リベンジは続く、どこまでも

DSC_4580-1 DSC_4699-1 DSC_4724

9月12日(日)
第19回目の教室の発表会「リトルプレイヤーズ」が終了しました。
左の写真は帯広に転勤になったHさんから送られたお花です。舞台のお花を飾って頂いているお花屋さんが、わざわざお店に戻ってお花を飾る台を持ってきて下さいました。本当にありがとうございます。長年スタッフを担当してくれたHさんが抜けた今回の発表会は、はじめさんとYさんに多大な負担をかけてしまいました。加えて前日に会場で行われた演奏会の舞台装置を勝手に壊すなどの行為があって、照明の準備をするのにどれだけ大変だったことか。会館の人は、そういう事はしないで下さいと伝えたとの事ですが、後で使う身になって考えて欲しいと思いました。

長年、ずっと苦しんできた合唱団でのリベンジは、この日をもって果たせたのかなと思いました。3部合唱でしたが、たったの15名でも、これだけの事が出来るのだと。そして、生徒さんたちも立派に演奏してくれて、先生としてはこれ以上の嬉しい事はありません。ただ、私は自身に対して、あまりにもプレッシャーを与え過ぎたのではと反省しています。

背骨を骨折してから母は、この日の打ち上げで飲むビールを心から楽しみにしていました。初めて行った居酒屋「いっ徳」さんは、車の送迎もあってお洒落で素敵なお店でした。写真は、シーザーサラダですが、「よしと言うまでチーズを削ります。ブッラクパッパーもふりかけます」のシーンです。チーズは、あまりにも綺麗に削れて行く瞬間に見とれて、よしと言うのが遅くなりました。ブラックペッパーも大好きですが、腱鞘炎になりそうな手の動きに、早目に「はい、そこまで」と言ってしまいました。個室でメニューも豊富で送迎もあり、これからも行きたい、お気に入りのお店になりました。打ち上げの後、眠っていなかったのもあり、倒れるようにベットで眠りました。しかし、深夜に目覚めると後悔の嵐に襲われました。はじめさんに「反省すべき点は素直に反省して、録画したビデオを全て見るように」と言われ一緒に明け方まで観ました。

失敗を生かせるかどうかは、これからなのだと思います。いつもは、翌日は腕がパンパンに張って痛くて、今日はゆっくり休ませようとなるのですが、今年は違いました。そこが、リストとショパンの違いなのかどうかは分かりません。自分では同じように練習を積んだつもりでしたが、腕は痛くもなく、心が痛いだけでした。(^^; しかし、いつまでも打ちひしがれてはいられません。結局、自分を取り戻すためにはピアノしかありません。次の課題曲はベートーヴェンのピアノソナタ26番「告別」。これを全楽章、譜読みして、バラード4番は、書き込みをしていないスコアを使って復習をしていく事が今の自分を立ち直らせる手段なのだと思います。演奏にこれでよしという事は無く、リベンジは果てしなく続くのだなと思い知る良い機会だったなと思いました。

お読みいただきありがとうございます。応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
カテゴリー: ピアノ piano, コンサート concert, 食事・食べ物 food, 花 flower パーマリンク

2 Responses to リベンジは続く、どこまでも

  1. そのみ のコメント:

    こんばんは、みかこさん。

    今年もお疲れさまでしたm(._.)m

    準備大変でしたね。

    今年の発表会、さやがピアノ始めたので見学も兼ねて伺おうかと思ってたんですが、なにせ旦那が忙しくて・・・
    残念です。

    リベンジもいいですが、少しゆっくり休んで下さいね。

  2. みかこ のコメント:

    そのみさん、お久しぶりです!

    今年は特に大変でしたが、その甲斐があって
    生徒さんたちは随分と上達して頼もしく思いました。

    kazさん、いつまでも忙しいですね。大丈夫ですか?
    はじめさんも発表会が終わってから、仕事に忙殺されています。

    ははは、リベンジが好きなようです。(^^;
    今週末はピアノもお休みかな。どうもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください