心身ともに健全であるために毎日を充実させる

グループレッスンの前に珍しくカツサンドを食べた。生協で買ってみたのだが、とても美味しかった。カツサンドといえば、義父を思い出す。鎌倉方面でカツサンドのあるお店を延々と歩いて、よくやく見つかった時はホッとした。何しろ腹ペコだった。これはカツが柔らかくパンもしっとりとして美味。今日は良いことがありそうな気分だ。

そういえば、今日から師走ですね。買って暫く着ないままにしていたブラウスを着てみた。

 

「子供の領分」より「小さな羊飼い」。短いけれど、哲学的な曲で表現が難しいと思う。繊細な弱音が綺麗に鳴らせるように。ピアノって強い音より弱い音を奏でる方がずっと難しいのです。かのリヒテルの有名な台詞。でも、ベートーヴェンのスカッとしたフォルテも難しいと思う。ピアノは奥が深い。だから面白いのだ。

レッスンが終わって,明るいうちに雪景色のNIKKAの写真を撮りたいと はじめさん。寒いので、私は無料試飲会場で独り呑み。入口で元生徒さんに会った。今月の24日にご結婚されると聞いた。今日は会えて良かったなぁ。なんか良いことがありそうなのは、この事だったのかも。何しろ、彼女は不思議な魅力がいっぱいの生徒さんだった。自作曲を発表会で披露したり、大雪で道が無くなる程の日でも歩いて教室に来たり。Aさん、ご結婚おめでとう!お幸せに。

今、執筆している「ブルーチーズ」。調べると色々な事が分かり勉強になる。スーパーで、どれだけブルーチーズが置いているか見に行くと、生協に結構置いてありました。5,000円以上も買ってしまった。イオンには全然置いてなかった。しかし、「ベルガーダー」というドイツ産のブルーチーズ(税込み300円!)がお目当てだったのでgetできて良かった。

馴染みのある「ゴルゴンゾーラ」にマイルドな「ドルチェ」と刺激が強い「ピカンテ」がある事も記事を書いて知る事となった。

青かびがいっぱいな方が「ピカンテ」。右はクリーミーな「ドルチェ」。どちらも美味しい。通は「ピカンテ」を好むそう。塩味が強いのも「ピカンテ」。

ピアノレッスンにピアノの練習、執筆活動に教室の拡大と。毎日やる事をいっぱいにしているのは、嫌な事を考えないようにするためでもある。毎日を充実させる事の方が遥かに健全であるからだ。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
ブログランキング・にほんブログ村へ<--- Thank you!
カテゴリー: ピアノ piano, 食事・食べ物 food パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください