Maker’s Markの想い出

カラフルなアリストロメイアと白いトルコキキョウ。

午前中お買い物へ行くと、道路の雪が融けてグチャグチャ。これが寒さで固まると大変な事になるなぁと思いながら、慎重に運転する。家の周りのグチャグチャは、道路のも含めて地下水で融かした。

オンシジュームい合わせて、レモンイエローと濃いイエローのロディ。

生徒さんが来る前に練習していると、音が聴こえているのが嬉しいのかニコニコ顔で入ってくる。
「先生は、右利き?左利き?」と聞かれた。
「右効きだけど、どうして?」と言うと
「両方の手がバランス良く弾けているから」と。
「まぁ、それはどうもありがとう!」

メーカーズマークとお揃いの可愛いグラス。グラス付きは得した気分になる。

メーカーズマークを見ると、若い頃、館野先生のホームコンサートの時に持参した時の事を思い出す。もう少し気の利いた物をプレゼントしたかったのだが、いま思い出すと、ちょっと気恥しくなる。

2月の厳寒のフィンランド。ヘルシンキにある先生のお宅を訪ねると、先生がニコニコ顔で迎えてくださり「重たいのに、どうもありがとう」と嬉しそうに受け取ってくださったのが、なんとも嬉しかった。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, 音楽 music, 花 flower パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください