イヴの林檎 / カルヴァドス・ポム・ド・イヴ

今日が年内最後のレッスンとなった生徒さん。年が明けて教室で行う「お弾き初め会」の曲が弾けてなくて、本人も苦笑い。発表会と違うのは、「お弾き初め会」まで自分なりに家で頑張ること。特訓する!とは言っていましたが、まず楽譜を見て正確に弾けるようにしましょう。

次のお題は「ブランデー」。写真はワインだけど、ブランデーって葡萄で作られているって案外知らない人が多いのではないかと思うのだけど、どうでしょう?

林檎で作られている「カルヴァドス」。フランスのノルマンディー地方で作られる林檎のブランデーだけが「カルヴァドス」と名乗ることができるのだそう。「コニャック」や「シャンパン」も生産地が大前提となるのですね。

ノルマンデー地方以外の林檎のブランデーは「アップルブランデー」と言わなければいけないのだそう。


瓶の中に林檎が入っている「カルヴァドス・ポム・ド・イヴ」は、その香りを嗅ぐだけでも幸せな気分になれます。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, ワイン wine, お酒 drinking パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください