく、プロ級の腕前でびっくりしました。

投げた瞬間に大体ストライクだと分かるもの。しかし、テンピンが残る時は悔しかった。

優勝しそうにないチームが優勝したので、新聞社からインタビューを受けたこともあった。なにしろ90チーム以上の参加があった。

あの頃に帰りたい。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ボウリング bowling, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください