補講レッスンや延長レッスンについて


少し離れて見ると、まるでムーミンに出てくるニョロニョロのようなサンタツリー。2階にあるPCより速いので、最近は階下でデスクワークをしている。持ち運びも軽くて便利だ。


午前と夕方からのレッスン。朝は、うっすらと積っていた雪がすぐに消えた。天気予報では明日から吹雪になるのだとか。まぁ冬なのだし、降るものは仕方がない。大きさもバラバラのそれぞれ品種が異なる林檎。一番大きなハックナインを食べた。

年間44回のレッスンを行っているが、今年もサービスを入れてレッスンしている。レッスンノートに1月~12月と、4月~3月までの回数を記録している。特別なレッスン、例えばコンクールに参加するために、いつもより長い時間レッスンをする場合や、学校での伴奏での指導や、またオーディションを受ける場合もレッスン時間を使っても更にレッスンが必要な場合は延長料金でお願いしている。

以前は、発表会前に出来ていない生徒さんに無料で補講をしていたが、それは生徒さんを甘やかすばかりで、良い結果にならなかった。こちらも自分の練習時間を割いてレッスンしているのに、練習せずに来られると精神衛生上良くないので、そうならないようにレッスンをする事で、しかし、それでも希望されたら有料でレッスンするようにしている。体験レッスンも有料化にする事で改善されたと思う。(体験レッスンの場合は入会されたら事実上は無料となります)

レッスンの決まりにも「延長レッスンを希望される方はお申し出ください」と書いてあるのだが、具体的に15分、30分延長した場合をすぐ示せるように決めておくべきだと思う。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
ブログランキング・にほんブログ村へ<--- Thank you!
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください