スペイン・バスク地方はベレー帽 発祥の地

年が明けて、もう3日目。天気が良くて、雪かきのないお正月。しかし、適度に身体を動かさないと、お正月は太りますね。

お昼は町内の車屋さんで、つきたてのお餅を戴いてきました。ここのお雑煮が好きです。「やっぱり、つきたては美味しいわ」と、はじめさんもご満悦。そうそう、いつものようにサイコロを転がして6が出たので「やった」と思ったら、女の子の足に当たって、6→5→1になってしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン。しかし、係りの人が「6でしたね」と言ってくれてトイレットペーパーを6個袋に入れてくれました。優しいなぁ。

戴いた焼き菓子で珈琲タイム。この後、景品分けにかかります。

この中からピックアップするのは至難の業。

特大のスティッチにミニスティッチを付けたり、ピアノに上に居る5羽のヒヨコはセットにしたり、大盤振る舞い。

選び終わっても、あまり減っていないような気がする。また片付けられる人形たちが、ちょっと可哀想に思った。

景品分けしながら、石原さとみさんのスペイン旅行を少し観てました。スペイン・バスク地方はベレー帽、発祥の地なのですね。まるで色鉛筆のように色の種類があって、迷いに迷っていた彼女。どの色を被っても似合っていて大人買いしていました。私も思わず、あの帽子屋さんに行きたい!と叫んでいました。スペイン・バスク地方は、ラヴェルにも繋がる土地なので、いつか行ってみたいです。

現地では、びっくりするくらい安かった!

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 旅行 travel, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください